光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

本も読んだ『蜜蜂と遠雷』映画の感想は?音楽の感動が味わえる作品

こんにちは。

 

何だか急に秋になりましたね。

いろいろな秋を満喫したい私ですが、先日また芸術の秋を楽しんできました。

『蜜蜂と遠雷』の映画を観に行ってきたのです。

知らない方は、芸術?と思われるかも知れませんが、話の内容が音楽なのです。

 

この蜜蜂と遠雷は恩田陸さんの小説をもとに映像化された作品です。

私は本を読んで、以前に紹介させて頂きました。

 

www.mitsu-note.com

 

この時から映画化されることを知って、とても楽しみにしていたのです。

 

本日は、『蜜蜂と遠雷』の映画の紹介です。

 

 

本も読んだ『蜜蜂と遠雷』映画の感想

 

 画像:『蜜蜂と遠雷』公式サイトより

 

 『蜜蜂と遠雷』の内容

3年に一度開催され、若手ピアニストの登竜門として注目される芳ヶ江国際ピアノコンクール。

かつて天才少女と言われ、その将来を嘱望されるも、7年前、母親の死をきっかけに表舞台から消えていた栄伝亜夜は、再起をかけ、自分の音を探しに、コンクールに挑む。 そしてそこで、3人のコンテスタントと出会う。岩手の楽器店で働くかたわら、夢を諦めず、“生活者の音楽”を掲げ、年齢制限ギリギリで最後のコンクールに挑むサラリーマン奏者、高島明石。幼少の頃、亜夜と共にピアノを学び、いまは名門ジュリアード音楽院に在学し、人気実力を兼ね備えた優勝大本命のマサル・カルロス・レヴィ・アナトール。

そして、今は亡き“ピアノの神様”の推薦状を持ち、突如として現れた謎の少年、風間塵。国際コンクールの熾烈な戦いを通し、ライバルたちと互いに刺激し合う中で、亜夜は、かつての自分の音楽と向き合うことになる。果たして亜夜は、まだ音楽の神様に愛されているのか。そして、最後に勝つのは誰か?

  引用:『蜜蜂と遠雷』公式サイトより

 

主な登場人物はコンクールに挑む4人。

 

小さい頃から母親のもとでピアノを習い、天才少女と言われていた栄伝亜夜

7年のブランクを乗り越えて舞台に立ちます。

 

再会したマサルも、かつては亜夜と同じピアノ教室で習っていた仲間でした。

見事な実力を備えて、コンクールの大本命として登場します。

 

高島明石は、家族持ちのサラリーマン。

楽器店に務めながらもわずかな時間をピアノの練習にあてて、生活者の音楽を届けようとします。

 

そして、若きしてその才能を惜しみなく発揮する風間塵

彼は亡きピアニストのホフマンが見い出した人物ながら、新しい風を巻き起こします。

 

小説と映画

 

小説『蜜蜂と遠雷』は史上初の直木賞・本屋大賞のW受賞の大作長編です。

映像化不可能と言われていた作品がどういう風に映画化されたのか、とても気になっていました。

始めから終わりまでずっと音楽コンクールの話で、実際にはない音楽も出てきます。

小説『蜜蜂と遠雷』の面白さは、そのコンクールに出場する4人の演奏風景と、その背景が綿密に描かれているところでした。

 

私にとっては、自分の空想の中で、人物やそのコンクールの場面を想像しては、頭の中で音楽がずっと奏でられているように、読むことができた本でした。

 

でも、本を読んで私は「こんなコンクールがあったら、絶対に聴きに行きたい!」と思ったのです。

 

それほど、クラシックに詳しいわけでもありませんが、何度か聴きに行ったことがあります。

やっぱり、生演奏は素晴らしいのです。

 

ですから、今回の映画化はとても楽しみにしていて、この大作をどうやって2時間にまとめているのかも、気になっていました。

 

▼ネタバレあります。気になる方はこの後は飛ばしてください。

『蜜蜂と遠雷』映画の見どころ

 

 

私が感じた映画の見どころです。

  • 「春と修羅」を弾くシーン
  • 亜夜と塵の連弾
  • 高島明石の生活者の音楽

 

・「春と修羅」を弾くシーン

課題曲で「春と修羅」を途中からカデンツァ(即興演奏)で弾くシーンがあります。

宮沢賢治の詩に想を得た新曲となっているのですが、このカデンツァを演奏者は自分で

作曲して演奏するのです。

この一人ひとり違った演奏は見もの、聴き応えがあります。

カデンツァとは、主として協奏曲のエンディング(終曲)部分に演奏されるアド・リブ風のソロ(独奏)を指す。高度のテクニックを必要とするものが多い。また、カデンツァは、終止形(ケーデンス)の意味で使われる事もある。

引用:音楽用語集より

 

実際のコンクールでカデンツァで弾くことはないらしくて、ここは著者の恩田陸さんのアイデアの凄さらしいです。 

そして、その恩田陸さんの求める音楽を実際に作曲された藤倉大さんも素晴らしいですよね。

 

・亜夜と塵のセッション

亜夜と塵が1台のピアノで連弾をするシーンがあります。

部屋の窓から見える月を見ながら奏でる音楽は、月をイメージした数々の曲。

クラシック音楽に詳しい方なら、全部わかるかな?

いつも、ピアノを楽しそうに弾く塵につられるように、亜夜もピアノを楽しそうに弾き、そんな2人の姿に微笑ましくなります。

 

高島明石の生活者の音楽

普通の生活をしている社会の上でわかる音楽を表現したい」と、自分のピアノ演奏に思いを乗せる明石なのですが、

コンクールでは成果が出なかったように見えても、実際のところでは、その音楽に心を揺さぶられた人がいたのです。

 

『蜜蜂と遠雷』映画の感想

 

私は、本で先に読んでいるから理解しやすかった部分もあるかも知れません。

ですから、本を読まれていない方が、どこまでその登場人物たちの背景や思いをとらえることができるのかは、何とも言えません。

が、本当に演奏を聴きに行っている感動は味わえました。

 

コンサートを聴くことが好きな方なら、楽しめるのではないかと思います。

 

音楽の才能について、恩田陸さんはこう述べています。

ソロで発揮される才能、室内楽で発揮される才能、教えることで発揮される才能。

最年長で出場した明石のように、ただ「弾き続けたい」と一途に思えることだって才能。

 

舞台で堂々と音楽を奏でられるのも才能、そんな才能を持った音楽家たちには、これからも観客を感動させて欲しいと思います。

 

ラストのそれぞれのコンチェルトの演奏は、本当に素晴らしかったです。

オーケストラに合わせてピアノを弾くコンチェルト。

実際にピアノを弾かれているのは、もちろん、別のピアニストの方々で、俳優さんたちの演技とギャップが感じられるのは仕方がありません。

合わせるのは、本当に至難の業だと思います。

 

でも、本当のコンクールだとなかなか手元まで見れませんが、その手の動きも見ながら演奏を聞くという経験も映画ならではだと思いました。

 

最後に

正直に言って感動しました

2時間、ずっと音楽に浸っていられます。

そして、もう一度ラストのコンチェルトを聴きたいです。

 

あと、

ずっとホールのステージマネージャーとして出演者たちを見守ってきた田久保さんの、しみじみと伝わるあたたかさが、映画全体の雰囲気を優しくしてくれています。

 

ラストで亜夜に声をかけた「栄伝さん、時間です。」では、感極まって泣いてしまった私です。

 

この『蜜蜂と遠雷』はピアノコンクールの話ですが、蹴落とし合うのでなく、支え合って、温かく見守り合って、それぞれが苦悩を乗り越え、道を開いていきます

 

そんな話が好きな方には、とてもおすすめの映画です。(^^)

 

『祝祭と予感』

そして、『蜜蜂と遠雷』のスピンオフの短編小説集が発売されたそうです。

『祝祭と予感』 

もちろん、私も買って読みますよ。

 

ありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング