光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

犬や猫と暮らして癒やされる【ペット】意外な猫のゴロゴロの効果とは?

こんにちは。

 

先日、電車に乗っていると、盲導犬を連れた男性の方を見かけました。

ワンちゃんも、こんなホームや改札もちゃんと覚えて連れて行ってあげてるんだな―と改めて感心しまして

 

それで思い出した事があります。

 

盲導犬

私が独身の時に働いていた時に、習い事の教室の受付をしていた事があります。

 

その時、30代くらいの全盲の男性の方が盲導犬を連れて、毎週、音楽のレッスンに来られていたのです。

いつも、送迎の車で来られていました。

 é»ãç²å°ç¬ã¨æ­©ãç·æ§ã®ã¤ã©ã¹ã

その方が来られて、スタッフは「こんにちは。」と挨拶をします。

 

当時、10名ほどのスタッフがいましたが、その男性の生徒さんは一人ひとりのスタッフの声を覚えていて、こちらが声をかける度に「あ、〇〇さんですね、こんにちは。」ととても明るく挨拶してくれていたのです。

 

受付でそんな風にスタッフと少しおしゃべりを楽しんでレッスン時間になると教室に入るのですが、その部屋までは講師の腕をとって歩いて行かれていました。

 

その間、盲導犬のワンちゃんはおとなしくロビーで待っていました。

 

もう30年くらい前の話ですが、それが私の盲導犬とのはじめての出会いでした。

 

そんな事を思い出して、今までに出会ってきた動物たちのことを考えてみて、もう1匹、私にとって大事な猫のことも思い出しました。

 

猫のミーコ

私は小さい時から猫が好きで、飼ってはいませんでしたが、近所の皆でかわいがって世話をしていたような猫が1匹いました。

私が小学生の低学年の時です。

 

ミーコと名付けて、近所の皆でかわいがっていたのです。

 

ミーコはみんなに撫でられてもじっとしていたおとなしい猫でした。

ç«ã¨å¥³ã®å­ã®ã¤ã©ã¹ãï¼ãããï¼

 

そんなミーコがお腹が大きくなってきました。

「赤ちゃんが生まれる!」

外にタオルを敷いたダンボールを大人の人が用意してくれました。

 

何日かたったある日の朝、学校に行く前にダンボールを覗くと、中のタオルは血で真っ赤でした。

知らないうちに出産したのでしょう。

でも、ミーコも子猫の姿もありませんでした。

 

そして数日たってから、ミーコと子猫の姿を見た記憶がぼんやりとあるのですが、はっきり思い出せません。

 

 

家の外で「ミーコとなら何時間でもずっといられる。」 とよく一緒にいたことは、今でもしっかり覚えています。

 

我が家の猫

「いつか猫を飼いたい。」ずっとそう思ってきて、でも心のどこかでは「でも、動物を飼うのってやっぱり大変だし、無理だろうな―。」

 

なのに、10年前に猫を飼うことになり、次々と3匹に。

今は2匹ですが、昨日も娘たちが言いました。

ベルとソラがいてくれて、家に猫がいるなんて幸せやわー。(*´∀`*)

  

猫たちを見ていると、邪な気持ちなんてこれっぽっちもなくて、ただただ無垢で、エライな―と感心してしまいます。

(動物達だけで暮らすとなると、弱肉強食の世界なんでしょうが・・・。)

 

そして猫が自分も心地よくて喉をゴロゴロと鳴らすとそばにいる人間の方も癒やされていきますよね。

 

実際に、猫がゴロゴロと鳴らすことは、人間のストレスを軽減して免疫力を上げる効果があるそうです。

また、人間の骨密度を上昇させる周波数と猫の喉鳴らしの周波数は非常に似ており、ともに低周波です。そのため、猫のごろごろを聞いた場合、骨折が早くなおるとの報告もあります。 今では「喉鳴らし療法」という言葉が生まれるほどその認知度は上がってきており、喉鳴らしのごろごろを録音した癒しのためのCDが販売されているほどです。

引用:キャリさぽ HPより

 

この骨折が早く治ると言われているということは、他でも言われていて、

猫のゴロゴロと鳴く周波数は骨の形成を促進したり、強化したりする周波数とほとんど同じであるとされています。骨に刺激を与えて新陳代謝を活発にする働きがあります。

昔から猫は骨折をしても他の動物の3倍の速さで回復することは知られており、その原因はゴロゴロ音による振動が挙げられていました。それで医学界は猫のゴロゴロに注目し、今では猫のゴロゴロ音の周波数からヒントを得た超音波による医療器が開発され、骨折治療に使われています

「超音波骨折治療法」と呼ばれるもので、サッカーのベッカム選手や野球の松井秀喜選手が骨折治療の際に用いて驚きの回復を見せたことで注目されました。

 引用:日本ペットシッターサービスのHPより

 

ですって!

すごいですね。

もう、病院で猫の部屋を作ってみますか!? 

 

だから、毎日ゴロゴロと鳴いて、ママの傷を治してあげたんだよ。

 

ハイ、ちょうど1周間前です、痛い目にあったのは。(¯―¯٥)

 

▼猫を飼われていない方は、こんなCDもあるみたいですよ。

 

f:id:mitsu5858:20190830111042j:image

 我が家の猫達の写真をプリントしたTシャツを着たパパに抱っこされるベル

 

f:id:mitsu5858:20190830111218j:image

 

 ソラ、またベロが出ているよ。

f:id:mitsu5858:20190830111256j:image

 

いつもありがとう。

お陰でケガの傷も少しづつ良くなっていっているよ。

お返しにナデナデをたっぷりしてあげるね。(*^^*)

 

▼合わせて読んでみて下さいねー。

 

www.mitsu-note.com

 

www.mitsu-note.com

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング