光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

終活を始める時期【エンディングノート】書き残しておくことの大切さ

こんにちは。

 

前回、断捨離について私の決意を述べましたが、その後のコメントで終活の話になり、

確かにこの歳で断捨離するとなると、身辺整理みたいな感じで終活に近いものもあるなーと思い、

今日は終活について、私の考えも含めて少し調べたことをお話したいと思います。

(わしゃママさん、ネタにさせて頂きました。ありがとうございます。^ ^)

 

目次

 

終活を始める時期

f:id:mitsu5858:20190726180500j:image

終活とは

「終活」とは、「自らの人生の終わりに向けた活動」の略語で、自分が亡くなった際の葬儀、お墓、遺言の準備や、財産相続、身の回りの生前整理などを行うことを指します。。

死後に向けた事前準備だけでなく、「人生の終焉について考えることによって、今をより良く生きるための活動」というポジティブな意味に広がってきています。

 

終活と言う言葉、私は何となく寂しいイメージを持っていたのですが、そうではないんですね。

 

これからの人生の目標や予定を立てるのにも役立ちそうですし、

終活を始めるのに、早すぎるということもないそうです。

だいたい、50歳前後から考え始める人が多いみたいです。

 

終活にすること

そして、終活って何をするのか?

 

特に決まりはないようですが、

  • 自分が亡くなった時の葬儀やお墓の準備をしておく
  • 遺言書を書いておく 
  • 身の回りの整理をしておく

この3つが大きなポイントのようですが、もっと細かく書くこともできます。

 

そして、この終活にしたいことを書いておくためのノートが、ここ数年よく聞くようになって、私も少し気になっていたエンディングノートという物です。

 

エンディングノートを書く

エンディングノートは、自分の終末期や死後に備えて、遺される身近な人に伝えておきたい希望や情報を書き留めておくノートです。

 

遺言書と違って法的効力を持たないので、自由に書けることから、細かく書く人から、重要な点だけ記入しておくなど、ひそかにブームとなっているようです。

 

私のノート

実は私、エンディングノートまではいかないですが、数日前からある事をノートに書きはじめています。

 

もしもの時に、家族が困らないように書いておかないと、と思ったからです。

 

何を書いているかと言うと、

  • 大事な書類の置き場所
  • 通帳口座に関すること
  • 利用している(登録している)サービス

などです。

 

前回の記事の断捨離(物の整理)については、私がいなくても、誰かが片付けてくれることができますし、いざという時に慌てて困ることではありません。

(実際は、私のものは多いから、あとあと家族が困るでしょうが。^^;)

 

でも、書類や口座、クレジットカードやその他申し込んでいるもの、利用しているサービスなどは、できるだけ早くの手続きが必要な場合もあります。

 

今の時代、何でもネットで簡単に登録できるので、隨分いろいろなサービスに会員登録してしまっていますが。それらも少し整理をしておかないといけませんね。

 

他に、葬儀やお墓についても希望があれば、一緒に書いておいてもいいと思います。

 

そして、私も自分の遺影は自分で用意しておきたいです。

 

父も亡くなり1人だった私の母は、病気をしながらも、まだ元気で動けていた頃(50代後半)に、いつ使うかもわからない自分の遺影用の写真と、資産や家のことの諸々を書いたものを、仏壇の引き出しに入れていました。

 

母の葬儀の後、私と弟でいろいろな手続きに追われました。

経験済みだから、私も自分の時のことを考えておかないと、と思うのです。

 

そして、家族への感謝の気持ちを書き残す人もいます。

 

私もそういうことを書き残しておいて 、心残りのないようにしておいたら、これからの人生をどう生きたいかをあらためて見つめ直したいと思っています。

 

最後に

f:id:mitsu5858:20190726180511j:image

誰でも必ず明日が来るとは限らないのです。

 

病気だけでなく、いつ何が起こるかわからない・・・。

 

考えると不安ですが、防ぎようのない天災がいつ起こるともわかりません。

 

急に大事な家族が帰ってこないなんて、本当にいたたまれなくて、どんなにかつらいだろうと思います。

 

だから、今、命ある人は今を精一杯生きて欲しいです。

 

私も元気で動ける間はギリギリまで、楽しむつもりです。

 

泣いて笑って、疲れたら休んで、また動いて。

 

 

 

叶うかわからなくても、願っていいんですよ。

 

何歳になっても望んだっていいんですよ。

 

願わないと、望まないと、叶うものも叶わないから。

 

そして、勇気を出して(小さくてもいいから)1歩を踏み出して下さいね。(^^)

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

私、書いていて最後の方になると、感情的になってしまう傾向がありますね。^^;

決して精神論を語りたいわけではなく、ただ心のままに書いています。

 

届く人に届けば、幸いです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

さぁ、これから毎年、自分の写真を撮っとかないと。(^^)

私は、明るい終活を始めます。