光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

簡単と思ったら難しかったスクラッチアート「猫と花と可愛いもの」

娘からもらった2冊のスクラッチアート。
その中のひとつ「猫と花と可愛いもの」で、はじめて選んだのは難しくて時間もかかった1枚でした。

www.mitsu-note.com

だから、今度は簡単なものを、と選んでみたのですが、これがまた違う意味で難しかったです。

丸くなって寝ている猫ちゃんのまわりを、とり囲む花たちのスクラッチアートです。
時間的には今までで1番短かったのですが、削り方にコツがいる1枚でした。

考えながら削らないといけなかったんだよね。

簡単と思ったら難しかったスクラッチアート「猫と花と可愛いもの」

f:id:mitsu5858:20201008234609j:plain

「猫と花と可愛いもの」より選んだ黒い台紙の1枚。
横に見本がありますね。

今度は線の上をなぞっていけばいいだけ。
それはこっちで経験済みだから大丈夫~♪

www.mitsu-note.com

などと思っていました。 が・・・

f:id:mitsu5858:20201008234622j:plain

このあたりは順調です。

で、削るスクラッチペンなのですが、「猫と花と可愛いもの」に付いていたペンより、「ねことかがやきの花園」に付いていたペンの方が使いやすい部分が多かったです。

このまま線の上を削っていくだけなら簡単なのですが、見本を見るとお花を広く削っています。

f:id:mitsu5858:20201008234450j:plain

ここがどの部分をどう削るのかを自分で決めるみたいなんです。

広く削らず、ただ線の上だけを削ってもいいけど、せっかくだからきれいな色を出したいよね。

だから、はじめは全部削ってしまって、のっぺらぼうみたいな花になってしまいました。(上の方)

これは、微妙に黒い部分を残して削らないとダメなんだね。

と気づき、削ってみたのが左側。

f:id:mitsu5858:20201014231831j:plain

見本を見ながら、同じように削っているつもりが上手くいかない。
ここは「猫と花と可愛いもの」の2WAY仕様のペンを使いこなして、ていねいに削った方がよさそうです。

それがなかなか難しいんだよね。

猫の部分はなぞって削るだけ

f:id:mitsu5858:20201014231841j:plain

猫の部分も削っていきます。
ここは削るだけだから簡単でした。
線の上をだいたいのところを削っていくだけです。

f:id:mitsu5858:20201014231612j:plain

こんな感じです。

f:id:mitsu5858:20201014231641j:plain

猫の部分ができあがりました。

お花の広い部分を削るのはやっぱり難しい。

完成したけど、もう少し削ってみる?

『猫と花と可愛いもの』のスクラッチアート

見本通りに完成!
ですが、猫ちゃんの体をもっとしましま模様にしてみようかな。

『猫と花と可愛いもの』のスクラッチアート

と削ってみました。
ここはお好みで、好きな猫柄にしてもいいかもしれませんね。
薄いグレーの線はあるので、そこを生かしながら、とか。

まとめ

『猫と花と可愛いもの』のスクラッチアート

「猫と花と可愛いもの」の1枚を削ってみたら、自分で削り具合を調節しないといけないデザインだったので、予想以上に難しかったです。

私は、何日かで少しずつ削りましたが、全部でかかった時間は3、4時間ぐらいかと思います。
3枚目のスクラッチアートでしたが、完成までの時間は1番短かったです。

スクラッチアートと言っても、市販のものでもいろいろな削り方があるんだなーと知りました。
楽しいので、また違うのも削りたいです。
でも、他のはまた時間がかかりそう~。
まぁ、慌てずゆっくりやります。

では、また。(^^)/~~~

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング