光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

『ダイちゃんの猫ネコ日記』に癒やされて【絵本】実在する猫の暮らし

Amazonで注文していた絵本が届きました。

最近、発売された『ダイちゃんの猫ネコ日記』。

 

f:id:mitsu5858:20200406202043j:image

 

はてなブログで「やれることだけやってみる」を運営されている、楓屋ナギさんが書かれたお話です。

kaedeya.hatenablog.com

 

ダイちゃんはブログにたびたび登場する猫。

 

オスなのに、お乳が出る猫。(・o・)

自分の子どもではない子猫たちにお乳をあげます。

 

最近の記事でも、子猫たちがダイちゃんのお乳に群がっているシーンが。

本当に母のよう。

 

ガールフレンドはいるそうだ。(2匹?)

 

猫たちにも頼りにされ、楓屋さんの庭仕事を手伝い?見守っている。

 

たまに何日か家に帰ってこないと、猫たちだけでなく、読者さんたちにも心配される。

 

『ダイちゃんの猫ネコ日記』には、そういうことは書かれていません。

 

『ダイちゃんの猫ネコ日記』に癒やされて

 『ダイちゃんの猫ネコ日記』の内容紹介

自由気ままに一日を過ごすダイちゃん。今日もごはんを食べたり、人間にゴシゴシされたり、ゆるやかな空気で読み手を癒してくれる絵本。ダイちゃんは実在します。「人間の肩に登って 来た道をもどる。高いところから見るナワバリは いつもと違って見える。風が強い。人間が、落っことさないように ギューッとしてくる。あったかい」ダイちゃんの語り口がとっても魅力的!

引用:Amazonの紹介ページより

 

ダイちゃんや猫たちと、楓屋さんは一緒に暮らしているわけではない。

 

そのダイちゃんたちが住む家にいつもの人間がやってきて、一緒に過ごす1日をダイちゃん目線で描かれている。

 

いつもの人間とは、楓屋さんのことだろうと思う。

 

ほのぼのとしたイラストでダイちゃんの生活が描かれていて、ダイちゃんの優しさが伝わってくる。

 

何でだろう、読み終えると、いつも私の目から水が出てる。

 

悲しい本ではなく、あったかい気持ちになる絵本なのに、いろいろな思いがたまって・・・。

 

何でもないフツーの日常が幸せに感じられる。

 

ホッと一息するときにも読みたい、寝る前にも読みたい絵本。

 

 

この前、「志村どうぶつ園」を見てから涙腺がやばくて、ちょっとしたことで涙が出てくる。

 1日1日を大切に過ごしたい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング