光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

ペットの急な病気やケガに対処できるため、病院は2つ把握しておこう

こんにちは。

 

今日もペットについてのお話をしたいと思います。

 

ペットを飼われている方は、かかりつけの動物病院があることと思いますが、もしその病院が休診日に大事なペットに異変があった時にどうしますか?

 

中には、休診日でも何匹かの動物たちを預かっているから、連絡をすれば診て頂ける病院もあるようです。

 

ただ、もしそのかかりつけの病院に連絡がとれない時に、いざ救急で見てくれる動物病院を探すのは大変です。

 

そして、その病院がどんな先生が診てくれるのか、料金はどうなのか、など不明なままペットを診てもらうことになります。

 

実は、我が家で経験があるのです。

 

そんなお話をしたいと思いますので、参考にしていただければ、と思います。

 

目次

  

ペットの急な病気やケガ

ペットの急な病気やケガ

猫の嘔吐

普段、病院に行くこともあまりない我が家の猫たちですが、5年前の7月のことです。

我が家で飼っているソラが土曜日の夜中3時頃、急に吐きました。

 

猫は、毛玉や余計なものを口に入れてしまった時に、ゲーゲーする時はたまにあることです。

 

「また何かを食べてしまったんだろうー」と思いながら、私は眠い目をこすりながら、よく見えていない目で(普段、コンタクト)吐いた物を片付けて処理しました。

 

が、その後、30分から1時間おきに朝までずっと吐き続けたのです。

 

まあ、3回くらい続けて吐くことは、今までにも他の猫でもあったので、最初はそのうちに治まると思っていたのですが、ソラはぐったりして目もうつろに。

 

心配なので病院に連れて行こうと思ったのですが、日曜日です。

いつものかかりつけの病院は休診日と思いこんで電話をしませんでした。

(あとで、わかったことですが、預かっている動物たち(入院中など)を診るために、先生は来られていることもあるそうです。)

 

家から近い日曜日も診察している動物病院を、ネットで探して連れて行きました。

 

動物病院を探して

åç©çé¢ã®ã¤ã©ã¹ã

普段から日曜日も診察している病院らしく、何匹かのペットと飼い主さんが待っていました。

常連さんには、評価もいいみたいでしたが・・・

 

診察していただいたので、あまり悪くは言いたくないのですが・・・

詳しくは書きませんが、いろいろと思うところ(納得できない)がありました。

 

採血やレントゲンの結果は異常はないけど、別の病気(すい炎)の可能性もあるから外注検査が必要と言われ、その検査もして、点滴をしてもらしました。

 

いろいろな検査や血液検査や注射も2種類くらいずつされて、3万円!でした。

カード払いで払いました。(¯―¯٥)

 

「翌日のお昼までは絶食させて、水も飲まさないで。」と言われまして、

家では他に2匹の猫がいたので、絶食させるために、ソラはケージに入れました。

 

嘔吐の原因

猫の病気

帰宅して、もう一度ソラが吐いたものを調べようと思い、最初に吐いたものをゴミ箱から探し出して、よく見ました。

 

吐いたものの中に、長い糸くずが1本混じっていました

 

これが原因だったのです。

 

この1本の糸くずで、ソラは何度も吐き、最後は胃液しか出ないのに、気持ち悪いのか何度もゲーゲーしていたのでした。

 

外注検査の結果は2日後にわかると言われていました。

その後お電話をもらい、その結果も大丈夫とのことでした。

 

帰宅してケージに入ってソラは少しは大人しくしていたものの、もう夕方には元気になり、出してくれと大暴れ。

だから、出しました。

他の2匹のご飯は別室であげて、お水も気をつけてソラには飲まさないようにしました。

 

動物病院は2つ把握しておこう

ペットの急な病気

いつもの病院で

1年に1回、3種混合のワクチンを受けるためにかかりつけの病院へ連れて行きます。

その時に、先生に、救急の時の病院を教えてもらいました。

 

その後、救急で連れて行ったことはありませんが、

「日曜日などの休診日でも、私(先生)がいてる時もあるので、何かあったら電話してみて下さい。」とおっしゃってくれました。

 

まとめ

ということで、ペットを飼っている方に伝えたかったことは

かかりつけの病院が休診日の時に、診てもらえる病院を把握しておく

ということです。

 

症状によったら、慌てなくてもいつもの病院が開くのを待ってペットを連れて行ってもいいでしょう。

 

でも、急なケガや体調不良がないとも限りません。

その時に、慌てて病院を探すよりは、いつも診てもらっている先生からすすめてもらう病院の方が安心ですよね。

 

 ▼猫たちの病気やケガの記録もつけておきましょう。

www.mitsu-note.com

 

ペットが余計なものを口に入れないように、部屋も片付けておかないとね。

 

気をつけます!

 

これから暑くなる季節、ペットたちの体調管理も気にしてあげないといけませんね。

 

少しでも、参考になればいいのですが。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村