光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

飛鳥寺の見どころは写真撮影がOKの飛鳥大仏!オススメランチも紹介

奈良の飛鳥寺で拝観できる立派な飛鳥大仏は写真撮影がOKなんですよ。

飛鳥寺は明日香村へ行ったらぜひ寄りたいオススメ観光スポットです。
飛鳥大仏は迫力がありますが、あたたかくて魅力的な仏さまです。

仏像を見るのが好きな方なら、双眼鏡を持って行かれると細かいところまでよく見えて、より楽しめますよ。

飛鳥寺の見どころと拝観情報をお伝えします。

写真がOKの飛鳥寺の飛鳥大仏

飛鳥寺

飛鳥寺は、596年(推古4)に蘇我馬子によって建てられた本格的な伽藍配置の日本で最初の大寺院です。

ご本尊は飛鳥大仏(釈迦如来像)は日本最古の仏像

飛鳥大仏

年代のわかる現存の仏像では日本最古のものと言われている飛鳥大仏
高さは約3メートル、銅15トンに黄金30キログラムを用いて造られました。
平安・鎌倉時代の大火災で全身羅災、候補を受けるものの、概形には飛鳥彫刻らしい形をとどめ、細部にもかなりはっきりした飛鳥の特徴を伝えています。

何とこちらの飛鳥寺では、どこも写真撮影がOKなのです!

飛鳥大仏

「どうぞ、横からも撮ってくださいねー。」と言ってもらい、いろんな角度から撮りました。
(^^)
何とも存在感がありますよね。また、温かく見守ってくれているようなやさしいお顔なんですよ。

こちらの飛鳥大仏、修復されながらも、ずーっとこの場所から動いていないんだそうです。
飛鳥大仏が安置されている石造台座は創建時から動いていなくて 飛鳥時代から同じ場所に安置されていることがあらためて確認されているのです。 

ず~っと同じ場所から見守ってくれていると思うと、何ともありがたい気持ちになります。

阿弥陀如来坐像・聖徳太子孝養像

飛鳥寺

ほかの仏像も写真撮影できます。

中庭

飛鳥寺 中庭

蘇我入鹿の首塚も見ることができる

 蘇我入鹿の首塚

飛鳥寺を作った蘇我氏は、蘇我馬子の子供、蝦夷と入鹿の時代に、中大兄皇子と中臣鎌足によって討たれ没落します。
蝦夷の子の蘇我入鹿は、皇極天皇に仕えて権勢を振るい、山背大兄王の一家を滅ぼして権力を持つが、乙巳の変(いっしのへん)にて中大兄皇子らに暗殺されました。
蘇我入鹿は、飛鳥板蓋宮の大極殿において討たれ、その首は討ち捨てられたと言われています。

その非業の死を遂げた蘇我入鹿の首塚が、飛鳥寺の境内の外で見ることができます。

飛鳥寺の拝観情報

 名称 飛鳥寺
住所 〒634-0103 高市郡明日香村飛鳥682
TEL 0744-54-2126
拝観時間 09:00~17:30
10月~3月は17:00まで
※受付は各15分前まで
拝観料 大人・大学生:350円
高校生・中学生:250円
小学生生:200円
アクセス 近鉄 橿原神宮前駅東口から明日香周遊バス「飛鳥大仏前」下車 徒歩1分
駐車場 あり(20台)
バス大型:3,000円、中型:2,000円、普通:500円
地図

2019年5月の情報です。

明日香村でランチが食べたい人にオススメ

私たちは飛鳥寺を拝観したあと、お昼のランチを食べに明日香の夢市の夢市茶屋へ行きました。

夢市の夢市茶屋

古代米や野菜料理などを中心に、村内の食材をふんだんに使ったお食事処です。
石舞台公園を眺めながら、緑の空間と木の香りが心地よい時間を演出します。
明日香の間伐材を使ったテーブルセットで、落ち着いた雰囲気が漂う店内。
さわやかな風、ふり注ぐ太陽の光、季節を彩る花々…。
季節ごとに替わるメニューとともに、目の前に広がる明日香の自然もお楽しみ頂けます。

https://asukadeasobo.jp/wp-content/themes/tmpl/img/upload/017_25.jpg 

国営飛鳥歴史公園・石舞台芝生広場からは、スロープで店内へお入り頂けます。
引用、写真:HPより

ランチの古代米御膳

飛鳥の夢市茶屋 ランチ

私たちは古代米御膳をいただきました。

「古代米」を使っためずらしいごはんと呉豆腐、季節野菜をふんだんに使ったおかずなど、ヘルシーながら盛りだくさんのお食事1,080円
※季節により、メニューは異なります。詳しくはお問い合わせください。

たくさんのお惣菜が付いた定食です。
古代米もお惣菜もどれもおいしく、また体にも良い素材がうれしいです

また、自然の中のレストランで、店内も明るく広く開放感があり、気持ちよくお食事ができます。

農村レストラン夢市茶屋の情報

営業時間  午前11時~午後4時(土・日・祝日は午後5時まで)
営業日  年中無休(年末年始は除く)

奈良の明日香村の他の観光スポット

奈良 飛鳥

明日香村は、奈良県の中央部に位置する村です。
周りを丘や山に囲まれた小さな盆地にあり、奈良県橿原市・桜井市・高取町・吉野町と隣接しています。

私たちは、岡寺と橘寺にも訪れました。

岡寺

日本最初やくよけ霊場・西国第七番 岡寺

橘寺

公式サイトはありません。

橘寺|奈良県観光[公式サイト] あをによし なら旅ネット|明日香村|山の辺・飛鳥・橿原・宇陀エリア|神社・仏閣|神社・仏閣

明日香村まで来たら、ほかにもまわれるところは寄りたいですね。

お寺の拝観に双眼鏡があれば、もっとよく見える

f:id:mitsu5858:20190615222049j:image

最後に、仏像拝観におすすめのアイテムを紹介します!
双眼鏡です。
これがあれば、離れた仏像の細かいところまでよく見えます。
美術館巡りの絵画鑑賞にもおすすめアイテムです。

 

この双眼鏡があれば、遠くの仏像のお顔までよく見えます。

最後に

奈良県の明日香村のオススメスポットの飛鳥寺とランチを紹介しました。

書いているうちに、またどこかのお寺へ行きたくなりました。
次はどこのお寺へ行こうかな~。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村