光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

猫に薬を飲ます方法?ピルガンを使った感想と10年でやっとわかった飲ませ方

こんにちは。
今日は、令和2年2月22日。
猫の日ですー!

ベルも薬を5日間、頑張って飲み、咳はピタッと止まりました。(>ω<)

1週間前の記事

www.mitsu-note.com

2分の1の錠剤を5日間、飲ますのですが、またこれをやらないといけないと思うと、私も主人もげんなりしていたのですが・・・
今までは、飲み込ませるまでに半分が溶けかかったり、そのうちに薬が小さくなって、飲ませられない日があったりもしていたのです。

今回、はじめてちゃんと5日間、ちゃんと薬を飲ませることに成功しました!

そして薬を飲ますにあたって、慌てて、ピルガンというキットも購入したのですが、使ってみてどうだったのか?もお話したいと思います。

猫を飼いはじめて10年。
やっと、薬を飲ませる方法がわかった、と言うか、もうこれしかない、というわが家での方法です。(^^ゞ

猫を飼って10年でわかった薬を飲ます方法

f:id:mitsu5858:20200222133053j:image

少し、あらためて説明しますと、
わが家で飼っている猫のベルは、ノミアレルギーです。
数年前に検査をしてもらって、判明しました。 

www.mitsu-note.com

症状は、咳が出ます
ひどい時は、3ヶ月ごとに咳が出て、1年に3,4回も病院へ行っては注射をしてもらい、翌日から薬を飲ませていました。

それが、最近はだいぶん、よくなってきて1年に1度の病院ですんでいました。
ですから、薬を飲ませるのも1年ぶりで、ひょっとしたら治ったかも?なんて期待もしていたのです。
が、2月に入って咳が出てきたので、また薬を飲まないといけないことになり、いろいろ調べていて、ピルガンという栄養補給キットをあわてて購入しました。

ペット用栄養補給キットのピルガン

f:id:mitsu5858:20200222133109j:image

小さなペットに錠剤・カプセル・水・ミルクを与える時に便利
と書かれています。
YouTubeの動画でも、すんなりと薬を与えている様子も見れました。 

だから、
これがあればうまく飲ませられるかも!

と思ったのです。

ピルガンを使った感想

f:id:mitsu5858:20200222133129j:image

この先に、錠剤をはさんで、後ろから押し出します。

薬を飲ます前に、まず、このピルガンにチュールを付けてあげてみました。
でも、薬を用意すると、もう感づいて逃げようとします。(-_-;)

結果、全然だめでした。( ;∀;)

このピルガンの説明をよく見たら・・・。
子犬・子猫に。
ハムスター・ウサギにもって書いています。(゚∀゚)

f:id:mitsu5858:20200222133149j:image

ベルはもう子猫じゃないから、無理なんちゃうん~。

ピルガン、小動物や小さいワンちゃんや猫ちゃんに薬を飲ますのには便利かもしれません。
液状の薬を与える時用のチートキットも付いています。

  • このセットで錠剤やカプセル、液状の薬を与えられます
  • チートは安全なシリコンラバー製
  • 衰弱したペットに水やミルクを与える時にも使用できます
  • 容量がひと目で分かる便利な目盛り付き

 

でも、ベルには薬はちゃんと飲ませられたんです、違う方法で。

猫が口を開けた時に薬を放り込む

f:id:mitsu5858:20200222133205j:image

薬を飲ませようとすると、嫌がる猫の手で引っかかれたり、キバが刺さったりすることがあるので、わが家ではいつも二人がかりです。(¯―¯٥)
かわいそうだけど、手が出ないように毛布などの分厚い布でおさえます。 

猫がいや~ん(ニャー)と口を開けた瞬間に、もう一人が薬を放り込んで、すかさず口を閉めてゴックンさせます。
これさえ、難しいんですけどね、今回は意外にうまくいきました。 

口の横からあげるとか、何度やっても無理でした。
吐き出されて・・・。
とにかく、喉の奥に放り込むのです。

そうです、普通の薬の飲ませ方ですね。
期待させてしまった方がいたらごめんなさい。

猫によったら、大人しくもっと薬を楽にあげられる子もいるかも知れませんが、ベルはとにかく爪も切らせてくれない子なので、大変なのです。 

咳の症状は、病院へ行った翌日まではまだ少しでていましたが、3日めからはピタッと止まって出ていません。

ちゃんと薬を飲んだから、しばらくは大丈夫かな

猫の日を、無事に元気に迎えられてよかったね。

おわりに

f:id:mitsu5858:20200222133222j:image

という事で、猫を飼いはじめて10年。
やっと、まともにちゃんと日数分の薬を飲ませられました。

猫が口を開けた瞬間に、喉の奥に薬を放り込む、

これに気づくのに、10年もかかるなんて・・・。(;´д`)
薬を飲ます機会は減ってほしいけど、次もまたスムーズに薬を飲ましたいです。
いえ、これでも決してスムーズではないですがね。

来年の猫の日も、元気でいてくれますように

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング