光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

文房具好きにおすすめの本『惚れぼれ文具』小日向京さんの字が好き

書くことが大好きで、文房具が大好きなので、そういった雑誌をつい買ってしまいます。
「趣味の文房具」た「愛しの文房具」など。
そんな雑誌によく登場するのが小日向京さん
とても魅力的な字を書かれる文具ライターです。
小日向京さんは文字を縦書きで書かれることが多いのですが、その字がとても個性的で私は大好きです。

その小日向京さんがおすすめの文具を紹介される本が発売になりました。
文具好きにはたまらない、小日向京さんの字もたくさん見られる本『惚れぼれ文具』の紹介です。

小日向京『惚れぼれ文具』は文房具好きにはたまらない

新刊『惚れぼれ文具 使ってハマったペンとノート』 小日向京

毎日文房具の中で仕事ができると幸せだろうなーと思います。
好きなノートとペンで自由に書き、それが商品になる、なんて憧れです。 

そんな憧れのお仕事をされているのが小日向京さんですが、

この度、待望の一冊が発売となりました! 
『惚れぼれ文具 使ってハマったペンとノート』

改めて小日向京さんがどんな方か紹介します。

文具ライターの小日向京さんとは

小日向京さん、文具好きなら知る人ぞ知る文具ライターです。
文字を書くことや文房具について、その独特の感性と字体で語られ、ファンの心(私の心)をわしづかみしている。
エイ出版社刊『趣味の文具箱』にて執筆連載中。

文具アドバイザーとしても活躍されています。

個性的な手書きの字は縦書きも多い

小日向京『惚れぼれ文具』の紹介

本の中身をちらっと中身を紹介。

いかがですか?
小日向京さんの文字は素晴らしい縦書きで、とても個性あふれる文字です。
ずっと見ていられます。(人´∀`).☆.。.:*・゚

私は、小日向京さんの文字こそ“惚れぼれ”していまいます

小日向京『惚れぼれ文具』の内容は?

小日向京さんの『惚れぼれ文具 使ってハマったペンとノート』
枻出版社
定価 1500円(税抜き)

筆記具と紙と手が、
そして思考までもが一体となって
1つのことに突き進んでいくような感覚を得ると、
文具に背中を押してもらったような気持ちになって、
その道具をずっと使い続けたくなるものです。

ーその文具とともに日々を過ごすことが嬉しく、
あらためて手に取り眺めるたびに、
心から惚れぼれしてしまう。
その思いは、毎日に新たな活力をもたらします。 

この本では、日常の様々な場面で
「惚れぼれする気持ち」を抱かせてくれる
ペンと紙製品を紹介します。
引用元:帯(はじめにのページより抜粋)より

小日向京さんの文具に対する熱い思いがたっぷり詰まった1冊です!

1章 書くもの
2章 紙もの
に分かれて紹介されていて、所々でコラムも入っています。

ほぼカラーの159ページです。

書くもの
書くものの紹介では、色々なペンの書き心地、ペンの色や鉛筆の削り方まで、いろいろ盛り沢山な内容になっています。

万年筆についても詳しく紹介されているので、これから万年筆を買おうかなーという方の参考にもなると思います。

紙もの
紙ものでは、手帳やノート、日記帳などのこれまたあらゆる紙ものを紹介してくれています。

まとめ

小日向京さんの『惚れぼれ文具』を紹介しました。

この『惚れぼれ文具』1冊で、様々な文具の使い方がわかります
そして、また文具が欲しくなります。^^

興味を持たれたら、是非、手にとって見てみてくださいね。