光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

趣味

クリスマスのパッチワークキルト【ハンドメイド】思い出の布で手作り

もう世間はクリスマスムードですね。 出かけると、ツリーも見かけるようになりました。 だから、私も玄関をクリスマスの雰囲気にしようと飾り付けをしたくて引っ張り出してきたのは、いくつかのパッチワークキルト クリスマスのパッチワークキルト もう10年…

本好きの悩み【積読】読みたい本が次々に出てくる!読書の時間を作る方法

本好きの悩みのひとつに積ん読があります。 積ん読(つんどく)とは、読みたい本を買って、読めずに積んだままにしておくことです。 どうして積ん読になるの?買いたい本ってどんな本? 今日は、私の積ん読になる理由、本の読み方、そして今とても気になって…

「今日もていねいに。」より松浦弥太郎さんの言葉【暮らし】毎日を大切に過ごすヒント

エッセイで好きな人はいますか?と聞かれたら、松浦弥太郎さん、と答えます。 松浦弥太郎さん 「くらしのきほん」主宰 / エッセイスト 2005年から「暮しの手帖」編集長を9年間務め、2015年7月にウェブメディア「くらしのきほん」を立ち上げる。2017年、(株…

紙もののコラージュにおすすめのスクラップブッキングとは?アルバム代わりにも

紙ものをなかなか捨てれません。 イラストやデザインが気に入った紙を捨てるのに勇気がいる。 置いておいても仕方がないし、捨てようかな・・・と思うのですが、 やっぱり取っておこう、となってしまいます。 理解できる人は、同じ紙もの好きな人でしょう。 …

まだ紙が主流の手帳をもっと活用したい!手帳を使う目的から楽しみ方まで

今でも紙の手帳が主流だそうです。30年近くもいろいろな手帳を使い続けた私が、手帳の選び方、使い方、楽しみ方をお伝えします。手帳選びの参考に、そしてもっと手帳を活用したい方へお話したいこと。

もっと京都を楽しみたい!京都が舞台の本のおすすめ6冊【映画化作品の小説も】

京都が舞台の小説を6冊紹介します。私が実際に読んだ本でおすすめの本ばかりです。若い人にも読みやすい本から、歴史好きな方まで楽しめます。京都が好きな方、京都観光を予定されている方で本が好きな方に読んで欲しいです。

将棋好きならもっと楽しめる本と映画『盤上の向日葵』『聖の青春』感想

将棋は好きですか? 私は将棋には全く詳しくなくて、子どもの時に将棋崩しかはさみ将棋しかしたことがありません。 ですが、そんな将棋がテーマの本を読みました。 ミステリーです。 そして、将棋がテーマの映画も見る機会があったので、将棋が好きな方なら…

今の子どもたちにも見て欲しいアニメ『赤毛のアン』モンゴメリの生き方がお手本

私が子どもの頃に好きだったアニメは『赤毛のアン』です。映画館で見た実写化の作品もとても良かったです。 大人になった今でも、アンと著書のモンゴメリの生き方をお手本にしたいと思っています。

音楽が素晴らしい映画『オーケストラ!』感想【クラシック】秋にもおすすめ

こんにちは。 10月も最後の日となりましたね。 今日も映画の紹介をしたいと思います。 芸術の秋を楽しみたい今の季節にもおすすめの映画です。 10年前の作品になりますが、クラシック音楽が素晴らしい『オーケストラ!』です。 音楽が素晴らしい『オーケスト…

諦めなければ叶う夢『5パーセントの奇跡』を見た感想【実話】あらすじ

こんにちは。 私は家での週末のアイロンがけの時間が映画鑑賞タイムです。 J:COMで録画している映画を見るのですが、 今日は、最近見た映画が良かったので紹介したいと思います。 実話を元にした映画 『5パーセント の奇跡~嘘から始まる素敵な人生~』です…

秋は何かを始めるのにぴったり!趣味を楽しむ暮らしをすすめる理由

こんにちは。 昨日、この新月に新しいことを始めるのにぴったりですよ、 という話をしましたが、 今日は、その 新しいことを始める、どんなことを始めたらいいか? について、もう少し書いてみたいと思います。 新しいことではなくて、今ある趣味に没頭する…

シロさんとケンジが好きな理由『きのう何食べた?』私の癒やしのコミックマンガ

こんにちは。 今日は日曜日。 昨日の夜、家族がテレビ(J:COM)で『きのう何食べた?』の一挙放送をしていたのを見ていて、私もついつい一緒に夜中まで見てしまっていました。 再放送ですが、私はリアルタイムでは見ていませんでした。 でも、話は全部知って…

大切な物はノートとペン【文房具好き】お気に入りのノートに書くことは?

私の日常に欠かせない物を紹介します。それは、ノートとペンです。文房具が大好きですが、小さいときから書くことが大好きでした。今も手書きが好きです。お気に入りのノートに書きやすいペンで書く時間は楽しくて至福の時間です。

チケットのおすすめの収納方法は?スパイラルリングノートですっきり簡単!

こんにちは。 最近、高野山に行ってきた話もしましたが、 皆さんはそんな観光名所やイベントなどのチケットはどうされていますか? そのまますぐに捨てますか? 大事に取っておかれる方はどうやっていますか? 今日はそんな拝観券やチケットの収納方法につい…

本も読んだ『蜜蜂と遠雷』映画の感想は?音楽の感動が味わえる作品

映画『蜜蜂と遠雷』を観てきました。私は、小説の方も読んでいたので、話はわかっていましたが、映画の方も感動しました。2時間たっぷり音楽にひたれます。音楽の楽しさ、素晴らしさを味わうことができる映画です。

時代小説の人気シリーズ『あきない世傳 金と銀(七)碧流篇』感想

こんにちは。 本を読み終えました! 髙田郁さんの人気シリーズ『あきない世傳 金と銀(七)碧流篇』です。 ご存知ですか? 私は髙田郁さんの大ファンで、全作品を読んでいます。 この『あきない世傳(せいでん)金と銀』シリーズも、もう7巻目だなんて早いで…

愛用のトラベラーズノートは生涯のリスト【使い方】私のリフィルとカスタマイズ

私が生涯のリストを書き出すのに使っているトラベラーズノートを紹介します。自由度が高くて人気のトラベラーズノートですが、リフィルが豊富で、自分が使いやすくカスタマイズできるのが魅力です。私は3つのリフィルを使ってリストを作っています。

秋の夜長におすすめのミステリーは北森鴻さんの香菜里屋シリーズ【連作短編集】

秋の夜長にピッタリの本を紹介します。上質なミステリー、北森鴻さんの小説、香菜里屋シリーズです。『花の下にて春死なむ』からはじまり、全部で4作品ある連作短編集です。丁寧に描かれた切なくて深い一つひとつのミステリーに、マスターの工藤が出すビール…

SUNNYを使った感想【活用術】2020年もおすすめの手帳

今年使った手帳はSUNNYでした。1年間使ってみての感想や、中身や使いやすさについて紹介します。SUNNYは何でも書き込めるたっぷりのページ数のノートや、8つのリストのページなどが付いた、たくさん書きたくなる手帳です。この1冊で仕事とプライベートの両方…

『あなたの人生には、いいことしか起こらない』鈴木真奈美さんの新刊【感想】

こんにちは。 今日は、また読んだ本の紹介をさせて下さい。 鈴木真奈美さんの新刊が発売されたので、すぐに購入して読みました。 今回のタイトルは『あなたの人生には、いいことしか起こらない』です。 鈴木真奈美さん、大変人気の方ですので、ご存知の方も…

『鹿の王 水底の橋』の感想【おすすめ本】ファンタジーで医療サスペンス

上橋菜穂子さんの『鹿の王水底の橋』を読みましたので、その内容と感想を紹介します。『水底の橋』は本屋大賞となった『鹿の王』の続編となっていますが、『水底の橋』から読んでも楽しめます。医療サスペンスの要素を含んだファンタジーですが、この1冊に様…

誕生日に読み返す『星の王子さま』『一日一生』【再読】大切な本

私には毎年、誕生日に再読する本が2冊あります。『星の王子さま』と『一日一生』です。どうして、この本を毎年読むのか、この本の内容はどういうものなのか?などお話したいと思います。

名曲で気分を変えてみよう!(初心者にも)クラシック音楽の楽しみ方

ちょっと敬遠しがちなクラシック音楽をもっと聴きやすくしてみませんか?興味を持っている方なら、その時の気分や雰囲気に合わせて、クラシック音楽を選んでみましょう。よく知らない方は自分で選ぶのは難しいと思うので、本を参考に選ばれるのもおすすめで…

馬が出てくる洋画の紹介【映画】実話ありのおすすめ5作品

馬が出てくるおすすめの洋画を紹介します。競走馬に戦地の馬、またはカウボーイたちが愛する馬、どの馬も美しいです。どの話も感動する作品ばかりですが、実話も多いです。試練や苦難を乗り越えて見事に復活する姿や、夢を叶える物語は何度見てもいいですね…

『線は、僕を描く』読んだ感想【水墨画小説】生きる意味を考える

こんにちは。 今日は読んだ本の感想を述べたいと思います。 2周間前にトークライブに行って、購入することになった本 『線は、僕を描く』です。 トークライブについては、以前に紹介しました。 www.mitsu-note.com 水墨画小説『線は、僕を描く』を読んだ感想…

主婦の私もフリーランスになれますか?その答えはこの本の中【感想】

こんにちは。 今日はフリーランスについて、少しお話してみたいと思います。 フリーランスに憧れている人は多いのではないでしょうか? フリーランス=自由に働ける そんなイメージが強くて、まるで好きなことをしながら遊んでいるように働ける。(は、良い…

絵が好きな人におすすめのアート小説『常設展示室』の感想【短編】

こんにちは。 昨日は美術館の紹介でした。 その最後に原田マハさんの本の紹介になりましたが、今日も最近読んだマハさんの本を紹介したいと思います。 今回、紹介するのは『常設展示室』と言う短編集です。 美術館の雰囲気が漂うタイトルでしょ。 では、紹介…

読書と音楽を語るトークライブを観覧!水墨画の実演も見れた体験

作家の砥上裕將さんとBIGMAMAの金井政人さんが読書と音楽について語るトークイベントを観覧してきました。お二人の大事にされている気持ちや、本への思いも聞けて、楽しくも貴重な時間を過ごせました。それに水墨画の実演まで見れて、私は本『線は、僕を描く…

アニメやコミックへの思いもよくわかる『書店ガール6』を読んだ感想

2019-8-7 こんにちは。 今日は読んだ本の紹介です。 ブログでも何度も紹介しています『書店ガール』ですが、6巻目を読みました。 その内容と感想を紹介したいと思います。 『書店ガール6』を読んで あらすじ 感想(ネタバレ少しあり) まとめ 『書店ガール6…

映画化決定 !『蜜蜂と遠雷』音楽好きな人におすすめの小説【感想】

こんにちは。 今日は本の紹介です。 3年前に発行されて、直木賞と本屋大賞のW受賞をされた 恩田陸さんの『蜜蜂と遠雷』です。 目次 『蜜蜂と遠雷』の紹介 あらすじ タイトルの「蜜蜂と遠雷」の意味 『蜜蜂と遠雷』を読んだ感想 映画『蜜蜂と遠雷』 音楽が好…