光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

音楽が素晴らしい映画『オーケストラ!』感想【クラシック】秋にもおすすめ

芸術の秋を楽しみたい時期にもおすすめの映画を紹介します。
10年前の作品になりますが、クラシック音楽が素晴らしい『オーケストラ!』です。

クラシック音楽が好きな人も、ちょっと興味がある人も楽しめる作品です。
『オーケストラ』の中で流れているクラシック曲も紹介します。

『オーケストラ!』は音楽が素晴らしい映画

『オーケストラ!』あらすじ

劇場清掃員として働くさえない中年男アンドレイ・フィリポフ(アレクセイ・グシュコブ)は、かつてはロシア・ボリショイ交響楽団で主席を務めた天才指揮者だった。彼は、共産主義時代、“ユダヤ主義者と人民の敵”と称されたユダヤ系の演奏家たち全員の排斥を拒絶し、名声の絶頂期に解雇されたのだった。ある日、清掃中にアンドレイは、1枚のFAXを目にする。それは、演奏を取りやめたサンフランシスコ交響楽団の代わりに、パリのプレイエルに出演するオーケストラを2週間以内に見つけたいという内容だった。その瞬間、彼は、かつての仲間を集めて偽のオーケストラを結成、ボリショイ交響楽団代表としてパリに乗り込むことを思いつく。。
引用:Amazon内容紹介より

ソ連時代のポリジョイ交響楽団で、プレジネフ政権によってユダヤ人が 迫害され、彼らをかばったアンドレイのようなロシア人が解雇されたのは、本当にあったことです。

ミヘイレアニュ監督は、悲しい史実を基にしながらも、逆光を力強く笑顔で乗り超える人々をユーモアたっぷりに描き出しました。

タイトル オーケストラ!
原題 LE CONCERT
公開 2009年
時間 124分
監督 ラデュ・ミヘイレアニュ
出演 アレクセイ・グシュコフ
メラニー・ロラン
フランソワ・ベルレワン

映画『オーケストラ』で流れているクラシック曲

BGMとかで流れているような感じですが、以前に何かで調べて書き出していました。

モーツァルト 「ピアノ協奏曲第21番 ハ短調KV467」
チャイコフスキー 「ヴァイオリン協奏曲 ニ短調Op.35」「白鳥の湖」
バッハ 「無伴奏チェロ組曲第一番 ト短調BWV1007」「2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調BWV1043」
ロッシーニ 「ウィリアム・テル」
シューマン 「夕べに」「なぜ」
ドビュッシー 「西風の見たもの」

『オーケストラ!』を観た感想

途中まではあまり音楽は出てこなくて、集まった演奏家たちが公演を行うまでの過程が、コメディタッチで描かれています。
だから、ちょっと退屈さを感じるかもしれませんが、もどかしくても我慢して最後まで見て欲しいです。

当時の厳しい情勢の中、好きな音楽を楽しむのも簡単ではなく、様々な問題があります。
そんな長い道のりを経て、感動へと導く作品を、じっくりと腰を据えて観てください。

ラストのチャイコフスキーの「ヴァイオリン協奏曲 ニ短調Op.35」は圧巻です。
その中で、明かされる真実も・・・。
しつこいですが、このシーンまでは観るのをやめないでください。(^^)

『オーケストラ!』

音楽がテーマの映画のおすすめ

『オーケストラ!』は大好きな映画で、クラシック曲が聴ける映画は?と思い浮かべるとこの作品が出てきます。

でも他にも音楽がテーマの映画作品っていろいろありますよね。
私が観た中でおすすめの作品を紹介します。

奇跡のシンフォニー 』はギターの音色にしびれます

セッション』はドラムがメイン、ラストの渾身の演奏は手に汗握ります。

グレイテスト・ショーマン』は私がミュージカル映画で一番好きな映画

ボヘミアン・ラプソディ』昨年大ヒットしたクイーンの物語

グレイテスト・ショーマンは過去にブログで紹介しました。

www.mitsu-note.com

そして『蜜蜂と遠雷』もどっぷりと音楽に浸れますよ。

www.mitsu-note.com

最後に

ラストシーンに感動する映画『オーケストラ』を紹介しました。

音楽が素晴らしいです。
そして、音楽を愛する人たちも素晴らしいです。

そんな作品に出会えることがうれしいですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング