光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

ホテルからお礼の手紙が手書きで届いた!お客様に書きたい手紙とは?

2月に娘と三重県のナガシマリゾートに行き、ホテルナガシマに泊まったのですが、とても素晴らしいホテルでした。

ホテルの感想を書くアンケートがあったので、家に持って帰って記入して投函しました。
旅の内容もホテルも大満足だったので、その喜びを伝えたかったのです。

すると、後日ホテルナガシマの支配人さんから、お礼の手紙が届いたんです。
ビックリでした!

ホテルから届いた手紙を紹介します。
また、お客様や誰かに手紙を書く時の参考になる本も紹介します。

ホテルからお客様への手紙はうれしい

ホテルナガシマからのお礼の手紙

お礼のお手紙が封書で届きました。
ナガシマリゾートのホテルの栞も一緒に入っていました。
2,3行ではなく、支配人さんが手書きで、ちゃんと文章を書いてくださっています。
達筆です。(達筆すぎて読むのに時間がかかる私・・・)

手書きのお礼のお手紙、やっぱり感動しました。
実際にホテルナガシマさんはとても満足できたホテルだったので、その事を伝えたくてアンケートに記入して送ったのですが、こうしてお返事が届くとは思っていませんでした。
また泊まりたい、と思いますよね。

ホテルナガシマは、なばなの里に行きたくて探したホテルだったのですが、すべてが良くて、娘にとっては「今までで1番よかったホテル」だそうです。

www.mitsu-note.com

お客様に書きたい手紙とは?

一筆箋とそえぶみ箋

お客様への手紙って難しそうですが、私も仕事で書いたことが何度かあります。
その時は、お客様に送る資料に添える一筆箋に書くことが多かったですね。  

喜んでいただいたこともあります。

実話でこんな話があります。
銀行員の女性の方が、お客様によく御礼のおハガキを書かれていたそうです。
ただのセールスだけでなく、親身でていねいな手紙はお客様にとても喜ばれて、その銀行員の女性の方は好感を持たれていました。
退職される時に、お客様から花束やプレゼントをたくさん頂いたそうです。
一人の銀行員の女性の退職で、とても珍しいことだったそうです。

心を込めた手紙はうれしいですよね。

仕事上のお礼だけでなく、対応した時に気づいたお客様の体調や日常の変化に、さりげなく気遣う文章を書かれていたのではないでしょうか。

手紙が書きたくなる本

手紙を書く暮らし

私も字を書くことが好きだし、手紙をもらうこともうれしいです。
今でもメールではなく、友だちに手紙を書きたくなって送ることがあります。

本当に思いを伝えたいとき、感謝を伝えたいとき、お礼を伝えたいとき、手紙を書きたくなります。

そして、友だちから手紙が届くこともあります。
手紙が届くととてもうれしいです。
だって、私のことを考えながら書いてくれたってことだから。
忙しい時間の中で、ちょっとでも私のことを思い出してくれたんだ、と思うだけでうれしいです。

メールやLineでもそうなんですけどね。
相手がいないと送ることができないですもんね。
でも、手書きだと余計に思いが伝わるような気がするのです。

最後に、読むと手紙が書きたくなる本を紹介します。
私も好きで、つい買ってしまうむらかみかずこさんの本です。

『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』

一筆箋の使い方がたくさん紹介されています。
ビジネスシーンでの使い方も、これでバッチリ!

『おとなの手紙時間』

この本を読んだら、きっとレターセットを買いに行って、手紙が書きたくなります。 文章と文字のつづり方、切手の選び方、文房具の使い方も合わせて紹介されています。

『そえぶみ箋の使い方』

小さな一筆箋、そえぶみ箋は使って楽しい、もらってうれしい。 楽しい使い方がたくさん詰まった本です。

最後に

旅行で泊まったホテルからお礼の手紙が手書きで届きました。
達筆で書かれた支配人さんからの手紙です。
とてもうれしかったので、紹介しました。

合わせて、お客様に手紙を書くことについても、お話させていただきました。 

私も手紙を書くことが好きです。
メールやラインの時代になっても、たまには手紙を書きたいと、思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング