光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

すすめられて映画『天気の子』を観てきた【感想】映像と音楽に満足

今さらなんですが、『天気の子』を観てきました!

すでに、私の娘たちは観に行っていまして、長女がもう一回観に行きたいと言っていたのですが、

まだ、上映している映画館があり、 長女が私に「一緒に観に行く?」と。

私「そんなに面白いの?」

次女「観に行かへんかったら後悔するで。」

それなら観に行かないと!と長女(は3回目)と二人で行ってきたのです。

 

今日は、映画『天気の子』の感想です。

結果的には、観に行って大正解でした!(^^)

 

  

映画『天気の子』を観た感想

 

天気の子

天候のバランスが次第に崩れていく現代を舞台に、自らの生き方を選択する少年と少女を映し出す。

 

あらすじ

高校1年生の夏、帆高は離島から逃げ出して東京に行くが、暮らしに困ってうさんくさいオカルト雑誌のライターの仕事を見つける。雨が降り続くある日、帆高は弟と二人で生活している陽菜という不思議な能力を持つ少女と出会う。

画像・引用:シネマトゥデイより

 

 『天気の子』について

大ヒットした『君の名は』と同じ新海誠監督のアニメーション作品です。

 

少々、ネタバレあるかもしれません。

読みたくない方は、飛ばして下さい

 

物語は、二人の少年と少女が体験する夏の不思議なできごと

 

はじめに陽菜が体験する不思議なできごと、そこからもうその話の展開は気になるばかり。

  • どうなってこうなるのか?

陽菜は、どんな天気でも祈ると天気を晴れにすることができるのです。

  • どうして晴れにすることができるのか?

 

地元から逃げ出してきた高校生の帆高は、偶然に知り合った須藤のもとで寝泊まりしながら仕事の手伝いをすることになり、陽菜とその弟の凪と出会うことになります。

3人は、陽菜の不思議な力を使い、晴れを望む人々の希望を叶えていくのですが・・・。

 

『天気の子』を観た感想

『君の名は』も映画館で観た私は、『天気の子』の映像の美しさと音楽の良さは言うことないだろう、それと話を楽しもうと素直な気持ちで観はじめました。

 

新海監督の作品ですから、気になっていた方は、もう観に行かれた方が多いでしょう。

 

実際にありえないこと

 

ファンタジーもフィクションもミステリーも、ありえない話が多いです。

物語とはそういう物、全て作り話です。

だからこそ実話では書けない話を書いてくれる人がいて、それを読める楽しさがあると思っています。

 

そのストーリーの中から、自分にとって大事なものに気づいて、つかみ取るところにワクワクします。

(でも、合う合わない作品というのはあります。私も。)

 

そして、私は『天気の子』を純粋に素直な心で観ることができました。

そこから感じたことは、やっぱり純粋な人の気持ちです。

まっすぐな人に出会って、近くにいたり、一緒に過ごすことになったら、自分にもその純粋な気持ちがよみがえってくるのかもしれません。

正直な熱い思いをずっと持ち続けたい、大人になったら忘れてしまうそんな感情を、子どもから教えられることもあると思います。

 

この『天気の子』はそのシーンごとにかかる音楽(ラッドウィンプス)がやっぱり素晴らしくて、さらに心にズシーンときたりジーンときたり。

映像と音楽にも感動しました。

 

そして、やっぱり、私はウルウルきてしまいました。(;_:)

となりの娘も3度目なのに泣いている。(;_:)

映画館で観れてよかった、心からそう思いました。

 

まとめ

もし、今から観られる方がいたら、ありえない話を楽しむ気持ちで、小さい子のような純粋な気持ちで観て欲しいと思います。

 

神様の話もでてきますし、神秘的な話が好きな人には、楽しめると思います。

 

数年前から、私は天気の悪口は言わない、と気をつけています。

(斎藤一人さんの本で読んだと思う。)

もちろん、出かけるときにはお天気のほうがいいですし、大雨や雷には恐怖を感じたりもします。

朝の天気で気分が変わることも正直、あります。

でも、自然の力には逆らえない、自分がどう対処するだけ、だと思っています。

「雨、いややな。」と言ってしまう娘たちにも、「それを言わない。」と言ったりもします。

 

でも、『天気の子』を観て、雨から晴れに変わる瞬間って、こんなにきれいなんだなー、最近そんな景色を見ていないなーと思いました。

きれいな虹は雨のあとでしか見れませんしね。

 

やっぱり映画館で観る映画は最高です。

ホラーやドンパチものは観ませんが、きれいな映像や音楽はそれだけでも、座っているだけの2時間を充実した時間にしてくれます。

 

家でも、大きなスクリーンがあったらいつでもそんな体験ができるんだろうね。

 

『天気の子』を映画館で観た感想でした。

ありがとうございました。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング