光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

猫が外で暮らす現実とは?室内飼いと外に出すのとどちらがいい?

こんにちは。
ここ最近、暖かかったですが、今日から寒の戻りがあるそうです。
昨夜は久しぶりの雷雨もありました。

こんな時にいつも思うのは「外の猫はこわくないかなー。大丈夫かなー。」という心配。
もともと外で生活しているから、それほど心配しなくても大丈夫と思っていましたが・・・。
実際にはそうでもないようです。

猫が外で暮らす現実をお伝えしたいと思います。

野良猫は本当は外では暮らしにくい?

室内飼いの猫

最近こんなニュースを目にしました。

【野良猫は野生動物ではない】
-猫は外で生きていける動物ではないのでしょうか。
「野良猫は外で生きているのが当たり前、外で繁殖して増えるものだと、まるで野生動物のように思っている人が多いのですが、それは違います。代々野良猫として生きている猫もいますが、もともとは捨て猫や家から逃げた猫で、人の手によって野良猫として生きることを強いられているのです。猫は、もともと苦労して生きる動物ではないのですが、野良猫になると外での生活に順応できず、苦労しています」
引用元:Yahooニュース橋本恵莉子さんのお話より

だそうです。

きっと勘違いしている人、たくさんいると思います。
私も、野良猫もいるから、猫は外でも慣れていてきっと大丈夫なのだろう、と思っていました。

でも、そうではなさそうです。
ひと昔前なら、今ほど交通量も多くなく、危険も少なかったから、猫が外でウロウロしててもそれほど心配もなかったのでしょう。

でも、今ならどうでしょう。

よく思い出してみると、ずっと外にいる猫はケガをしている子もいたり、目やにが出たりと、体調が悪そうな子も多い気がします。
顔つきもけわしかったり。

では、よくテレビで見る外の猫たちはどうなんでしょう?

猫島に住む猫

猫島と呼ばれている島がいくつかあります。

島全体に猫が多く、猫好きな人たちが観光に訪れたりして、人気の場所ともなっています。
この猫島では、たくさんの猫たちが外で暮らしているにもかかわらず、どの猫たちものびのびと暮らしているように見えます。
それは、島全体が安全な場所で、島の人たちに愛され、観光に来る人達にも可愛がられているからだと思います。

岩合さんの撮る猫

写真家の岩合光昭さん、猫好きの方ならご存知でしょう。
岩合さんは、世界各地で猫を撮影されています。
そして、その撮られている猫たちは、なんて自由で堂々としているのでしょう。

岩合さんも、猫の気持ちを察しながら撮影されているようです。
外国ののんびりした場所では猫も気持ちよさそうに、外の散歩を楽しんでいるようにも見えます。

でも、街なかの猫たちも、岩合さんの前ではとてもくつろいでいますよね。
それは、やっぱり岩合さんが猫の気持ちをよく分かっているからかもしれませんね。

飼い猫はたまに外に出したほうがいいの?

我が家の3匹の猫たちは捨て猫や保護猫です。

最初は子猫でしたが、やっぱり体が弱っていて、ガリガリで「ちゃんと育つかな?」と不安でした。
今ではすっかり、元気でたくましく育ちましたが、
1匹は臆病で昨夜のように雷が鳴りはじめると、ずっとビクビクして、しばらく震えが止まりません。

 「猫を室内で飼うなんてかわいそう。」という声も聞きます。
でも、本当にそうでしょうか。

飼い猫でも、中にはお外に出てちゃんと家に帰って来る子もいます。
多分そういう猫ちゃんは、外に出れることを覚えていて、ストレス解消になっているのかもしれませんね。
でも、無事に戻って来るまで心配です。

主人の実家で飼っていた猫もそんな自由に生活していた子でした。
でも、交通事故にあい、血だらけで帰ってきたことがありました。
何とか助かりましたが、折れた足にはボルトが入れられました。
それでも18年生きて、天国に旅立ちました。

我が家の猫たちも、外には興味があるようで、ちょっとベランダを開けるとササッと出てきます。
危ないから、すぐに部屋に戻します。

猫はもともと探険心が強いように思います。
だから1度外に出すと、クセになって、やっぱりまた外に出たくなると思います。

でも、外に出さずに家にずっといたら、それが当たり前となり、特にストレスに感じるわけではなさそうです。

それに玄関から出て、興奮して飛び出してしまいそう。
どこかへ行って帰ってこないと心配です。

猫は留守番ができる

猫は人がいなくても、1、2日くらいなら家を留守にしても大丈夫です。
我が家も普段は家族が1日留守にしていることも多いです。
でも、猫にしたら、やっぱり家族の誰かが帰宅すると、うれしいようです。
玄関まで迎えに来てくれたり、スリスリしてきたり、体ごとぶつけてきて、喜びを堂々と表現してくれます。

猫は室内飼いで大丈夫

結果、猫はずっと室内で飼われていたら、外に出れなくても特にストレスを感じていない、と私は思います。

でも本当の猫の気持ちは、動物と話せるハイジさんでないとわからないかもしれませんが。(^^)

*ハイジ=「天才!志村どうぶつ園」に定期的に出演されていて、動物と(心の中で)会話ができる能力を持つ女性です。

最後に

もともと野良猫として育った猫は、慣れてもいるでしょうが、今の世の中、都会は危険だらけです。
せめて、豊かな土地の地方でならのんびり暮らせるかも?と思ったりします。

一度、家で飼われた猫は、急に外に出されても、困ることだらけではないでしょうか?

猫を飼うなら、最後まで責任を持って育てないといけないと思います。

猫を飼うなら、どちらにしても飼い主さんが愛情を持って接してあげることが1番大事だと思います。

だって猫ちゃんは飼い主さんが大好きなのですから(=^ェ^=)

飼い主が大好きな猫

猫の飛び出しにも気をつけましょう。

www.mitsu-note.com

猫との暮らし方をまとめた記事もどうぞ。

www.mitsu-note.com

読んでいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング