光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

猫のベランダ飛び出し(脱走)防止対策!手作りの柵を100均で作る方法

飼っている猫がベランダの網戸を開けてしまって困っていますか?

開けて、気づかないうちに出て行ってしまったら大変ですね。

 

解決する方法があります。

 

網戸の前にもう一つ柵をはめるのがおすすめです。

100円ショップで材料を購入して作ることができます

 

我が家にも猫が2匹いるので、窓を開けるときにはこの柵は欠かせません。

 

また、この柵は、猫が網戸を爪で引っ掛ける予防にもなります。

そのまま網戸だけにしていると、登ってしまいますしね。(-_-;)

 

我が家での猫の外への飛び出し防止策の手作り柵の紹介と、猫を閉じ込めてしまった失敗談をお話したいと思います。

 

 

猫のベランダ飛び出し(脱走)防止対策

狭いながらも3階建ての一戸建てなので、家の中では自由に動き回れるようにしています。

(トイレと洗面所、お風呂場を除いては)

 

猫たちはベランダにも興味あるようですが、一度出すとくせになり、出れるものと思うので出さないように気をつけています。

 

気候のいい時に、窓を開けて網戸にして風を通す時も、手作りの100均で作った柵でガードして、簡単に出れないようにしています。

f:id:mitsu5858:20190714233023j:image

 

この柵は網戸と窓で端を少し挟み込むようにして、設置します。

 

逃げ出し防止策

逃げ出し防止策

この柵をしていないと、猫は軽い網戸を開けてしまう可能性もありますし、よじ登るのを防ぐこともできます。

 

窓で挟めない時は、窓ロックを使って止めると安心です。

猫の逃げ出し防止策

旦那の手作りです。

 

脱走防止用の柵を100均で作る方法 

▼こういうネットを使います。

100均のワイヤーネット(ハンガーネット)を結束バンドでつなげて、またこれも100均の突っ張り棒を結束バンドで補強しています。

 

各窓の大きさに合わせて何種類も作りました。

大きさに合わせて、数枚組み合わせて 作るのです。

 

ですが、これだけ気をつけていても、猫たちは知らない間にそっと人の足元からささっと出て行ったり、入って行ったりするのです。

 

とくにベルはかくれんぼの達人、

いえ達猫です。(=^・^=)

 

  

猫を閉じ込めてしまった失敗談

猫のかくれんぼ

我が家ではだいたい家族みんな、2階のリビングに集まっているのですが、猫たちは1階か3階にいることもあるので、2匹の姿が見えなくても「どこかにいる」と安心しています。

 

ところが、本当にたまに「そう言えば、ベルの姿を何時間も見ていないな。」となり、探すことがあるのです。

 

一通り目に入るところを探しますが、いません。

 

そこで、「ベルー」と呼んだり、カリカリを入れるお皿の音を鳴らしたりすると、どこからか出てくることもあるのですが、それでも出てこないと、探し回ります。

 

猫がベランダに出てしまった

飼いはじめて、1番最初にいなくなったベルを見つけた時は、ベランダにいました!

それも3階の。

手すりにも足跡がついていて、登った形跡が見られました。

家族、みんなで冷や汗モノでした。

洗濯物を干した時に、気づかないうちに出てしまっていたみたいです。

1時間ほど出してしまっていたみたいで、無事でいてくれたことに、本当に胸をなでおろしました。

 

その後も、ベルのかくれんぼは数回ありました。

 

猫を洗面所に閉じ込めてしまった

本当は乾燥させるため、洗面所のドアは開けっ放しにしておきたいのですが、洗濯機もあるし、隙間が多くて危ないので閉めているのです。

 

それがある日、私が外出前に一瞬、洗面所に入った時にベルも入ってきてたみたいで、気づかず閉めてそのまま外出。

約2時間後、帰宅して洗面所を開けた時にベルが出てきて「いつからいてたん!」と気づきました。

 

猫を押し入れに閉じ込めてしまった

どうして押し入れを開けると、入りたがるのでしょう。

 

ベルは、本当に「全然押入れなんて興味ないよー。」という素振りを見せて、背中を見せて遠ざかったあと、急に回れ右してダッシュで入ってきます。

 

なので、いつも気をつけているのですが、またそっと入ったのに気づかず、2時間くらい入りっぱなしの時がありました。

 

猫を洋服ダンスに閉じ込めてしまった

f:id:mitsu5858:20190715115540j:image

洋服ダンスの戸が軽いので、猫たちは余裕で開けてしまいます。

だから、上のような扉ロックを付けているのですが、これまた私が服をなおした時に、ベルがササッと入ってしまっていたようです。

一緒に部屋に入ってきたことさえも気づいていなかったのです。

 

夜にベルがいないことに気づいて、また家族で探しました。

「どこにもいない!」

 

もしかして、と洋服ダンスを開けたら・・・すぐにベルが出てきました。

 

「こういう時に、もっと大きな声で鳴いてくれたらいいのに~。」と思いながら洋服ダンスの中を見ると、いろいろと噛んだあとが・・・。

翌日、私が履いていかないといけない黒いズボンも毛だらけに。(¯―¯٥)

 

不注意だった私が悪いのですが、

ベルちゃーん、もうかくれんぼはやめようよー。

 

最後に

猫の居場所を確認

ベランダや出窓の網戸くらいは、猫なら軽くて開けてしまいそうで心配ですね。

それに、爪を引っ掛けたり、よじ登ってしまうこともあります。

そうなる前に、もう一枚柵を挟んでおくだけで予防になります。

柵はワイヤーネットと結束バンドで手作りすることができます。

 

猫は留守番ができますが、家に帰ってきて見当たらないと不安になります。

そうならないためにも、気をつけておきたいですね。

 

わが家も、ちょっと買い物に出るくらいの時は、それほど気にせず家を出るのですが、私が最後に家を出て仕事に行く時には、ベルとソラの姿を確認してから出るようにしています。

 

今から暑くなるこの時期に、狭い場所に閉じ込めることのないように、気をつけたいと思います。

 

次回も我が家の体験談から、ペットを飼う上で気をつけて欲しいことをお話したいと思います。

 

また、読みに来てくださいね。(^^)

 

動物が好きな方は、是非クリック、お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村