光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

気持ちの整理や洗い出しにも【朝日記】おすすめのモーニング・ページ

こんにちは。

 

皆さんは日記を書いていますか?

最近は書かない人が多いかもしれませんね。

 

でも日記を書くといくつか効果があるのをご存知ですか?

そして、日記を書くにもただ書くだけでなく、書く時間やポイントがあるのです。

 

私はモーニング・ページと言う方法で朝日記をつけはじめて約8年がたちました。

 

今日はそんな日記について、私の思うことも含めていろいろと紹介してみたいと思います。

 

もくじ

 

日記を書く習慣

f:id:mitsu5858:20190629092722j:image

 

私と日記

私は子どもの時から何でも書くことが好きでしたので、日記、またはその様なものをずっと書いてきたように思います。

 

昔は「日記はその日に会った出来事を夜に書くこと」と思っていたので、毎日書けなくても、書ける日は1日に2、3時間位かけて、こと細かく書いていた記憶もあります。

 

 社会人になったら手帳を使いはじめたので、それに記録するようになり、結婚したらまた日記をつけて、子どもができたら子どもの成長を日々記録するようになる、といった感じでした。

 

日記にまつわる本

その後、日記にまつわる本が出たら、気になっていろいろ読んできました。

   

 そして、現在は日記というよりも、自分の気持を全部書き出すために1冊のノートを使っています

そのノートはモーニング・ページと言います。

この本から学びました。

 

『ずっとやりたかったことを、やりなさい。』

著者 ジュリア・キャメロン

2001年 サンマーク出版より発行

ずっとやりたかったことを、やりなさい。

どんな人でも、何歳からでも、創造的に生きられる。忘れていた夢をかなえた人、続出!全米で25年間愛されつづけるロングセラーの完全版がついに登場!「50歳からスタートして脚本家になった!」「アーティストになった」「イライラしなくなった!」と大評判。毎日をもっと豊かに、パワフルに、自分らしく生きるための12週間の旅。

引用:Amazonの内容紹介より

 この本『ずっとやりたかったことを、やりなさい。』は、簡略すると「自分の中にある創造性を引き出して、育てて、生活を豊かに暮らそう」という内容で、そのために課題を設けていますが、すすめている基本はひとつです。

 

創造性が回復するプロセスをあるがままに観察し、記録する。ただ、それだけである。

創造性とは一つの体験である。

 

そして、その基本ツールとしてあげられているのが 

モーニング・ページ です。

「朝の時間に、意識の流れをありのままに手書きで綴ったもの」です。

 

 おすすめのモーニング・ページ

書くことは何でも良いのです。

 

モーニング・ページのポイント

  • 朝に思い浮かぶままに手書きで書く
  • 3ページを埋める

 

 日記は朝に書くほうが良い

日記は夜に書くものだと思っている人がまだ多いでしょうか?

でも、朝に書くほうが良いと、数年前から言われています。

 

何故、朝に日記を書くと良いのか?

  • 頭が(脳)が新鮮なうちに自然と湧いてくる考え(思い)を書き出せる
  • ネガティブな感情よりポジティブな感情の方が出やすい
  • 未来に向かって書くことで希望が湧いてくる
  • 過去(昨日)の振り返りも冷静になって考えられる
  • そして、今日、1日の始まりに感謝できる

 などがあげられます。

人によって様々でしょうが、私が思うには、夜に日記を書くと疲れた頭で書き、寝る時にも引きずってしまいそうです。

 

3ページ書く

『ずっとやりたかったことを、やりなさい。』では、ノートの3ページが埋まるまで書きましょう、と述べられています。

 

書いてみるとわかるのですが、3ページを埋めるのはなかなか難しいです。

本では、そんな時は「何も思いつかない」と書き続けてもいいので、とりあえず3ページを埋めることをすすめています。

 

そしてモーニング・ページを書きはじめたら「最初の8週間は書いたものを見直さないこと」と述べられています。

9週目に8週間分の書いたものを見直してみましょう。

どんな気づきがあるでしょうか?

 

私がこの本『ずっとやりたかったことを、やりさない。』を買ったのは8年前で、それから、休日や朝の家事を済ませた後など、時間があるときに、モーニング・ページを書いてきました。

お気に入りのノートや日記帳を見つけては書いてきて、もう何冊にもなっています。

私も思い浮かぶままに自由に書いています

今は、ページ数も気にせずにとりあえず、朝の時間ができた時に書いています。

 

朝日記(モーニング・ページ)の効果 

アイデアが出る

書いているうちに「あ、そう言えば!」とアイデアが思いつくこともあれば、昔の記憶がよみがえってきて、「〇〇をしたら結果〇〇だった!」みたいなことも思い出したりもします。

 

本心や夢がわかる

心に浮かぶことをただ書いているだけで、「本当はこんな気持だったんだ」と気づくことがあります。

そして、自分が本当にやりたかった事が見えてきたりもします。

 

ストレス解消

ブログを日記代わりに書く人もいるようですが、ブログは人に見られるので、自分の気持を全部書き出せませんよね。

 

その点、日記やノートは自分の気持を全部吐き出すことができます。

そう、ストレス解消(デトックス効果)にもなるのです。

 

もし、前日から引きずっているもやもやした気持ちがあったら、それもモーニング・ページに書き出して良いのです。

書いているうちに冷静になってきたりもしますよ。(^_^;)

 

最後に

 私も今後、今よりも朝の時間もできそうなので、またできるだけ毎日モーニング・ページを書きたいと思っています。

 

先日「クマのプーさん」展で買ったノートはモーニング・ページ用にします。(´(ェ)`)

 表紙と裏表紙の裏は百エーカーの森が描かれていました。

f:id:mitsu5858:20190628162257j:image

 

f:id:mitsu5858:20190628162304j:image

 

お気に入りのノートを見つけては、朝日記(モーニング・ページ)を書いてみませんか?

 

モーニング・ページを書き続けた人が得られた効果は、人によってそれぞれ違うそうです。

 

そして、もっと詳しくモーニング・ページを知りたくて、いろいろな課題にも取り組みたい方、興味をもたれたら『ずっとやりたかったことを、やりなさい。』を読んでみて下さいね。

 

興味を持ってもらえたら、ポチッとクリックお願いします。(^^♪

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村