光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らせるヒント。大好きなもので人生をスクラップするように。

あまずっぱい叙情まんが『小さな恋のものがたり』大好きなチッチとサリー

私が小学生の時に母からすすめられて読みはじめたまんが『小さな恋のものがたり』。

 

あれから何十年たったでしょう。

最新刊の第44集を買ったのは、去年の秋、発売されてすぐでした。

読むのがもったいなくてずっとそばに置いていたのですが、ようやく読み終えました。

小さな恋のものがたり

 

 

『小さな恋のものがたり』

 

みつはしちかこさん

作者はみつはしちかこさん。

『小さな恋のものがたり』を書き続けて50年だそうです。

 

2010年に大病をされて思うように書けない時期もあったそうです。

でも練習を重ねて、こうしてまた素敵な一冊を出してくれました。

 

まんがの形態

やさしいタッチの絵の4コマまんがの形態です。

所々で、イラストと共にとても素敵なポエムが入っています。

 

第44集は

2014年に最終刊として第43集が発売され、完結されていたのですが、昨年2018年に「その後のチッチ」と題して、待望の第44集が発売されたのです。

 

これから読まれる方もいるかもしれないので、内容を書きたいけど、我慢しておきます。(*^^*)

あとがきでみつはしちかこさんのこの第44集への思いが書かれています。 

ピュアな気持ち

  

あまずっぱい恋のお話

『小さな恋のものがたり』自体の話の内容は、高校生のちょっとおっちょこちょいで背が低いチッチ(小川チイコ)とハンサムでかっこよくて背が高いサリー(村上聡)の甘酸っぱい恋のお話です。

 

この44冊、ずっとチッチとサリーの2人は高校生でした。

その道のりで2人の仲もいろいろあるのですが、読んでいてほほえましく、またはチッチと一緒に悲しくなったりした思い出があります。

 

読みはじめた私は小学生だったのに、いつのまにかとっくの昔に2人の歳を超えて、娘たちもチッチより年上になっているではないですか。(*_*)

 

そして、チッチの周りの仲間たちもそれぞれの恋に悩み、成長していくのです。

(高校生のままだけど(^^;)

 

でも、こんなひたむきで甘酸っぱい恋はしてこなかったなーとチッチが羨ましく思います。

 

チッチが愛される理由

小さなチッチ、まだまだ幼さが残っている高校生なのに、周りから好かれ、読者から愛されています。

 

それは、チッチの素直で純粋な心の持ち主だからではないでしょうか。

普通の日常でちょっとしたことに感動して、ちょっとしたことに悩み、でも前向きに歩いていくたくましさ、そんなところが大好きなんですよね。

ほっとけなくて応援したくなる。

 

チッチより若い時に読んだ時には、憧れの気持ちでチッチとサリーの物語に入りこみ、大人になってからは、2人が愛おしくてたまらない。

ピュアな気持ち

 

最後に

 

ピュアな気持ちで

久しぶりに『小さな恋のものがたり』を読んで、またチッチに会えて嬉しかったです。

いつまでもチッチの様にピュアな気持ちでいたいですね。

みつはしちかこさんも、きっと同じピュアな方なのでしょう。

こんなに素敵な恋の物語をこんなに長く、たくさん書かれてきたのですから。

本当にありがとうございます。

 

慌ただしい毎日の中でピュアな気持ちを取り戻したくなったら、チッチを思い出して下さいね。(*^^*)