光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

『小さな恋のものがたり』43巻で完結?その後のチッチも読んでみた感想

私が小学生のときに、母からすすめられて読みはじめた漫画『小さな恋のものがたり』。
チッチとサリーの恋のお話です。

久しぶりに読んでみたくなり、最新刊の第44巻を買ったのは、去年の秋、発売されてすぐでした。
それで知ったのは第43巻で、お話はいったん完結していたということ。

44巻のタイトルをよく見れば「その後のチッチ」と副題が付いています。

44巻も読み終えたあとで、43巻も読んでみました。

そんなことになっていたのか。
しかし、チッチも成長したなー。

『小さな恋のものがたり』43巻と44巻を読んだ感想をお伝えします。
ネタバレ含みますので、注意してください。

チッチとサリーの漫画『小さな恋のものがたり』

『小さな恋のものがたり』43巻で完結?その後のチッチも読んでみた感想

作者はみつはしちかこさん。
『小さな恋のものがたり』を書き続けて50年。

2010年に大病をされて、思うように書けない時期もあったそうです。
でも練習を重ねて、こうしてまた続きのお話を出してくれました。

f:id:mitsu5858:20211008102658j:plain

やさしいタッチのイラストですが、所どころでステキなポエムが入っています。

主人公は高校生のチッチ

『小さな恋のものがたり』は、高校生同士のあまずっぱい恋のお話です。

主人公のカップルは、ちょっとおっちょこちょいで背が低いチッチ(小川チイコ)とハンサムでかっこよくて背が高いサリー(村上聡)。
1番よく登場するのがチッチなので、主な主人公はチッチかな、と思います。

この44冊、チッチとサリーの2人はずっと高校生でした。
その道のりで2人の仲もいろいろあるのですが、読んでいてほほえましく、またはチッチと一緒に悲しくなった思い出があります。

読みはじめた私は小学生だったのに、いつのまにかとっくの昔に2人の年を超えて、娘たちもチッチより年上になっているではないですか。(*_*)

そして、チッチのまわりの仲間たちもそれぞれの恋に悩み、成長していくのです。
(高校生のままだけど(^^;) 

こんなひたむきで甘酸っぱい恋、したかったなー。

チッチがうらやましく思います。

私の年齢では知っている人もいると思うのですが、読んだことがない人も多いかもしれません。

ストーリーとしてはちょっと昔の内容になるでしょうね。
昔だからこそ味わえた新鮮な気持ち、今の便利な世の中とはちょっと違う恋のお話。

でも、今の若い人が読んでも、微笑ましく感じるのではないでしょうか。

第43集で完結していた!?ネタバレ含む感想

いったん完結していた『小さな恋のものがたり』、第43巻を読んだ感想です。

これまでずっと順調だったわけではないけど、落ち着きつつあったチッチとサリーの恋。

その別れは急にやってきました。

サリーが突然、チッチに告げた「スエーデンに留学して物理を勉強したい。」

!?なに、いきなりスエーデン!!って感じですよね。
サリーらしいと言えばサリーらしいです。

でも、チッチの気持ちを思うと・・・(´;ω;`)

サリーはこうも言います。

チッチ、ぼくたちは永遠にぼくたちではいられないんだ。

考えさせられる言葉です。

確かに、ずっと純粋な子どもの気持ちを持ち続けることはできても、大人になるとそれだけではすまないことも出てきますね。
そのための1歩を、サリーは踏み出そうとしているのだと感じました。

チッチは、と言うと、やっぱりすごく動揺します。
急なことで、サリーはあさってには飛び立つというのですから。

もちろん悲しみます。

でも、以前のチッチは違う、とも感じました。
自分なりに、サリーとの別れを受け止めようとしているところに、成長が見られました。

痛々しいながらも、進もうとする勇気が見えます。

そんなチッチが愛おしいんですよね。

第44集その後のチッチは

第43集から4年後に発売された第44集。

その後のチッチ、とはサリーとお別れしたあとのチッチです。

国内ならまだしもスエーデンという遠い国に行ってしまったサリー。
思い出さない日はないでしょう。

もちろん、今のように携帯電話なんてない。

さびしさを抱えながらも、チッチは毎日を元気に過ごしています。
何より、ステキな仲間たちがいます。

別れを経験したばかりで、どう前を向いていいかわからない、と思っている人に読んでほしい内容だと思いました。

チッチが愛される理由

ピュアな気持ち

小さなチッチ、まだまだ幼さが残っている高校生なのに、まわりから好かれ、読者から愛されています。
それは、チッチが素直で純粋な心の持ち主だからではないでしょうか。

ふつうの日常でちょっとしたことに感動して、ちょっとしたことに悩む。
でも前向きに歩いていくたくましさ、そんなところが大好きなんですよね。

ほっとけなくて応援したくなる。

チッチより若い年に読んだときには、憧れの気持ちでチッチとサリーの物語に入りこみ、大人になってからは、2人が愛おしくてたまらない。
そんな気持ちです。

最後に

久しぶりに『小さな恋のものがたり』を読んで、またチッチに会えて嬉しかったです。

いつまでもチッチの様にピュアな気持ちでいたいですね。
みつはしちかこさんも、きっと同じピュアな方なのでしょう。
こんなにステキな恋の物語をこんなに長く、たくさん書かれてきたのですから。
本当にありがとうございます。

また続きが読みたいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング