光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

馬が出てくる洋画の紹介【映画】実話ありのおすすめ5作品!感想も

 

猫も犬も好きですが、他にも子どもの時から好きな動物がいました。

馬です。

なぜだか惹かれるお馬さん。

風になびくたてがみ、優しくて潤んだ目、そしてボテッとして引き締まったヒップ、地面を蹴るヒヅメ。

 

馬は日本でも外国でもよく出てきますよね。

私も一度乗馬をしてみたい、とずっと思っているのですが、また機会があればチャレンジしてみたいです!

 

というわけで、

馬が出てくる映画を紹介します。

邦画でも時代劇だと必ず出てくるけど、今回は洋画にしぼりました!

 

今回、紹介するのは、全部見ました。

実話をもとにした作品も多くて、感動できます。

やっぱり、泣いてしまう作品もあります。

 

ちょっと見たのが前過ぎて、記憶が薄くなっているのもありますが、馬や動物が好きな方ならおすすめの映画です。

 

 

馬が出てくる【映画】実話ありの感動作品

『すべての美しい馬』

たてがみをなびかせ、闇の中を駆け抜けていく馬たち。彼らは何ものにも束縛されず、自由を謳歌しているように見える・・・。馬をこよなく愛する若者ジョン・グレイディは、冒険と自由を求めてテキサスからメキシコへ旅立った。彼が出会ったのは美しいメキシコ人の女性。知ったのは狂おしい恋と厳しい社会。それは彼の力を試し、成長を促し、人生を永遠に変えてしまうような壮大な旅だった。

引用:Amazon 内容紹介より

2000年 監督:ビリー・ボブ・ソーントン

キャスト

マット・デイモン

ヘンリー・トーマス

ペネロペ・クルス

ルーカス・ブラック

 

感想

カウボーイたちと大切な馬との旅で出会う女性に美しい景色。

ただ、残酷なシーンは目をそむけたくもなるので、好みが分かれる映画だと思います。

自然の美しさは感じられるも、人生は厳しい。

でも、馬たちはやはり美しいです。

 

「すべての美しい馬」をAmazonプライムで見る

 

 

『シービスケット』

1930年代、不況の真っただ中のアメリカで、1頭のサラブレッドの活躍が国民に勇気を与える─。実話をもとにした感動のドラマ。騎手ジョニーが乗る「シービスケット」は、西海岸での競馬レースで連勝。しかし、東海岸の王者からの挑戦を受け、レースを目前に控えたとき、ジョニーが半身不随の重傷を負ってしまう。

トビー・マグワイア主演、実在した競走馬を題材にした感動ドラマ。大恐慌時代のアメリカ。不幸な過去を持つ騎手・レッド、孤独な調教師・スミス、最愛の息子を亡くした馬主・ハワード。彼ら3人は競走馬・シービスケットと出会い、奇跡を巻き起こしていく。

引用:Amazon 内容紹介より

2003年 監督:ゲイリー・ロス

キャスト

トビー・マグワイヤ

ジェフ・ブリッジス

クリス・クーパー

エリザベス・ハンクス

 

感想

スパイダーマンでおなじみのトビー・マグワイア主演の作品で実話です。

シービスケットという映画のタイトルは、実在した競争馬の名前。

400ページもの原作を映画用に脚本されているのですが、この約2時間の話の中に、恐慌時代からの孤独、運命の人と馬との出会い、綿密なレースの作戦などが描かれています。

そして、その時代背景が上手に描かれているからこその、最後の感動へとつながっているのだと思いました。

 

 

『セクレタリアト/奇跡のサラブレッド 』

1969年、弁護士の妻であり4人の子供に恵まれて平和な日々を送るペニー・チェネリーは、母が死に父が病にたおれる中、兄弟が売却しようとしていた競走馬生産牧場の相続を申し出て運営することになる。当時はまだ男性社会であった競馬界。女性だということだけで風当たりも強かったが、一から競馬のことを学び、必死に牧場経営をするペニー。そして、ある日、一頭の仔馬が生まれる―。

セクレタリアトと名付けられたその仔馬は、3歳となった1973年、数々のライバル馬を抑え栄誉あるダービーを制覇。25年ぶりの三冠馬となるべく、ペニーとその家族たちはもちろん、調教師やその馬にかかわる全ての人々の夢を乗せ、セクレタリアトはゴールへ疾走していく…。

史上9頭目、25年ぶりのアメリカ三冠馬となり、現在も破られない記録を持ち、20世紀最高のアスリートに人間以外で選ばれた、奇跡の競走馬セクレタリアトとその馬に夢と希望をかけた人々の感動のドラマ。

引用:Amazon 内容紹介より 

 2010年 監督:ランドール・ウォレス

キャスト

ダイアン・レイン

ジョン・マルコヴィッチ

ディラン・ウォルシュ

ジェームズ・クロムウェル

 

感想

こちらもタイトルのセクレタリアトは実在した競争馬の名前です。

残念ながら日本では未公開だったそうです。

この作品を大画面で見たら、さぞ迫力のある光景だったろうなと思います。

実話のストーリーも、あらゆる苦難を乗り越え、奇跡を起こした馬とその関係者たちの話で胸が詰まるほどの思いで見ることができますが

何と言っても、この映画の見ごたえは、疾走する馬のシーン。

その走る姿を見るだけでも、見る価値はあると思います。

 

「セクレタリアト/奇跡のサラブレッド」をAmazonプライムで見る

 

 

『戦火の馬』

農村に住む少年アルバート(ジェレミー・アーヴァイン)の愛馬であるジョーイが軍馬として騎馬隊に売られ、フランスの戦地に送られてしまう。敵味方の区別を知らないジョーイの目に、戦争は愚かさで悲惨なものとして映るだけだった。一方そのころ、アルバートは徴兵年齢に満たないにもかかわらず、ジョーイと会いたいがため激戦下のフランスへ旅立つ。

引用:Yahoo!映画の作品紹介より

2011年 監督: スティーヴン・スピルバーグ

キャスト

ジェレミー・アーヴァイン 

エミリー・ワトソン

デヴィット・シューリス

ピーター・ミュラン

 

感想

主人公の少年もその愛馬も戦地に向かわないといけない第一次世界大戦の時代。

スティーヴン・スピルバーグが一人の少年と馬とのかけがえのない絆の物語(イギリスの小説)を映画化した作品。

第1次大戦中、英国では100万頭の馬が軍に徴用され、6万頭しか生き残れなかったそうです。

離れ離れになってしまったアルバートとジョーイは再会することができるのか?

それまでの道のりは険しくも困難だったけど、また会えることを信じて生き延びようとする強い思いに生命力を感じて、心が熱くなります。

馬のジョーイの演技も素晴らしいです。

この話ならではの感動のラストシーンを味わってみて下さい。

 

「戦火の馬」をAmazonプライムで見る

 

 

『夢駆ける馬ドリーマー』

厩舎を経営する元騎手ベン(カート・ラッセル)は、資金繰りに苦しむ中、有力馬主から頼まれた牝馬ソーニャドールに希望を託す。しかし、娘のケール(ダコタ・ファニング)と一緒に出向いたレースで、ソーニャドールは転倒し、骨折してしまう。馬主から殺すよう命じられるが、ベンは自分のギャラでソーニャドールを買い取ることを決意する。

引用:Yahoo!映画の作品紹介より

2005年 監督:ジョン・ゲイティンズ

キャスト

カート・ラッセル

ダコタ・ファニング

クリス・クシトファーソン

エリザベス・シュー

 

感想

当時子役としてスポットを浴びていたダコタ・ファニングあっての素晴らしい作品です。

まだ幼い少女が1匹の馬の馬主になり、夢を信じて諦めずに進んでいく話。

まさしく、馬のソーニャとともに夢を乗せて駆け巡るのです。

それは、自分の夢のためでなく、家族の思いも乗せて堂々と突き進んでいきます。

実話ですが、きっちりと丁寧に描かれている分、しみじみと押し寄せてくる感動が味わえます。

 

「夢駆ける馬ドリーマー」をAmazonプライムで見る

 

まとめ

馬が出てくる洋画を5作品、紹介しました。

気になる作品はありましたか?

 

この中で私は最も好きな作品はどれかあげるとなると

実話の『セクレタリアト/奇跡のサラブレッド』です。

それまで1人の主婦だった女性が馬主になり、いくつもの試練を乗り越えて行く話は、同じ女性として応援しながらも勇気ももらえます。

そして、やっぱりレースのシーンは忘れられない感動です。

 

Amazonはプライム会員だと、観たい映画が選べます。

Amazonプライムで見放題

 

U-NEXTも31日間無料トライアル中!

 

映画、最高ですね!

 

他にも、見た映画を紹介しています。

 

www.mitsu-note.com

 

www.mitsu-note.com

 

www.mitsu-note.com

 

     

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング