光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

来年の手帳の選び方【使い方・書き方】おすすめは?比較と使った感想

こんにちは。

 

手帳大好き、文房具大好きです。

来年の手帳を選ぶ時も、秋から陳列される手帳のコーナーで、ひと通りチェックしないと気がすまなくて。  

で、決めるまで、いろいろ悩んでしまいます。

今まで、いろいろなタイプの手帳を使ってきました。

そして、最終的に決めた手帳はどれでしょう?

 

いろいろある手帳の紹介と、私がそれぞれの手帳を使った感想を記事にしました。

どの手帳を買おうか悩んでいる方がいたら、よければ参考にしてみてください。

 

  

来年の手帳の選び方

来年の手帳は?

マンスリー手帳

月刊スケジュールだけの薄型の手帳。

メモのページが付いていたりします。

 

私はマンスリーだけの手帳は物足りず、いつも購入せずスルーです。

 

ウイークリー手帳

1週間のスケジュールが横に区切られているタイプの手帳。

このウイークリーの手帳はよく使ってきたタイプです。

仕事用の手帳もいつもこのウイークリーを選んで使ってきました。

左のページに予定を書き、右はメモが書けるページのタイプが私は好きです。

 

バーチカル

1週間のスケジュールが縦割りで区切られているタイプの手帳。

 バーチカルは日々の行動ログ用として使われる方も多いですよね。

 

バーチカルタイプでは人気の商品がジブン手帳です。

ジブン手帳

私も使ったことがあります。

セットでは一生使い続けられる情報を記録できるLIFEという冊子がついています。

翌年からはダイアリーの部分だけ購入すればOKです。

 

www.kokuyo-st.co.jp

 

このジブン手帳のバーチカルのスタイルは好きだったのですが、私には紙質が薄くて合いませんでした。

 

デイリー手帳

1日のスケジュールが1ページに記入できるようになっている手帳です。

いろいろなメーカーから販売されています。

人気の商品では

ほぼ日手帳

 

モレスキン

 

EDiT

があります。

私も全部、使ったことがあります。

 

デイリー手帳、最初の使い始めは楽しいんです。

でも、だんだんと書けなくなってくんです・・・。

日にちを決められた1ページを埋めていくのが、だんだん義務のようになってしまって、楽しめなくなるんです。

なので、デイリー手帳を使うことは数年前に諦めました。

 

2020年の手帳を探す

 

それでも、1日にあったことをたくさん書きたい、もらった紙ものをペタペタ貼るのも好き、イラストも描きたい

そして出会ったのがバレットジャーナルでした。

 

自由に書ける自作手帳は

バレットジャーナル

好きなノートに自分でスケジュールの枠組みから記入して作り、自由に書いていける箇条書き手帳術です。

スケジュール以外にも何を書いてもいい、使い方は自由自在。

ただ、最初のページにインデックスをつけることがポイントです。

 

ニューヨーク在住のライダーキャロルさんが考案されたもので、今や大人気で、バレットジャーナル用の本や雑誌もたくさん発売されています。

 

「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル

 

バレットジャーナル活用術

 

そして、ノートも好きなノートで何でも良いのですが、おすすめはこれです!

ロイヒトトゥルム

 

このロイヒトトゥルムはインデックスのページがついているので、とても便利です。

あとは、好きなようにカスタマイズするだけ。ブログみたいですね。(*^^*)

中のページのタイプは無地に方眼、ドットに横罫です。

私はドットが好きです。

カラーもいろいろあるんですよ。

私も買って早速作ってみました。

 

自由に書けるバレットジャーナルは、書くことが大好きな私にピッタリ!と、今年の春からすごく楽しんで書いていました。

が、そのうちスケジュールの枠組みを自分で作るのが億劫になってきて…。

今は放置しています。(>_<)

でも、またいつからでも始められるのが、バレットジャーナルのいいところでもあるので、そのうち再開するかも。

 

それぞれのページをおしゃれに書けるデザインはいろいろなサイトやインスタでも紹介されています。

 

お気に入りの手帳

トラベラーズノート

私のトラベラーズノート

トラベラーズノートは大好きな手帳です。

使い始めて2年くらいですが、去年もトラベラーズノートにマンスリーとウイークリーとバーチカルのリフィルをセットして使っていたのです。

持ち運ぶ時には、リフィルだけ外して持って行けるし、無地のリフィルも使えますしね。

ウイークリーは半年ごとに、交換なのですが、それも半年ごとに振り返りができて、後ろの無地のページにそれぞれの記録をまとめてできるのも良いかなと思います。 

 

手帳としてでなく、ノートとしてもトラベラーズは気に入っています。

紙質も良くて私の1番好きなタイプで、万年筆でも大丈夫です。

 

画用紙のリフィルもあるのですが、こちらはスケッチにぴったりです。

水彩絵の具で色も塗れます。

 

▼トラベラーズノートの私の使い方についての記事も書きました。 

www.mitsu-note.com

 

私は今は、トラベラーズノートに将来の夢やそれに伴った目標予定などを書き込んでいっています。

これからはそう言った目的で使ってみようかと思っているのです。

 

じゃあ、結局のところ、どの手帳に決めたの?  

SUNNY SCHEDULE BOOK

私のSUNNY手帳

そして、来年の手帳は、SUNNYの手帳を使ってみることにしました。

 

初めて使うのですが、これ一冊でいろいろ書けるし、ノートのページも多くてたっぷり書けます。

また、使ってみた感想などを紹介したいと思います。

    

   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 

2019年にSUNNYの手帳を使ってみての感想をこちらで紹介しています。

 

www.mitsu-note.com

 

SUNNYは使った結果、とても気に入っています。

紙質も私が好きなMD用紙、メモのページもたっぷりあるのがうれしいです。

 

私にとって手帳とは

毎年、手帳は少なくても2冊以上は使ってきました。

仕事用と、プライベート用です。

「手帳は分けずに1冊にまとめたほうが良い。」という声もよく聞きます。

が、仕事柄、顧客管理も手帳に書いたりするので、私は分けています。

 

私が来年の手帳を決めるまでにあれこれと悩んだ経過を綴ってみました。

これまで10年以上、人気の手帳は一応一通り手を付けてきました。

そして、本当に自分にあったものを探し求めてきました。

でも、毎年また新作を見ると目を輝かしてしまうのです。

 

私にとって手帳は、仕事や生活のスケジュールを立てるのに役立つだけでなく、自分と向き合うための必需品でもあります。

 

プライベートの手帳では

  • リストを書き出し、完了してチェックを入れる時の小さな喜び
  • 未来の予定を書き込む希望
  • 計画を実行できた達成感
  • その時々の気持ちを一緒に綴る
  • 献立、買い物リスト
  • お金の管理

など何でも書くようにしています。

 

新しい手帳は、新しい年に希望を持って明るく迎えるためにも1冊あるといいですね。

まっさらな手帳に書きはじめるときのワクワク感がたまりません。

毎年一度は、その楽しみを持てるのですから。

 

そして、私はその年をお気に入りの手帳とともに楽しく過ごせたら幸せなのです。(*^^*)

 

▼手帳に関する記事を追加しました。(2019年11月)

 

www.mitsu-note.com

  

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング