光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

髙田郁さんのおすすめの本は?全作品を読んだのでまとめてみた

好きな作家さんの1人に、女性の髙田郁(たかだかおる)さんがいます。
もともとは漫画の原作者だった髙田郁さんが、初めての小説を出されたのは2008年。
私が髙田郁さんの小説を読むきっかけになったのは、もう10年も前になります。
おすすめの本として紹介されていたのが髙田郁さんの『銀二貫』でした。
感動して、この作家さんの作品はぜんぶ読みたい、と思ったんです。
幸い、まだデビューされたばかりでしたので、すでに出版されていた本もすぐに読めましたし、それからは発売される度に購入して読んでいます。

実は、トークショーにも出席したことがあり、髙田郁さんのお話を目の前で聞いたことがあります。
小説の雰囲気とはまったく違って、明るい関西のobachan(私もだけど、ごめんなさい。)って感じでした。(^^)
着物を着ているイメージだけど、洋服でしたし。
それで、また好きになりました。

ブログでも何度か、読んだ感想と合わせて紹介させていただいています。

今日は、私が勝手に髙田郁さんの本をまとめてみました!
時代小説で、女性が主人公の話が多いです。

読みやすくて、読み終えたときには、感動したり、あたたかい気持ちになれる本です。

髙田郁さんのおすすめの本は?全作品を読んだのでまとめてみた

髙田郁さんの本を全部読んでる私がおすすめと感想をまとめてみた!

先ほども紹介しましたが、髙田郁さんははじめは漫画の原作を書かれていました。
その時のペンネームは川富士立夏(かわふじりっか)さんと言います。
40代なかばに、時代小説家へと転身されたのです。
(1959年生まれです。)
紹介するのは長編が4冊、シリーズ物の長編が2作品、短編集1冊、エッセイ1冊です!

読みやすいの長編の時代小説

まず、1冊で完結する長編小説です。

『銀二貫』

私が、髙田郁さんの本で初めて読んで感動した『銀二貫』。
大坂天満の寒天問屋の主人に銀二貫と引き換えに命を救われた武士の子が、商人として成長する姿を描いた人情劇。

NHKでテレビドラマとして放送もされました.。

『あい 永遠に在り』

そして『あい 永遠に在り』
医師である夫を支え続ける、実際にいた女性の話、実話をもとに描かれた小説です。
夫婦で試練を乗り越えていく話は、髙田郁さんの本の中では珍しいです。

『銀二貫』と合わせて、過去に紹介しています。

www.mitsu-note.com

『出世花』

f:id:mitsu5858:20200130114308j:image

2008年のデビュー作の『出世花』
『出世花』は湯灌の仕事をする女性の話です。
湯灌とは、お葬式の前に亡くなった方の体を入浴させて、洗浄することです。
実際に湯灌を行っているところを見られたことがある方は少ないかもしれませんね。
「亡くなった人の無念に寄り添い、遺族の悲しみに寄り添いたい」主人公の気持ちが、心にしみます。
ちょっと、しんみりと寂しそうな話ですが、静かに心打たれる内容となっています。

『蓮花の契り』

『出世花』の続編が『蓮花の契り』です。
『出世花』を読まれたら、『蓮花の契り』も必ず読みたくなるでしょう。

人気シリーズ長編時代小説

そして、シリーズ小説です。

『みをつくし料理帖』

まずは、『みをつくし料理帖』10巻と、その後に発売された特別巻があります。
髙田郁さんの本で1番有名で人気かもしれません。
テレビドラマでも、放送されていました。
※昭和に話題となった『澪つくし』とは別のお話です。 

火事で両親を失った少女が料理屋で働きながら、強く成長していく姿を描いています。
同じように両親と生き別れてしまった幼馴染を、意外な場所で見つけて助け出そうとして、何年もの月日が流れます。
恋の悩みも出てきます。 

美味しそうなお料理も出てきて、作り方も紹介されたりしているので、料理好きな方にも楽しめると思います。
オリジナルのこだわったお料理は、実際に髙田郁さんが一つひとつ作ってみられたそうです。
そんなお料理を紹介している『みをつくし献立帖』も発売されています。

 

『みをつくし料理帖』は、過去にも紹介しています。 

www.mitsu-note.com

 

『あきない世傳 金と銀』

あきない世傳

そして、現在も話が続行中の『あきない世傳 金と銀』シリーズです。
『あきない世傳 金と銀』は、呉服商を営む女性が主人公の話です。
はじまりは、主人公はまだ小さい少女です。
苦労を乗り越えてたくましくも成長していく姿が、生き生きと描かれています
現在、7巻8巻まで発売されています。 

最新刊の9巻目の感想はこちら。

www.mitsu-note.com

髙田郁さんの短編集とエッセイ

短編集『ふるさと銀河線』

女性コミックで連載された短編連作『軌道春秋』の原作が入っている短編集です。
髙田郁さんの、思い入れの深い作品のようです。

生きにくい時代です。辛いこと悲しいことが多く、幸福は遠すぎて、明日に希望を見出すことも難しいかも知れない。それでも、遠い遠い先にある幸福を信じていたいーそんな想いを、本編の登場人物たちに託しました。
あとがきより

1話ずつ、じっくり読まれるのもいいですね。
全部で9つのお話が入っています。

『晴れときどき涙雨 髙田郁のできるまで』

髙田郁さんのファンなら、読みたくなるエッセイ。
小説が生まれてくる背景や人柄を知ることができる貴重な1冊です。

まとめ

f:id:mitsu5858:20200131113636j:image

髙田郁さんの本を紹介しました。
言ってしまえば、全部がおすすめです!
『銀二貫』以外の長編は、女性が主人公ですね。
少女から大人の女性へと成長した姿が描かれた作品が多いです。

時代小説ですが、読みやすいですよ。
私は女性なので、より共感しながら読んでいるところもあるかも知れませんが、男性のファンも多いです。 

そして、どの本も1冊1冊にぬくもりが感じられます。
気になったら、読んでみてくださいね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング