光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

清水寺随求堂の胎内めぐりとは?光を感じる【体験】願いごとは1つだけ

京都で有名なお寺、音羽山清水寺。

いろいろな経験ができる、人気の観光スポットです。

www.mitsu-note.com

 

そのできることの中の一つに、随求堂での胎内めぐりがあります。

随求堂は本堂の前にあるので、気づかずに通り過ぎてしまうかもしれません。

胎内めぐりをされたことがない方は、一度体験してみませんか?

料金や拝観方法を紹介します。

 

 

清水寺随求堂の胎内めぐりとは? 

随求堂の胎内めぐり

仁王門から入って、少し進んだ所に随求堂はあります。

お守りの授与もされているので、入り口で賑わっていることもあります。
 

随求堂

1718年の再建。衆生の願い、求めに随って、叶えてくれるという大功徳をもつ大随求菩薩(だいずいぐぼさつ)を本尊(秘仏)としてお祀りしています。また、縁結び、安産、子育ての神仏もお祀りしています。ここでは胎内めぐりを体験できます。

引用 :清水寺HP

 
随求堂の左側の方で、胎内めぐりの受付をされています。 
金額は100円。拝観料とは別料金です。
支払いをしたら、拝観チケットがもらえます。
そして、靴入れの袋をもらうので、靴を脱いで入れます。
 
胎内めぐりの説明をして下さるので、よく聞いてから入りましょう。
 

胎内めぐりとは?

拝観チケットの裏面にはこう説明されています。
――暗闇の中であなた自身の光を感じてください――
 本尊の大随求菩薩は、私たちのどんな願い求めにも、すぐ随(したが)って叶えるよう働いてくださる大悲のお母さん仏で、シンボル文字は梵字(古代インド・サンスクリット文字)ハラです。
 大悲母のお腹の中へ一度戻ってみませんか。目・耳・舌・身体と意(こころ)は、どのように働くでしょうか。暗闇の中で一点の光明を発見したとき、心身の新生を覚えるに違いありません。お釈迦様は、明けの明星を見て悟りを開かれました。
 胎内めぐりによって心身のルネサンスを体験しましょう。

 

仏様のお腹の中へ戻る体験です。

入口から出口まで左の壁に大きな数珠がずっと手すりのようにつながっています。

その数珠だけを頼りに真っ暗な中を進んでいくのです。
そして、途中でぼんやりと明かりが見える場所にたどり着きます
そこには、「随求石」と言われる一つの石が置かれていて、梵字のハラが刻まれています。
その石に触れたら、一つだけ願いごとができます。
願いごとをしたら、また数珠を頼りに進んで外に出てくるのです。
 

胎内めぐりをする前に!

願いごとを決めておきましょう。
進みながら考えようと思っても、真っ暗な中を進むだけで緊張しているので、先に願いごとを考えておいたほうがいいですね。
 

真っ暗な中を歩く体験

私と娘が先日、体験してきた時は平日でしたので、私の前に一人の方が進んでいただけで、私と娘の後ろにはすぐには人はいませんでした。
 
私は違うお寺で戒壇めぐりを経験したことがあるのですが、娘は初めてで怖がっていました。
だから、私が先に進み「次に左に曲がるよ。」とそっと声をかけながら、そろそろと歩きました。
こんなに空いていると、人の気配もなく、不安も増しますね。
だから、よりいっそう明かりが見えた時はホッとしました。
 
時間にしたら5分くらいだったかもしれませんが、10分くらいかかったような感じでした。
 
混んでる時なら?
私が別のお寺で戒壇廻りをした日は休日で、参加される方も多くて、前後に人がいる中での体験でした。
数珠を持っている手が前の人の手に当たったり、背中にちょっと触れたりしながら進んでいました。
 

胎内めぐりは怖い?

ちゃんと壁の数珠を持っていれば大丈夫だよ。

 
清水寺随求堂の胎内めぐりの拝観時間は9:00~16:00です。
 

おわりに

f:id:mitsu5858:20191210213513j:image
清水寺の随求堂では「胎内めぐり」と言われていますが、他のお寺では「戒壇めぐり」と呼ばれたりもします。
どちらも、暗闇の中を数珠を頼りに進んでいくのですが、願いごとができるお寺とそうでないお寺があるかもしれません。
随求堂は、願いごとが一つだけできますので、決めてから行かれるといいですね。
機会があれば入ってみてください。
貴重な体験ができますよ。
 
清水寺随求堂の胎内めぐりの紹介でした。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング