光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

本好きの悩み【積読】読みたい本が次々に出てくる!読書の時間を作る方法

本好きの悩みのひとつに積ん読があります。
積ん読(つんどく)とは、読みたい本を買って、読めずに積んだままにしておくことです。

どうして積ん読になるの?
買いたい本ってどんな本?

今日は、私の積ん読になる理由、本の読み方、そして今とても気になっている本までお話しようと思います。 

本が読みたい人の悩み【積読】

f:id:mitsu5858:20191118123014j:image

積ん読になる理由は、読みたい本が次々に出てくるからです。
すでに読んでいる本があるにも関わらず、新刊情報や誰かのおすすめの本を見聞きすると、読みたい衝動にかられます。
そしてすぐに読めるわけでもないのに手元に置いておきたくなるのです。
いつでもすぐに読める状態にしておきたいのです。

でも、ほとんどの場合、すぐに読むことはないんだけどね。
だって、他に読んでいる本があるから。

どんな本を買ってしまうの?

たとえば、こんな本をつい買ってしまいます。

  • シリーズ本
  • 映画の原作本
  • おすすめ本

途中でやめれないシリーズ本

シリーズ本は続きが気になっているし、絶対に読むので購入します。
最近、購入したのは小野不由美さんの「十二国記シリーズ」の新刊でした。 

www.mitsu-note.com

新刊が文庫本で出てくれるとうれしいよ。

シリーズ本のおすすめも紹介しています。

www.mitsu-note.com

www.mitsu-note.com

気になる映画の原作本

私は映画を観る前に、原作を読むのが好きです。
すでに、読んでしまっている本が、あとから映画になることも多いですね。
ハリーポッターや『天使と悪魔』などのラングドンシリーズは、先に原作を読みました。

ブログでも紹介した「オデッセイ」も、映画を観に行くと決めてから、小説を買って先に読んだね。

www.mitsu-note.com

 原作本のおすすめもいろいろあります。

www.mitsu-note.com

読んだ本に関連するおすすめの本

本を1冊読むと、その本から関連の本を読みたくなる場合もあります。
それが、今まで読んだことがない作家さんの本だったら、私はまずAmazonのレビューをチェックします。

そして、読まれた方の口コミが好評なら、

もう、読みたくて読みたくて仕方がなくなるんだよ。

それでも、なんとか購入を我慢しておさえるようにはしているのですが・・・。

積ん読を防ぎたい

積ん読を防ぐには、できるだけ買わないことです。

それができれば悩みはしないよ。

読み終えてから、次の本を買うと決められたらいいのでしょうが、私には無理です。

でも私の場合は、積ん読と言ってもたいていの本は、購入してから数ヶ月の間には読んでいます。
 (中には何年も置いている本もあるのですが・・・)

だから、解決策は買った本をどんどん読んでいくことなのです。

買ったらすぐに読みたい本はどんな本?

たまに、新刊で購入して、すぐに読んでしまう本もあります。

発売を待ちわびていた鈴木真奈美さんの本は、少しでも早く知りたい内容だったので、発売日に買いに行き、すぐに読みました。

www.mitsu-note.com

他にも知識本で読みたい本を手に入れたら、積ん読せずにすぐに読んでしまうこともあります。

半身浴で本を読む方法

外で働いていた時は、通勤の電車や一人の休憩中などは読書の時間でした。

家に帰ってからは、お風呂で半身浴をしながら読み、夜の寝る前にも少し読むのが日課でした。
よく、寝落ちもしていましたが・・・(。-ω-)zzz. . . (。゚ω゚) ハッ!

この時、私はそれぞれ別の本を読んでいます。
だから、いつもだいたい3冊の本を並行して読んでいるのです。
持ち歩いて外で読む本、お風呂で読む本、部屋で読む本です。

私は出かけた時の電車の中、カフェでは集中して読みやすいです。

本を読みたいけれど、家ではなかなか読みにくいという人もいるよね。
だったら、読みたい本を持って出かけることも、おすすめだよ。

そして、お風呂の中で読む本も意外に集中できます

湯船の中に入れた洗面器に座って、半身浴をしながら読んでいます。
お風呂のフタの上には、バスタオルを敷きます。
難点は、天井からポタポタとしずくが落ちてくることがあること。
だから、しっかりしたブックカバーがあると便利です。

厚紙で自分でカバーを作ってもいいよね。
汚れてもいいし。

私は今は仕事もしていませんし、家にいることが多いので、読もうと思えば読む時間はたっぷりあります。
でも家にいると、他にもやりたいことがありますし、誘惑に負けてしまうんですよね。
ただ、本を読むと決めたら、もちろんテレビはつけずに、読み出します。
読み始めると、続きが気になるので、いくらかは読めます。

もっと多忙な方でも、本を読まれている方はたくさんいます。

私は読書術のような本も好きなので、今までにいろいろと読んできましたが、著名な方でも読書をする時間を大切にされています。
そんな方々は知識本が多いでしょうが、まだまだ新しい知識を吸収しようとされる姿は尊敬します。

だから毎日、読書をする時間はとれるはずだと思うんだよ。

 

読みたい本が見つかる新聞広告

最近では、新聞をとっているご家庭も少なくなってきているかもしれません。
我が家でも「もうやめようかなー。」と言いながら、やっぱりスーパーのチラシも見たいし、何かしらの情報が得られるし、と言って新聞をとり続けています。

ニュースが読みたいわけではないんだね。(^_^;)

そんな新聞の下の方に、いつも本や雑誌の広告が載っているのですが、私が新聞で一番気にしているのは、この広告かもしれません。

この広告から、読みたい本が出てくることも多いです。

実は最近も見つけてしまいました。

f:id:mitsu5858:20191118123040j:image

大好きな原田マハさんの新刊が出るそうです!

それも、タイトルが『風神雷神』
アート小説で人気の原田マハさんですが、とうとう琳派まできましたかー。

琳派(りんぱ)とは、桃山時代後期に興り近代まで活躍した、同傾向の表現手法を用いる造形芸術上の流派、または美術家・工芸家らやその作品を指す名称である。
引用:Wikipediaより

風神雷神図が好きなんです。 

▼建仁寺の風神雷神図

f:id:mitsu5858:20191118123752j:plain

風神雷神図(ふうじんらいじんず)とは、風袋から風を吹き出し、下界に風雨をもたらす風神と、太鼓を叩いて雷鳴と稲妻をおこす雷神の活動の姿を描写する絵画である。
引用:Wikipediaより

尾形光琳や酒井抱一の作品もありますが、私はやっぱり俵屋宗達の「風神雷神図」が好きです

話が読書からそれてしまうので、風神雷神については機会があれば、また紹介したいです。(^^)

風神雷神 Juppiter,Aeolus(上)

風神雷神 Juppiter,Aeolus(上)

  • 作者:原田 マハ
  • 発売日: 2019/10/29
  • メディア: 単行本
 

『風神雷神』読みました!

www.mitsu-note.com

読みたい本が見つからない時は

読みたい本が見つからない人は、新聞広告で探すのもおすすめです。
Amazonのレビューも参考になるから、知っている作家さんの本をチェックしてみるのもいいですね。

まとめ

積ん読の悩みについて、本に対する気持ちをお伝えしました。
やっぱり、私の積ん読は止まりそうにはありません。
だから、読むしかないのです。(^_^;)

時間を見つけては、集中して読むことが大事ですね。
15分でも集中したら、結構しっかりと読めますよ。

読書の秋はもうそろそろ終わりそうだよ。

四季に関係なく、ずっと読書していたいの。

本日も、ありがとうございました。(^^)/~~~

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング