光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

捨て猫を見つけたら助けたい!保護する方法【体験談】子猫の飼い方

こんにちは。

 

先日、我が家で購読している新聞の記事で特集されていたのが こちら

ペットとどう出会う?

 

そして、テレビでも山口県の民宿を営むご家族の小学生の女の子が、保護猫シェルターの館長を務めていて、それはそれは立派な事をされているのも見ました。

 

捨て猫たちを助けたい

そうは思っていても、なかなかここまで実行できることではありません。

本当に、その旅館の手島さんご家族は素晴らしいです。

 

HPはこちらです。

毎日曜日に譲渡会もされていますよ。

neko-niwa.com

 

私たち家族も、猫が大好き(犬も好き)ですが、できることは限られています。

 

今日は、もし捨て猫を見つけたらどうするか、について私が調べたことを体験談と混じえて紹介したいと思います。

 

目次

 

もし、捨て猫(子猫)を見つけたら

もし捨て猫、子猫を見つけたら

チェックすること

  • 近くに母猫がいないか
  • 体調はどうか。傷があるか、ないか。

首輪がついていたら、飼い猫の可能性が高いです。

また、生まれて間もない子猫の場合は、近くに母猫がいる可能性もあるので、数時間から1日程度は様子を見たほうがよい、そうです。

 

連絡する

あまりにも体調が悪く一刻を争う場合や、時間がたっても母猫も現れず、危険な場合には

  • 行政機関
  • 保護猫団体

に連絡をしてください、とのことです。

ただし、行政機関によっては、即日殺処分の可能性もあるので、譲渡対象になるのか確認したほうがいいそうです。

 

役所が閉まっている休日などは、最寄りの警察署で相談に乗ってくれることもあるそうなので、心配な捨て猫を見かけたら、とりあえずどこかに連絡されるといいでしょう。

 

弱っている猫がいます!

 

自分が保護する

子猫を保護する

もし、一時的にも自分が保護できそうなら、まず動物病院へ連れて行きましょう

 

既にペットを飼っていて、かかりつけの動物病院があれば安心ですが、はじめて動物病院へ連れて行く方は、事前に一度連絡を入れたほうが良さそうです。

 

また、この時に注意してほしいことがあります。

  • シャワーなどで洗わず、そのまま病院へ連れて行く
  • 寒い時期は、カイロや毛布などで体を温めてあげる

 

動物病院で診てもらったら、先生から指示が出るのでその通りにします。

自分の家で数日見てあげれそうなら、お世話をしてあげてください。

 

家で見てあげる場合は、子猫の月齢によっても変わりますが、猫用のミルクやペットフード、トイレ用品(最初はプラスティックケースにチップでもOK)、そして必要に応じてケージなどを用意します。

 

その後の選択は

  • 譲渡する=保護団体やネットを通して信頼できる飼い主さんを探す
  • 自分がペットとして飼い続ける

となります。

 

我が家の体験談

子猫を保護する

我が家にも猫がいるのですが、1番若い7歳のソラは私たちが実際に保護した猫です。

 

その時、既に猫を2匹飼っていまして、それ以上飼う予定はありませんでした。

 

ですが、約7年半前のある日の午後、外から子猫の泣く声が 聞こえてきました。

よく近所を数匹でウロウロしている猫たちがいたので、はぐれてしまったのかな、と思いながら、そっとしておきました。

 

ですが、数時間たっても他の猫が来る様子もなく、子猫の鳴き声は聞こえてきます。

 

見に行ってみました。

 

溝にはまって、小さい体で元気に泣いている子猫がいました。

 

とりあえず、危なくない場所にそっと移動させて、もう少し様子を見ることにしました。

 

夜、主人が帰ってきて、一緒に子猫を見に行くと、

まだ同じ場所で泣いています。

逃げようともせず、ひたすら声をあげて泣いているのです。

 

もう、放っておけず「とりあえず、病院に連れて行こう。」と言うことになりました。

 

子猫を触った時から、すでに私も主人もかゆくなってきまして、

「ノミだな。」と思い、初めて自分たちで子猫を保護した私たちは、お風呂場でその子猫をシャワーで洗ってから、病院へ連れて行ったのです。

 

病院の先生には「本当は洗わないでそのまま連れてきて欲しい。」と言われました。

 

子猫は生後1ヶ月半のオスでした。

 

そして、やはり弱っていたので、栄養価の高い缶詰を出してもらい、体温も下がっているので体を冷やさないように気をつけて、先住猫とは隔離して、娘の部屋にケージを入れて子猫を見ることにしました。

 

こういう時も、ノートに記録しましょう。 

www.mitsu-note.com

 

子猫を保護した

保護した子猫

▲元気になり、ペットシーツなど引っ張り出して一人遊びで疲れた子猫

 

  • 病院で出してもらった缶詰は、1日に5~6回に分けて少しずつ食べさせる。
  • ダンボールに入れてカイロを入れ、タオルを敷いて子猫を寝かせる
  • 結膜炎→目薬1日3回
  • 内服薬は1日2回

 

子猫は、お腹が空いていたのか、よく食べました。

 

翌日には、ケージの中で元気に走り回っては1人で遊んでいました。

 

まだ我が家で飼うかどうか決めていませんでしたが、数日様子を見ました。

 

先住猫の2匹と上手くやっていけるかもわかりませんでしたし、3匹も飼えるのか、という気持ちもありました。

 

子猫を飼うことに

子猫を保護して1週間後にもう1度動物病院へ連れて行き、診てもらいました。

 

問題なく、無事に育ってくれて、

「もう、大丈夫!良かった。」と家族で喜びました。

そして、その時にはもう家族みんなの気持ちは同じでした。

 

2匹も3匹も変わらない。うちで飼おう。名前を決めよう。

 

子どもたちが「目の色が青いからソラがいい」と言い、子猫の名前はソラに決まりました。 

 

そのうち目の色は青ではなくなりましたが、子猫の目の色は青いものというのは後から知りました。

  

猫のソラ

 

あ~、ソラちゃん、可愛い顔が・・・。

 

家族が留守のときは、ソラはケージでお留守番させて、誰かが家に帰ってきたら、外に出してあげるようにしました。

そう、ベル(先住猫)が子猫で我が家に来たときと同じです。

 

www.mitsu-note.com

 

ケージは必要ですよ、という記事も読んでください。(^^)

 

www.mitsu-note.com

 

猫を3匹飼ってみて

猫との暮らし

幸いにも、先住猫のチョコとベルとも問題なくやっていけました。

猫との暮らし

 

その後、飼いはじめてから体調を崩したこともあったけど、もうここ数年は、ソラは1年に1度のワクチン以外はほとんど病院にお世話になることもなく、元気に暮らしています。

 

チョコがいなくなったときは、ソラも元気がなくなり、2,3日は明らかに様子がおかしかったけど、今はベルと2匹で走り回っています。

 

夜、寝るときはいつも私の足元で寝るソラ。

 

今、本当に思います。

あの時、保護して良かった。

f:id:mitsu5858:20190612090147j:image

 

猫との暮らし

いかがでしょう。少しでも、参考になるところがあればいいのですが。

 

猫を飼うことによって、生活に支障が出ることは正直、いろいろあります

 

でも、その不便さよりも、猫がそばにいてくれて得られる癒やしや幸せの方が大きいのです。

 

ただし、ちゃんと見送る覚悟も必要ですがね・・・。(;_;) 

 

今日、会った人が私に言いました。

「どこそこで、子猫が泣いていたよ。〇〇さん(私のこと)とこに連れて来ようかと思ったけど。」

 

「やめてやめて。もう、見てしまったら会ってしまったら・・・。

だめだめだめ、まだムリムリムリ・・・。」

 

もうちょっと自分にもできることがあれば、と思うのですが、現実的には難しいですよね。

 

今は、我が家の猫のベルとソラを大事にします。

f:id:mitsu5858:20190612174511j:image

 

猫も犬も、そして人も子どもたちも安心して暮らせる平和な世の中にならないかなーと、つくづく思う今日この頃です。

 

 

▼こちらの記事も参考にして下さい。 

www.mitsu-note.com

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村