光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

松江観光は人気の女子旅!しじみ丼におすすめスポット!乗り物はバス!

去年のゴールデンウイークに、次女と島根県へ1泊2日の旅行をしました。

www.mitsu-note.com

上の記事では、大阪から出雲大社までのアクセス方法に、出雲大社の参拝方法、松江への移動に夕日鑑賞のおすすめスポットなどを紹介しています。

今回は、私たちが2日目に島根県の松江で訪れた観光スポットやお昼ごはんに食べた人気のしじみ丼などを紹介します。

島根の松江観光はお得なバスで名所巡り

私たちはホテルをチェックアウトしたら、荷物を預けて松江観光をすることにしました。
まずは、松江を観光するのに便利な乗り物を紹介しましょう。 

松江観光にはぐるっと松江レイクラインが便利

松江観光には、ぐるっと松江レイクラインがおすすめです。
JR松江駅を出発して、国宝松江城や松江宍道湖温泉方面を経由して駅に戻る周遊バスです。

  • 観光スポット付近を中心に30以上のバス停があり、一周約50分。
  • 20分から30分間隔で運行。
  • 当日に限り乗り降り自由の1日乗車券は500円。1回乗車は200円。
  • 松江城などの観光施設の割引特典付き。

その時期に合わせた夕日鑑賞ルートもありますよ!

ぐるっと松江レイクライン

詳しくはHPでチェックしてみて下さいね。
ぐるっと松江レイクラインバス | 松江市交通局

唯一の正統天守閣の松江城

松江のシンボル松江城

ぐるっと松江レイクラインバスでまず訪れたのは松江城

松江城は全国で現存する12天守のうち 国宝の1つで唯一の正統天守閣とも言われています。
登閣料:670円(大人)

私たちはレイクラインの割引登閣券で440円でした。

威厳や風格が漂う松江のシンボル松江城。
日本さくら名所100選、都市景観100選に選ばれている、見どころたくさんのスポット。
天守内は多くの資料や品々が展示されていて、地下1階から5階まで登って見学できます。

松江城 最上層からの眺め

5階の最上層からは宍道湖や松江市街などの眺めが雄大です

興雲閣(こううんかく)

松江城内の興雲閣

興雲閣は松江城二の丸に建つ明治建築の洋館
明治36年に完成した県内に残る数少ない明治建築で、明治40年皇太子嘉仁親王(のちの大正天皇)のご宿泊先としても使用されたことがあるそうです。

素敵な洋館で、中も見学できました。

松江城を観光したら、お目当てのランチのお店に向かいます。

お昼ごはんはしじみ丼の藏

季節の風 藏 しじみ丼

ガイドブックに載っていたしじみ丼が食べたくて探して行きました。
開店10分前に到着したら、1組のお客さんが待っていました。
その後、私たちの後にも続々とお客さんが並んでいきます。

そして開店したら、奥のお座敷へ案内されました。
10分もたたないうちに、店内は全て満席に。
人気のお店なんですね。

私たちが注文したのはしじみ丼1520円

宍道湖のしじみを一粒一粒丁寧にむき身にし、しじみのエキスをベースにした特製のだしで味付け。
奥出雲産のコシヒカリにだしと白ごまをさっと混ぜ合わせるのが「しじみ丼」のおいしさの秘密。
お好みでとろろ汁をかけて。
引用元:HPの紹介より

右のお椀はしじみ汁です。
お食事はしじみのエキスを十分味わえ、とってもおいしかったです。

他に「特製仕立て しじみ丼 2480円」もあります。
こちらは、大変希少な宍道湖産特大「大和しじみ」のしじみ丼です。
大粒しじみだから、なお贅沢にしじみを味わえますね。 

是非、しじみ丼を食べてみたい方は、お早めに行って下さいね。

HPはこちらです。
しじみ丼の藏

営業時間:昼 11:30~14:30、夜は18:00~予約のみ。 日曜、祝祭日はお昼のみの営業。
定休日:水曜日

私たちはおなかも一杯になり、また松江市内観光へ。

体験もできるカラコロ工房

松江 カラコロ工房

いろいろな楽しみ方ができる多目的工房、カラコロ工房。
歴史的建造物旧日銀松江支店 の建物を修復し、「匠」をテーマに製造・販売一体型の工芸館。
老舗和菓子店の和菓子作り体験をはじめ、シルバーアクセサリー、絵付け、彫金、お香作りなど、さまざまな体験ができる。
館内にはレストランやベーカリーなどの食のお店も充実。
引用元:パンフレット

カラコロ工房では、いろいろな体験を行っていますし、雑貨や手作りのものなども販売されていて、見て回るだけでも楽しめます。

写真スポットの幸運のピンクポスト

カラコロ工房の幸運のピンクポスト

松江城内の「興雲閣(こううんかく)」前で利用されていたポストがピンク色になってカラコロ工房にやってきて、幸運を招くポストとして話題になったそうです。
ポストと一緒に写真を撮ったり、手紙を送ると幸せになれると言われているとか。

かわいいピンクのポストは写真スポットにもなっています。
思い出の一枚を。^^

雨粒御伝

カラコロ工房の写真の右のほうにもチラッと写っている石像もそうですが、

松江の雨は、縁を結ぶ雨「縁雫(えにしずく)」と呼ばれていて、松江市内にはその雨を吸い込みパワーを授ける8つの「雨粒御伝(あまつぶおんでん)」があります。

雨の日はほんのり色が変わることも。

松江 雨粒御伝

実は松江は年中、雨が多いところです。
雨で縁を運ぶかわいい使者を探しながら観光してみるのもいいかも。

島根県立美術館は安いのに見どころたっぷり!

島根県立美術館 オブジェ

前回のブログでも、夕日の観光スポットとして紹介しましたが、私たちは旅の最後に訪れました。
コレクション館の鑑賞だけでしたので、レイクラインの割引適用で1人240円でした。
通常は、大人300円です。
企画展が大人1,000円で、セットなら1,150円です。

コレクション展でも日本画、洋画から彫刻、工芸品まで様々な作品を見ることができました。

そして、こちらでもまたかわいいうさぎ達に出会えました! 

幸せが訪れる宍道湖うさぎが大人気!

島根県立美術館の宍道湖うさぎ

湖岸の芝生を跳ねる12匹のうさぎ達。島根県立美術館の宍道湖うさぎ

野外彫刻作品の《宍道湖うさぎ》です。

宍道湖側から数えて2番目のうさぎが大人気!
西の方角を向いてうさぎを優しく触ると幸せが訪れるという。
西には、縁結びの神様が集まる「出雲大社」があるのです。

是非、島根に行ったらこちらの島根県立美術館も訪れてみてください。
レストランもあり、私達もケーキセットで一息つきました。

まとめ

以上、私が去年に娘と一泊旅行した島根県の旅記録でした。

出雲と松江、それぞれ楽しい2日間でした。
両日ともお天気だったのですが、本当に風が強い日で、1日目の夜は物凄い雷雨だったんですよ。
翌日には晴れてくれて良かったです。

また、島根県はうさぎが好きな人にもおすすめですね。
いろいろなうさぎさんに会えますよ。

私たちは今回行けなかったけど、松江や出雲には縁結びの神社が他にもありますよ。

▼こちらで紹介。

www.mitsu-note.com

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング