光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

高田郁『あきない世傳 金と銀(六)本流篇』を読んだ感想・商売の本質がわかる

こんにちは。

 

本当にここ最近、寒さが戻ってきちゃいましたね。

でも、それも今日までみたいです。

明日からは、春本番!

春本番 桜

 

 

そして、今日は読み終えたばかりの本の紹介です。

『あきない世傳 金と銀 (六)本流篇』   高田郁

シリーズの始まり

学者の子として生を受けた幸。家族との別離や大飢饉を経て、齢九つで呉服商「五鈴屋」へ奉公へ出される。慣れない商屋で女衆でありながら、番頭・治兵衛に才を認められ、徐々に商いに心惹かれていく。

 

6巻目のあらすじ

大坂天満の呉服商「五鈴屋」は、天災や大不況など度重なる危機を乗り越え、江戸進出に向けて慎重に準備を進めていた。その最中、六代目店主の智蔵が病に倒れてしまう。女房の幸は、智蔵との約束を果たすべく立ち上がった。「女名前禁止」の掟のもと、幸は如何にして五鈴屋の暖簾を守り抜くのか。果たして、商習慣もひとの気質もまるで違う江戸で「買うての幸い、売っての幸せ」を根付かせたい、との願いは叶えられるのか。新たな展開とともに商いの本流に迫る、大人気シリーズ待望の第六弾!

引用元:裏表紙より

 

感想

『あきない世傳 金と銀』1巻目が発売されてから、ずっと読んできました。

早くももう6巻目に突入していたとは、今さらながらびっくりです!

 

そう言えば、主人公の幸もはじめは小さな少女だったのに、今ではもう呉服屋の女店主ですもんね。

 

この「あきない世傳 金と銀」は幸が五鈴屋の女衆を経て代々の店主に嫁ぎ、自ら商売に興味を持ち、学び、店を大きく育てていく話です。

 

一つ一つ策を練り、「どうやったら店の名前を広められるか。」「どうすればお客様に喜んでもらえる商いができるか。」考えては行動に移していきます。

そうやって考えはじめると1人の世界に入ってしまい、周りがそっと見守ってきたのですが、幸のあらゆる采配は功を奏してきました。

 

読んでいて「面白い。商いって面白いなー。それぞれの創意工夫で売り上げも伸びて、何より楽しそう。」と感じてわくわくしてきます。

 

もちろん、商売なんてそんな簡単なものでもないし、考えたアイデアが全て上手くいくとは思いません。

でも、「自分の店があって、自分の思うようにあれこれできて、お客様とのやりとりも楽しくて、」とか一度経験してみたかったなーと思ったりもするのです。

 

買うての幸い、売っての幸せ

この『あきない世傳 金と銀』には、この言葉がよく出てきます。

買うての幸い、売っての幸せ

"買うて"とは"こうて"と読みます。

大阪の言葉です。

 

買う方も幸せになり、売る方も幸せになる商売ができれば、本当に素晴らしいですよね。

 

そして、これは商売以外にも当てはめれると思うのです。

 

たとえばブログでも

例えば、こういうブログにしたって、書いている方も楽しいけど、読んでもらえる人も楽しくなる、

またはおすすめの物を紹介して買ってくれる人も満足してくれる

そんなブログになるのが理想です。

 

だから、ブログを書く時はできるだけ気持ちを落ち着けて書きたいな、と思います。

イライラする気持ちは捨てて、いい感情で書きたいです。

 

読書ってやっぱりいい!

そういう事に気づかせてくれたり、生き方のヒントが得られたり、やっぱり読書って素晴らしい!

中には読んでも「・・・?」という本もありますが、私は比較的そういう本に当たることが少ないです。

 

よくわかっている著者の本ならほぼ間違いないですし、初めて読む作家さんの本はAmazonのレビューでチェックしてから読むので。

 

行き当たりばったりの本に惹かれて衝動買い、ということも今までありましたが、最近はよく考えてから、またはチェックしてから購入します。

だって、限られた時間、やっぱりいい本を読みたいですもん!

 

高田郁さんの本はどれもおすすめですよ