光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

原田マハ『アノニム』とジャクソン・ポロック【現代アート小説】感想

こんにちは。

 

今日は本の紹介です。

 

原田マハさんのアート小説『アノニム』を読んだので、その感想この小説のテーマともなる現代アートやジャクソン・ポロックについても紹介したいと思います。

 

目次

  

原田マハ『アノニム』の紹介

『アノニム』感想



『アノニム』あらすじ

ジャクソン・ポロック幻の傑作「ナンバー・ゼロ」のオークション開催が迫る香港。 建築家である真矢美里は七人の仲間とともにオークション会場へ潜入していた。

一方、アーティストを夢見る高校生・張英才に<アノニム>と名乗る謎の窃盗団からメッセージが届く。「本物のポロック、見てみたくないか?」という言葉に誘われ、 英才はある取引に応じるが……!? 痛快華麗なアート・エンタテインメント開幕!!

引用:『アノニム』原田マハ 特設サイトHPより

舞台は香港

そこで行われるオークション会場で、何が行われるか?

 

この『アノニム』はアート・エンタテインメント小説と題されています。

 

登場人物がわかりにくい

f:id:mitsu5858:20190717182831j:image

写真:『アノニム』の人物紹介のページ

 

主な登場人物が8人なのですが、本名と仮の名前があって、わかりにくいのです。

特設サイトにも、この本のはじめのページにもイラスト付きで紹介されているので、そちらで確認しながら読む方がいいでしょう。

『アノニム』原田マハ 特設サイト|株式会社KADOKAWA

 

誰が誰だか、わからなくなる。

 

「アノニム」とは?

タイトルにもなっている「アノニム」とは

作中に登場する謎の窃盗集団。盗難にあった美術作品を修復し、持ち主に返す活動をしている。アノニムとは、unknown (作者不詳)の意味を指している。

引用:『アノニム』原田マハ 特設サイトHPより

 

そしてアノニムが狙うのは、ジャクソン・ポロックの幻の傑作「ナンバー・ゼロ」

 

このジャクソン・ポロックってどんなアーティスト?
「ナンバー・ゼロ」ってどんな絵?

 

ジャクソン・ポロック

1912年生まれ。第二次世界大戦直後、NYを中心に活躍したアーティスト。カンヴァスを床に置き、絵の具を垂らす(ドリッピング)手法で抽象絵画を制作。アクションペインティングとも呼ばれ、美術史に一時代を築く。

引用:『アノニム』原田マハ 特設サイトHPより

 

ポロックは、カンヴァスを床に寝かせて絵の具を垂らした最初のアーティストでした。

 

それまでポロックは「自分だけの表現」にこだわるのですが、いつもピカソに先を越されていたようです。

 

しかし、ついに自分だけの表現を見つけたのです。

 

それが、カンヴァスを床に寝かせて、その周りを自分が動きながら、上から絵筆で絵の具を落としながら描くという「アクションペインティング」と言われる手法でした。

 

ピカソも思いつかなかったこの手法で、美術界に革新を起こしました

 

しかし、ポロックは精神を病み、アルコール依存症に陥り、1956年の44歳の時に自動車事故で命を落としてしまいます。

 

原田マハさんは著書の『いちまいの絵』でこう語られています。

カンヴァスを覆い尽くす絵の具が織りなす綾は、ポロックの苦悩の軌跡である。それは尽きせぬ苦しみの靄(もや)のようにも見える。そして、新しい視点を獲得した画家の歓喜のまなざしそのもののようにも。

――そうと知った瞬間に、私たちの目にも新たなアートの地平が見えてくるはずだ。

引用:『いちまいの絵』

 

『ポロック 2人だけのアトリエ』

 

監督も務めたエド・ハリスがポロック役を演じた映画『ポロック 2人だけのアトリエ』があります。

 

私も数年前ですが、ケーブルテレビで放送されていたので見ました。

私がポロックという画家を知ったのも、この映画でした。

アメリカモダン・アート界のスター、実在の天才画家ジャクソン・ポロックと彼を支えたリー・クラズナー。二人のあまりにも切ないラブ・ストーリー。

内容・・・暗いです。

が、ポロックがどんな画家だったか、また苦悩を抱えた経緯などがわかります。

 

「ナンバー・ゼロ」

ポロックは、1947年から「アクション・ペインティング」を本格的に展開しはじめました。

 

ポロックの作品のナンバーシリーズは「ナンバー1,1949」「ナンバー1,1959 ラベンダー・ミスト」など他にも番号が付けられた作品がありますが、

 

「ナンバー・ゼロ」はこの原田マハさんの小説『アノニム』の中だけの作品で、実際にはありません。

 

ですが、ポロックのナンバーシリーズの作品で実際に高額で取り引きされた作品があります。

 

「Number  17A」は1948年に制作された作品で、ポロックのドリッピングシリーズのなかでも初期の作品にあたり、2016年に個人間取り引きで美術コレクターであるケネス・グリフィンが約2億ドルで購入されたそうです。

f:id:mitsu5858:20190717113353p:plain

写真:No. 17A Jackson Pollock

また、「ナンバー5,1948」も、2006年に美術品オークションハウスであるサザビーズが仲介して、1億4000万ドルで取り引きされています。

 

そんなポロックの作品を日本で鑑賞できる美術館がいくつかありますが、ナンバーシリーズを展示されているのは東京の西洋美術館とブリジストン美術館、セゾン美術館です。

 

話を原田マハさんの小説『アノニム』に戻します。

『アノニム』を読んで 

『アノニム』を読んで

 私が今まで読んできた原田マハさんのアート小説とは、ストーリー全体の流れや描き方(作風)が違いました。

 

テーマとされているジャクソン・ポロックの「ナンバー・ゼロ」を巡るストーリーですが、このナンバーシリーズも現代アートとして紹介されています。

 

そして、この小説そのものも現代風といった感じです。

ポロック自身の歴史や背景などはほとんど描かれていません。

 

ポロックの「アートで世界を変えてやる」という思いと、実際に1枚の絵でアートの世界に革命を起こしたポロックに魅せられる人たちを描いています。

 

私が印象に残った文

アートには世界を変える力はないかもしれない。けれど、ひょっとすると、アートで世界を変えられるかもしれないと思うことが大切なんだ。

ピカソも、ポロックもその思いを胸に描いた。その思いが、カンヴァスを通して、世界中の人々に届いたんだ。だからこそ、

この先の言葉は、実際に読んでみて欲しいと思います。

 

この『アノニム』は楽しく、明るい小説ですよ。

 

興味を持たれた方は、読んでみてくださいね。

 

今もなお、世界の人々に影響を与え続ける数々の作品の偉大さを感じますね。

原田マハさんのアート小説は、いつもそんな思いを抱きます。

 

できるだけ、たくさんの美術作品を見たいと、あらためて思いました。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

原田マハさんの本はこちらでも紹介しています。

▼合わせて読んでくださいね。(^^)

 

www.mitsu-note.com

 

 

www.mitsu-note.com

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村