光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

『下鴨アンティーク』を読んだ感想!京都が舞台の謎解きファンタジー

白川紺子さんの『下鴨アンティーク』にハマりました。
『下鴨アンティーク』は、京都が舞台のファンタジーミステリーです。
ミステリー要素よりファンタジーが強いですね。
タイトルには謎解きファンタジーってつけてみました。^^

『下鴨アンティーク』を知ったのは、木瓜さんが紹介されていた記事でした。

boke-pon.hatenablog.com

京都が舞台と聞いては読まずにはいられません。
今までまったく知らなかった本でした。
私の「京都をもっと楽しめるオススメ本」の中に、入れさせていただきます。

www.mitsu-note.com

木瓜さん、ありがとうございます!

『下鴨アンティーク』は、全部で8巻まであるシリーズ小説です。
8巻はスピンオフの番外編のようです。
私は2巻まで読みました。
ここまで読んだ感想と合わせて、『下鴨アンティーク』を紹介します。

『下鴨アンティーク』は京都が舞台のシリーズ小説

『下鴨アンティーク』を読んだ感想!京都が舞台の謎解きファンタジー

『下鴨アンティーク』、2015年から2018年まで集英社のオレンジ文庫より発行されたシリーズ小説です。
ライトレーベルだから、若い子向けかなと思っていたのですが、今は青い鳥文庫でもライトノベルでも大人が十分に読める小説も多いです。

着物に込められた“想い”に寄り添う、アンティーク・ミステリーとなっています。
著者は白川紺子さん。
私、はじめて読ませていただきました。

『下鴨アンティーク』シリーズで読む順番

全部で8巻まであるシリーズ小説です。
読む順番は以下のようになっています。

  1. アリスと紫式部
  2. 回転木馬とレモンパイ
  3. 祖母の恋文
  4. 神無月のマイ・フェア・レディ
  5. 雪花の約束
  6. 暁の恋
  7. 白鳥と紫式部
  8. アリスの宝箱

最後の8巻目の『アリスの宝箱」は番外編となっているようです。

『下鴨アンティーク』の内容

京都の下鴨で暮らす高校生の野々宮鹿乃(ののみやかの)。
年のはなれた一人の兄、良鷹(よしたか)と、良鷹の友人である八島慧(やしまけい)と3人で赤レンガの洋館に住んでいます。

早くに両親をなくした鹿乃と良鷹は祖母と暮らしていましたが、その祖母も亡くなって3人で住むことになりました。
その背景ははじめは説明されていなくて、少しずつ明かされていくようです。

祖母の野々宮芙二子(ふじこ)は蔵に着物をたくさん持っていましたが、その着物がふつうの着物たちではありませんでした。
不思議なできごとが起こり、鹿乃たちの謎解きがはじまります。

お話は連作の短編集で読みやすいです。

ちょっと若い子向けのファンタジー要素が強いように感じましたが、その中には源氏物語やクラシック音楽なども出てきます。
そういうむずかしいことに詳しい良鷹に慧が、すらすらと話すのを読んで、私もちょっと知的になった気になります。
本から学んだことは、あとで読書ノートに書きます。( ..)φメモメモ

www.mitsu-note.com

でも、『下鴨アンティーク』では会話が京都弁(関西弁)。
私は大阪に住んでいるので、その会話がとても気持ちよくて、そばで聞いているような心地よさでした。

『下鴨アンティーク』を読んだ感想

f:id:mitsu5858:20210318110728j:plain

私は2巻まで読みました。
1巻「アリスと紫式部」
2巻「回転木馬とレモンパイ」

1巻では3つのお話、2巻では4つのお話が入っていました。
それぞれ違う不思議な謎解きのお話ですが、そこには少し悲しい人生があったり、複雑な思いがあったり、懐かしい思い出があったりします。

3人で住むことになった背景も少しずつ、明かされていきます。
でも、まだまだわからない部分も多いです。

だから、8巻まで読むのがとても楽しみです。
ぜんぶ読み終えたら、私の「オススメシリーズ本の紹介」に殿堂入りとなるでしょう。(*'▽')

www.mitsu-note.com

『下鴨アンティーク』を読みながら京都を思い出す

f:id:mitsu5858:20210318110207j:plain

私は京都が好きで、年に何回かは日帰りで行っていました。
下鴨あたりも何度も行っています。
上の写真は数年前に訪れた下鴨神社です。

鹿乃たちが住む洋館は赤レンガ。
たしかに下鴨あたりもそんな建物が多いです。
こんな感じかなーと思いながら、読んでいて楽しいです。

鹿乃のように、自分で着物を楽しめたらどんなにステキだろうと思います。
帯に帯締め、小物に髪飾り、選ぶだけでワクワクしてきそうですね。

最近は、着物のレンタル屋さんも多いので、借りて歩く方も多いです。
私の娘も友達と着物を借りて着て、京都を散策したことがあります。

『下鴨アンティーク』は謎解きファンタジー

ファンタジーミステリーとなっていますが、殺人事件が起こるミステリーではありません。
謎解きです。

不思議なお話が好きな方ならハマるでしょう。
京都が好きな方なら、もっと楽しいでしょう。
着物が好きな方なら、もっと着物を着たくなるでしょう。
京都に行かれたことがない方でも、関西弁が嫌でなければ読めると思います。^^

木瓜さんは、白川紺子さんの文が好きって書かれています。
他の小説は何弁で書かれているのかなー。(・・?
『下鴨アンティーク』を読み終えたら、ほかの作品も読んでみたいです。

最後に

『下鴨アンティーク』を紹介しました。
シリーズ本って続きが気になって、まだ発売していないと待ち遠しくてたまりませんが、『下鴨アンティーク』はもう完結されています。
全部で8巻あります。

私はゆっくり楽しみたいと思います。