光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らせるヒント。大好きなもので人生をスクラップするように。

うどん好きは知っている!?【五島うどん】オススメの食べ方は【地獄炊き】あごだしは絶品!

こんにちは。

冬に作って食べるもので、温かいおうどんもホッとする一品ですよね。

おうどんと言えば、讃岐うどんが有名ですが、我が家がよく食べるうどんは

五島の手延うどん です!

 

日本三大うどんの1つ 五島うどんは五島列島の手延べうどん

 

今日のテーマは

おすすめ五島うどん

 

五島うどんは日本の三大うどんの1つとも言われています。

  • 讃岐うどん(香川県)
  • 稲庭うどん(秋田県 稲川町)
  • 五島うどん(長崎県 五島市)

(でも、この三大うどんには諸説あるようです。)

 

でも 五島うどんを知らない方も多いのではないでしょうか。

まず、五島列島の紹介から。

 

五島列島 

長崎と五島列島の地図

長崎県の西に位置する、大小約150近くの島々で、大きくは中通島、若松島、奈留島、久賀島、福江島の5つの島からなります。

 

五島列島の美しい海

 

どの島も美しく豊かな公園があり、島の全域が「西海国立公園」という国指定の国立公園になっているほどの素晴らしい景観をもちます。

また、キリスト教とも深い縁があり、島のいたるところに教会が存在し、様々な作りの教会は、島の自然と融和し美しく、厳かな雰囲気を醸し出しています。

そんな、自然と歴史を堪能することができる島なのです。

 

五島列島 頭ヶ島の教会

 

素敵な場所ですね。

私も教会巡りをしてみたいです。

 

そして、その特産品の1つが五島うどんです。

 

五島うどん 

 

五島の風土に恵まれ、歴史と伝統に培われた自然食品。

遣唐使の時代に、五島列島に伝わったと言われています。

 

特徴 

 

1.コシの強さ

五島うどんは、島の特産である食用の椿油を塗布しながら、棒状の生地を2本の箸にかけて引き延ばしては束ねる作業を繰り返して紐状の細い麺にしていく。

そして、この過程でしっかりと熟成を重ねたあと乾燥させる。

これによって、コシが強く、切れにくい五島うどん特有の麺へと仕上がる。

 

2.滑らかで喉ごしのよい食感

白磁のように艶があり、プルンと滑らかな食感。

麺自体の持つ豊かな風味と椿油が調和して、シンプルでありながらも、奥深さを引き出している。

 

こだわり

1.何度も重ねる熟成が命

小麦粉と水、海塩を混ぜ合わせる「練り上げ」に始まり、足踏みで生地を延ばし、いくつもの工程を経て、棒状から棒状へと麺を徐々に細くしていく。その手間隙かけた工程の中で、何度も生地を熟成させる。

 

2.島の名産・椿油を使用

生地を延ばしていく過程で、麺同士が付着しないように使用しているのが、五島列島特産の食用椿油。

椿油はオレイン酸を豊富に含有しており、麺の酸化を防ぐ効果があるとも言われている。

椿油は世界ではカメリアオイルと呼ばれ、オリーブオイル、ホホバオイルに並ぶ世界三大オイルと呼ばれるほど有名なオイルで、非常に有能、健康と美容にもよい。

 

3.あごだしとの相性は抜群

長崎では「あご」と呼ばれる「飛魚」を炭火で焼き、乾燥させて作る「焼きあご」でとった上品なだし。

香り、味とともに深みのある上品なだしで、絶品。

 

このあごだしが、本当においしいのです。

 

↓ 上記の記載は、こちらのHPを参考にさせていただきました。

www.goto-udon.jp

 

又、五島うどんの食べ方ですが、なんと言ってもおすすめは「地獄炊き」

 

地獄炊き 

 

お鍋でたっぷりのお湯で麺をぐつぐつと煮たら、そのまま鍋ごとテーブルへ。

鍋から直接うどんを取り、あごだしにつけて食べると言うシンプルな食べ方。

 

コシが強い五島うどんだからこそ、麺がのびずにできる食べ方です。

 

主人が五島列島の出身なので、田舎からよく送ってくれるのです。

 

まだ、食べたことがない方は一度ご賞味あれ。

 

食べ方は、地獄炊き以外にも、茹でたうどんをお皿に盛り、生卵(卵黄)を乗せ、しょうゆとかつお節をかけて食べるのもおすすめ!