光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らせるヒント。大好きなもので人生をスクラップするように。

『書店ガール5』を読んだ感想 【新社会人にもおすすめの本】ラノベとは?

 こんにちは。

 連休も明日までとなりましたね。

今日も、お天気は良さそうです。

 

今日は読み終えた『書店ガール5』を紹介したいと思います。

 

 

『書店ガール』とは

まず『書店ガール』ですが、著書は碧野圭さんで、本屋さんで働く女性が主人公のお仕事エンタテイメント小説です。

シリーズ本となっていて全7巻あります。

書店以外にも出版業界や作家さんとの交流など、本にまつわる話が中心となっていますが、恋愛模様や社会情勢が描かれている巻もあります。

 

『書店ガール5』 碧野圭 

『書店ガール5』を読んだ感想

 

『書店ガール5』のあらすじ

取手駅構内の小さな書店の店長に抜擢された彩加。しかし意気込んで並べた本の売れ行きは悪く、店員たちの心もつかめない。一方、ライトノベル編集者の小幡伸光は、新人賞作家の受賞辞退、編集者による原稿改ざん騒動などトラブル続きの中、期待の新人作家との打ち合わせのために取手を訪れる。彩加と伸光が出会った時、思わぬ事実が発覚し・・・・・・。書店を舞台としたお仕事エンタテイメント第五弾。

引用:裏表紙より

 

 ラノベとブンガク

『書店ガール5』の今回の副題(テーマ)は「ラノベとブンガク」

 

ラノベ

「ラノベ」とは「ライトノベル」の略語で、小説の分類分けのひとつ。

「軽小説」を原義とした小説の分類名である。明確に定義付けされてはいないが、若者向け、読みやすい文体、アニメ絵の表紙をしている物などがそう呼ばれやすい。

引用:ニコニコ大百科より

 

読んだ感想

『書店ガール5』を読んだ感想

 

 気になる方は

    飛ばして下さいねー。



『書店ガール3』から脇役で登場している彩加が店長となり、悩みながらお店の売り上げのこと、ともに働く店員との関係などに悩みながら、日々奮闘する姿に今回も読みながら応援していました。

そんな中、シリーズを通してずっと登場している伸光にはピンチが訪ずれ・・・。

新人賞と新人作家の売り出しに苦戦する業界の裏側も垣間見れ、これまでにも読んで感じていた出版業界の大変さも、また改めて思い知らされました。

 

著者の碧野圭さんは、作家になる前は、10年ほどライトノベル雑誌の編集者をされていたそうです。

 

『書店ガール』の中では実際の本の紹介がされることもあり、本や読書が好きな人にも人気の小説です。

そして、働く女性にとっても読んでいてためになる要素がいろいろあります。

 

また、『書店ガール』の魅力はそれだけでなく、書店員とお客様とのやりとりや、書店と出版社との取り引きや、出版社と作家との関係など、様々な人同士の交流をリアルに表現されているところにもあるように思います

そしてそれは、仕事に邁進していると、つい忘れそうになる誠実さ、思いやり、そういったものを思い出させてくれます。

 

感情なしでは人は動かせない。

 

今回の『書店ガール5』では、この言葉がぴったりくるシーンがたくさん出てきます。

 

 そして、いつも『書店ガール』のそれぞれの話の最後は何かしらのフェアで締めくくられるのですが、今回は新人作家の授賞式がラストシーンです。

(当たり前だけど)作家がデビューするまでって、これほど多くの人が携わって、応援して励まして、支えてやっと作品が日の目を見ることができるんですね。

 æ¬å±ã§åã女æ§ã®ã¤ã©ã¹ã

画像:いらすとや

 

 

 

解説より

「解説」(大森望氏)より抜粋して

出版界の現状はきちんと踏まえながら、一縷の希望に夢を託すのが碧野流。現実がどうあれ、小説だからこそ夢を描けるし、読者は主人公たちの努力と奮闘に惜しみなく拍手を送ることができる。長引く出版不況をバネに、力強いエンターティメントへと物語を飛躍させ、“それでもがんばる人々”を応援する。それが『書店ガール』の心意気なのである。 

 

 

最後に

『書店ガール』を今から読みはじめる方がいたら、私としては1巻で終えず、続けて読んでみて欲しいなーと思います。

続くにつれ、面白くなってきているからです。

 

既に『書店ガール6』も購入済みです!

 

 ▼以前の『書店ガール』に関する記事はこちら。

www.mitsu-note.com

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村