光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

秋の夜長におすすめのミステリーは北森鴻さんの香菜里屋シリーズ【連作短編集】

今週のお題「○○の秋」

 

こんにちは。

今日は、お題に答えてみたいと思います。

毎日のように書きたいくらい、〇〇の秋が好きです。

 

まずは、読書の秋から。

秋の夜長にピッタリの本を紹介します。

 

読書の秋におすすめの本

北森鴻(きたもりこう)さんの極上のミステリー小説

いくつかシリーズ物があるのですが、

私が好きなシリーズは香菜里屋(かなりや)シリーズです。

 

北森鴻の香菜里屋シリーズ

三軒茶屋の路地裏にあるビアバー『香菜里屋』のマスターを主人公にした連作短編集。

全部で4作品です。

 

『花の下にて春死なむ』

年老いた俳人・片岡草魚が、自分の部屋でひっそりと死んだ。その窓辺に咲いた季節はずれの桜が、さらなる事件の真相を語る表題作をはじめ、気の利いたビアバー「香菜里屋」のマスター・工藤が、謎と人生の悲哀を解き明かす全六編の連作ミステリー。第52回日本推理作家協会賞短編および連作短編集部門受賞作。

引用:Amazon内容紹介より

 

ここからシリーズははじまります。

バーのマスター工藤が様々な謎を解き明かすミステリーですが、読んでいる方もバーでグラスを片手に推理を聞いているかのような 雰囲気です。

そして、一つひとつの短編が実はつながっているということに気づきます。

上質なストーリーともう一つのお楽しみは、工藤の作る料理。

一度読まれたら、この香菜里屋というビアバーに通いたくなることでしょう。

 

お気に召した方は、どうぞ通ってみて下さい。▼

 

『桜宵』

一度たずねてみてください。わたしがあなたに贈る最後のプレゼントを用意しておきました――。そう綴られた亡き妻の手紙だけを頼りに、ビアバー《香菜里屋》にやってきた神崎。マスター・工藤が語った、妻がプレゼントに込めた意味とは……。客から持ちかけられた謎の数々を解き明かす連作短編集の第2弾。(講談社文庫)

引用:Amazon内容紹介より

 

『螢坂』

ほろ苦くて美味しい、だからこそせつないミステリー! ビア・バー「香菜里屋(かなりや)」シリーズ第3弾。「この街で、オレを待ってくれる人はもう誰もいない」戦場カメラマンを目指すため、恋人・奈津実と別れた螢坂。16年ぶりに戻ってきた有坂祐二は、その近くのビアバー「香菜里屋」に立ち寄ったことで、奈津実の秘められた思いを知ることになる。マスター・工藤が、客にまつわる謎を解き明かす第3弾。(講談社文庫)

引用:Amazon内容紹介より

 

『香菜里屋を知っていますか』

香菜里屋シリーズ完結編。当店の裏メニュー。それはお客様が持ち込む謎と、その解決です。ビアバー香菜里屋は、客から持ちこまれる謎がマスター・工藤によって解き明かされる不思議な店――。常連客は、工藤による趣のある料理とともにこの店を愛していた。だが、その香菜里屋が突然たたまれてしまう。そして若かりし頃の工藤の秘密が明らかになる。シリーズ完結編。(講談社文庫)

引用:Amazon内容紹介より

 

北森鴻さん

続きのお話を期待されていた読者さんも多かったようですが、

 

実は著者の北森鴻さんは残念ながら48才の若さで、2010年に亡くなられました。

読者の方からは、「もっと北森鴻さんの作品を読みたかった。」と訃報を悼む声が多く寄せられました。

とても残念ですが、出版されている本はこれからも多くの方に読み続けられることでしょう。

 

感想

この香菜里屋シリーズの魅力は、丁寧に描かれた切なくて深い一つひとつのお話。

それは、ミステリーでありながらも人生論を語っているかのよう。

探偵さながらの謎を解くマスター工藤のどこか影のある雰囲気も味がある。

そして、出されるこだわりのビールとお料理のおいしそうなこと。

他の登場人物(常連客)たちにも親しみが湧いてきます。

 

極上のミステリーにお酒にお料理。

秋の夜更けにぴったりではないですか?

毎夜に一話ずつ読み進めるも良し、休日前に秋夜を楽しみつつ一気読みするも良し。

 

お好きな読み方で、是非とも北森鴻さんの香菜里屋シリーズを読んでみて下さい。

グラス片手に読まれる方は、呑み過ぎにご注意を。( ̄ー ̄)

 

  

 

本日はお題をテーマに、読書の秋におすすめの本をご紹介しました。

 

私も、数分でも毎日、本を読みたいと思っています。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

いつもありがとうございます。