光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

夏もおすすめの京都大原の名所は全部で6ヶ所と滝!見頃の青もみじ

こんにちは。

 

7月ももう終わりですね。

今日も朝から暑かったですが、きれいな青もみじや緑の風景で少しでも癒やされていただければ、と思います。

是非、最後までお付き合いください。(^^)

 

前回まで2回に渡って、私が先週に訪れた京都大原を紹介させていただきました。

三千院と宝泉院です。

 

今日は、私が最後に訪れた寂光院とその他の京都大原の名所の紹介です。

 

京都大原 寂光院

寂光院

 

拝観時間 3/1~11/30    9:00~17:00
12/1~12/31  9:00~16:30
1/1~1/3    10:00~16:00 
1/4~2/28(29)  9:00~16:30
拝観料 大人・高校生 600円  中学生 350円  小学生 100円

 

駐車場は、近辺にいくつかあります。

私たちも、調べていた近くの駐車場に停めたものの、係の人がいない!

300円となっているので、辺りをウロウロしていたら見つけました。

何と、煙草の吸殻入れのような空き缶が吊ってありました

貯金箱のように小銭を入れる穴が空いているのですが、その穴の上には蜘蛛の巣が・・・。

「これは、みんなお金を入れてないな・・」

私たちは、ちゃんと入れましたよ。

でも、両替もできないので、小銭がないと困りますね。

そんな時は、先に拝観をしてその受付で小銭に替えておいて、後から駐車場のお金を入れてもいいと思います。

見たところ、その他の周りの駐車場も同じ様な空き缶が吊ってありました。

 

、と駐車場の話はさておき、寂光院です。

上の写真の参道を登っていきますと、山門に着きます

f:id:mitsu5858:20190731004125j:image

平家物語ゆかりの天台宗の尼寺。平清盛の娘・ 建礼門院徳子が隠棲し、壇ノ浦の戦いで滅亡した平家一門や息子・安徳天皇の菩薩を弔いながら終生を過ごしたとされる。

カエデが天を覆う参道の先には、本尊地蔵菩薩像を祀る本堂や、大原御幸絵巻などを展示する宝物殿がある。

 

本堂

f:id:mitsu5858:20190731004138j:image

こぢんまりとした構えの本堂です。

桃山時代頃の建築の特色を残していると言われていた本堂は、平成12(2000)年の火災で焼失した。小松前住職の「すべて元の通りに」の言葉通りに、焼け残った木組みや部材を入念に調査し、材木を吟味して、5年の歳月を経て平成17(2005)年6月2日に落慶した。

引用:寂光院HPより

何と、19年前に焼けてしまっていたのです。放火だったそうです。

無事に再建されてよかったです。

焼け残ったものは、宝物殿で展示されていました。

 

ご本尊は 六万体地蔵菩薩立像 です。

f:id:mitsu5858:20190731113942j:image

写真:パンフレットより

 

大きくて色鮮やかな地蔵菩薩立像の後ろには、小さな地蔵菩薩立像がたくさん安置されています。

かつては約6万もの地蔵に囲まれていたといわれ「六万体地蔵菩薩」の別名があるそうです。

 

この後、境内を歩き、宝物殿を見て帰りました。

 

御朱印は書き置きのものをいただきました。

f:id:mitsu5858:20190731004148j:image

寂光院も、秋には紅葉の見どころスポットとなっているので、その時期もさぞきれいでしょうね。

 

 

 寂光院の近くに 足湯カフェという珍しいカフェもあります。

【足湯カフェ】京都 大原温泉|湯元のお宿 民宿大原山荘【公式サイト】

 

あちこち歩いた後に寄ると、疲れた足も気持ちも癒やされそうですね。

 

私たちが大原で廻ったのは3箇所でしたが、他のおすすめ名所も紹介しておきたいと思います。

 

京都 大原 名所

京都 大原 名所

いずれも三千院から近いところにあります。

 

勝林院

法然上人と比叡山の僧が論争した大原問答のぶたいとなった寺。

そのとき上人の論にうなづいて光明を放ったと伝わる「証拠の阿弥陀」や法然上人像が本堂で拝観できる。

京都 魚山大原寺「実光院」 ┃ 勝林院

 

実行院

勝林院の子院で、池泉鑑賞式の契心園と池泉回遊式の旧理覚院庭園がある。

客殿の西に広がる旧理覚院庭園では、初秋から春まで花を咲かせる不断桜が珍しい。

京都 魚山大原寺「実光院」 ┃ トップページ

 

来迎院

魚山流星明を集大成した聖応良忍上人大師が修練道場とした寺。

毎週日曜13時から肉声の声明を聞ける。

本堂では藤原時代の如来三尊像(重文)が拝観可。

来迎院(Raigou-in Temple) | 京都 大原観光保勝会

 

音無の滝

来迎院からちょっときつい山道を登ったところに落ちる滝。

聖応大師が声明の練習をするとき、呪文で滝の音を止めたと言うので、この名で呼ばれている。

岩肌を滑るように落ちる滝の周りにはカエデが多く、秋が楽しみ。

 

音無の滝は、来迎院から歩いて約9分です。

 

三千院、宝泉院、寂光院と合わせると全部で6つの寺院に音無の滝がおすすめスポットですね。

 

秋の季節にとても気持ちよさそうなので、今回行けなかった所は、またいつか紅葉の季節に行きたいです。 

 

そして、大原の名物はしば漬けです。

私も買って帰りました。まだ食べていませんが。

 

 お昼を食べるなら行って欲しいのが 志野松門さんです。

sino-shoumon.com

 

2,000円の八菜ランチが美味しそうなのです。

(私も食べたかったけど、一緒に行った夫が昼食を抜いているので、私も我慢したのだー。)

 

▼阿弥陀三尊像に拝観できる三千院の紹介はこちらです。

www.mitsu-note.com

 

▼五葉松が見事な宝泉院の紹介はこちらです。 

www.mitsu-note.com

 

最後に

以上で、京都の大原の紹介を終えたいと思います。

遠方から旅行で京都に来られる方は、1日を大原で過ごすのも良いかと思います。

市街地から離れているので、せっかくここまで足を運んだのなら、見れる名所は全て見て帰った方が良いかもしれませんね。

似ているようで、一つ一つのお寺に見どころがあり、庭園の美しさもまたそれぞれで、抹茶とお菓子がついてくるお寺もありますし、その所々でゆっくりされると、とても有意義で静かな時間が過ごせるかと思います。

 

そして今回紹介したお寺は、この夏の季節は青紅葉(青もみじ)がとてもきれいです。

青紅葉とは春の若葉からどんどん深みを増す、緑の若い楓のことです。

春の新緑の季節から夏頃までが見頃かと思いますが、今もまだ充分楽しめますね。

 

秋になると紅葉が始まり、京都はさらに観光客で賑わいます。

秋に行かれる方は、混雑に注意して観光して欲しいと思います。

 

私も紅葉を見に、京都の様々なところを訪れてきました。

近くなったら、いくつかおすすめのスポットも紹介したいと思います。

 

ありがとうございました。

暑い毎日が続きます。

私の周りでも体調を崩されている方が多いです。

どうぞ、皆さんくれぐれも熱中症には気をつけて、意識して水分をとって、元気にお過ごしくださいね。

 

京都の大原特集を3回とも読んでくれた方、ありがとうございます。

▼ついでに?ポチッとクリックお願いします。(^^)

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村