光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

『京都でひっそりスピリチュアル』の感想!京都の神社仏閣巡りにぜひ

こんにちは。

私は神社仏閣巡りが好きです。
ですので、それに関係する本を読むのも好きなのですが、
以前ブログでも紹介させていただいた桜井識子さんの本をたくさん持っています。

f:id:mitsu5858:20190515162729j:image

▲こちらの3冊は関西の神社仏閣が紹介されているので、出かけるたびにチェックします。
これ以外にも桜井識子さんの本はまだ数冊持っていますよ。

今日はこの中の1冊『京都でひっそりスピリチュアル』を、私も訪れたことのあるお寺や神社とともに紹介したいと思います。 

『京都でひっそりスピリチュアル』 桜井識子

京都でひっそりスピリチュアル

笑いあり涙あり!
神仏たちとの魂の交流記 

この『京都でひっそりスピリチュアル』は桜井識子さんが訪れた京都の神社仏閣をまとめた1冊となっています。

まえがきより少し抜粋しますと・・・

京都という街は狭い範囲の中に種類の違う波動を持った神仏がいて、いろんな分野に特化した神社仏閣がぎゅっと詰まっています。楽しい雰囲気のところもあれば、祈願成就が期待できるところもあり、こちらが奉仕させてもらえる場所もあったりと、バラエティに富んだ寺社めぐりが可能な街です。

この部分を読んだだけでもワクワクしてくるね。

紹介されている地図やアクセス方法もちゃんと掲載されています。

京都でひっそりスピリチュアル』各章の紹介

第1章 狛犬に導かれて
第2章 洛東 救済の方法はいろいろ
第3章 洛北 山岳系神様の波動
第4章 洛中 個性豊かな都の中心部
第5章 洛西 嵐山で出会う神様・仏様
第6章 洛南 神様のもとでお勉強
第7章 洛外 郊外の社寺を巡る

各章の間でコラムが入っていて、神社仏閣巡りのアドバイスやポイントなどを紹介されています。
掲載されている寺社は全部で25箇所です。
(私の持っている本は単行本なのですが、後から発行された文庫本は追加でもう少し多く紹介されているようです。)

私が訪れたことのあるお寺や神社を、識子さんの書かれた内容と合わせて、少し紹介してみたいと思います。

三十三間堂

三十三間堂

私も大好きなお寺、三十三間堂。
正式には蓮華王院(国宝)と言います。

中央の中尊(千手観音坐像)を中心に左右に500体ずつ、合計1001体の十一面千手千眼観世音が御本尊となっています。
それ以外に国宝の風神雷神像、観音二十八部衆像なども配置されていて、それはそれは圧巻です。
本当に仏の森です。

撮影禁止なので、私の購入したクリアファイルでその本堂内を紹介。

f:id:mitsu5858:20190522160916j:image

著者の識子さんはこの三十三間堂であるお願いをされました。
とても不思議なお話ですが、私は仏様の優しさと慈悲の心を信じたいと思いました。

下鴨神社

下鴨神社

下鴨神社は京阪電車の出町柳から歩いていける行きやすい場所にあります。
私も何度か訪れました。

まず糺の森(ただすのもり)と言って、とても気持ちのいい参道があります

下鴨神社の糺の森

識子さんのおっしゃるには
「この森は、不思議なことに山の高い波動を持っています。それも普通の山ではなく、神様がいる神聖な山の波動なのです。
(省略)
それを、街なかを歩くだけで浴びることができるので、ここは本当にありがたいパワースポットです。京都の神社仏閣めぐりでは外せない場所です。」
とのことです。

京都という都会にいて、山岳系の神様の恩恵を受けられる珍しくもありがたい神社

糺の森の良い気を浴びないのはもったいないんだって。

下鴨神社

京都観光した後に最後に訪れてもいいですね。神社は普段、あまり遅い時間に行くのはよくないとされますが、夕方まで(16時くらい)なら大丈夫だそうです。

上賀茂神社

上賀茂神社
上賀茂神社は車かバスで行けるところにあります。

こちらも境内には神様の「気」が広々と隅々まで流れていて、山岳系神様ではなく、古代の神様でそうです。
縁結びの神様としてもおすすめの「片岡社」もあります。

私は上賀茂神社は一度しか行けていませんが、その時の何とも言えない「気」は忘れられません。

上賀茂神社の空

訪れたときの上賀茂神社の空です。
何とも神々しかったです。

上賀茂神社

本当に空気の澄んだ気持ちのいい神社です。 

伏見稲荷大社

伏見稲荷大社
とても神格が高く、山岳系神様に近い清々しい光を放つ波動を持っているそうです。

全国に3万社を数える稲荷社の総本宮です。
五穀豊穣、商売繁盛、家内安全の守護神として広く信仰されています。

伏見のお稲荷さんとよばれて、シンボルはきつねですよね。

私は伏見稲荷大社は一度だけ訪れまして、稲荷山のお山巡りをしました。

伏見稲荷大社の千本鳥居
千本鳥居からスタートして、一ノ峰の山頂まで登り、戻ってくるまで約2時間です。
5月の連休中で暑くて、大変でした。
ハァハァと必死でした。(;´Д`)

伏見稲荷大社の一ノ峰

 ▲やっと着いた頂上の一ノ峯
お参りすると末広がりに商売が繁盛すると信仰されていることから、末広大神と呼ばれています。

伏見稲荷大社の山頂
▲「ここが山頂ですか?」って何度も聞かれるらしい

でも、この『京都でひっそりスピリチュアル』には75歳くらいのおじいさんが、休みながらも元気に頂上目指して登っていくお話があります。
どうして、そんなに登れるのか?
それも、この本を読んでみてくださいね。 

神仏のご加護はすごいな、とあらためて思うよ。

おわりに

『京都でひっそりスピリチュアル』の中に記載されていて、私も訪れたことがある寺社をもっと紹介したいのですが、このあたりにしておきたいと思います。

私もこの記事を書きながら、改めて本を読み返して、もう一度行きたいと思う寺社がいくつもあります。

そしてまだ行ったことのない所も行きたいと思っています。

どうして神社仏閣巡りが好きなのか?

今では御朱印をいただくのもひとつの楽しみですが、御朱印をいただきはじめる前から、何となく興味をもってお寺や神社を訪れるようになったのです。

はじめはちょっとした好奇心からでしたが、そのうちお寺や神社の凛とした雰囲気が心地よくなり、 そして訪れたあとの清々しさを味わうと、次々に行きたくなったのです

それと、やっぱり信じないよりは信じたい
感謝を伝えて、お願いごともします。

桜井識子さんの本は、神様や仏様のことを詳しく書かれているので、本当に参考になるのです。
それに、その内容が楽しいことが多いです。

もちろん、自分の行きたいように思うように参拝されても大丈夫ですが、もし
「この神社の神様はどんな神様かな?」
「このお寺に波動はあるのかな?」
など、知ってみたいなー、興味あるなーという方がいれば、ぜひ桜井識子さんの本を読んでみてください。 

そして、京都は観光しながらも訪れることができる寺社がたくさんあるので、是非気になったところがあれば、寄ってみてください。

▼文庫本サイズなら持って行くのにも便利です。

京都でひっそりスピリチュアル (宝島SUGOI文庫)

京都でひっそりスピリチュアル (宝島SUGOI文庫)

 

こちらでは桜井識子さんはどんな方なのか、と『人生が楽になるコツ』という本を紹介していますので、合わせて読んでみてください。

▼『人生が楽になるコツ』では関西の寺社がたくさん紹介されています。

www.mitsu-note.com

京都の記事のまとめページも作りました。
よければ、参考にしてください。

www.mitsu-note.com

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング