光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

主婦の私もフリーランスになれますか?その答えはこの本の中【感想】

こんにちは。

今日はフリーランスについて、少しお話してみたいと思います。

フリーランスに憧れている人は多いのではないでしょうか?

フリーランス=自由に働ける
そんなイメージが強くて、まるで好きなことをしながら遊んでいるように働ける。(は、良いように言いすぎですが)

ちなみに私にも憧れの響きです。
では、フリーランス、実際にどうなのでしょう?

フリーランスの現状
ランサーズ株式会社が、全国の20-69歳男女(3,096人)を対象に、国内初・今年で4度目となる「フリーランス実態調査」を実施したそうです。

本調査では、日本における副業・兼業を含む業務委託で仕事をする広義のフリーランスの経済規模が初の推計20兆円を超える結果がでました。フリーランス人口においては、前年と横ばいで1,119万人、人口に占める割合は17%となりました。 また、副業(本業・副業を区別していない労働者を含む)フリーランスの人口は744万人、経済規模は7兆8,280億円と8兆円近い規模になり、報酬は堅調に増加し、業務委託ベースのパラレルワーカー数が伸長している傾向にあります。
引用:ランサーズ株式会社のHPより

このフリーランス、主婦でもなれるのでしょうか?

そんな疑問に答えてくれる本を読んだので、紹介したいと思います。
前田めぐるさん著書の『前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか?』です。

『前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか?』の内容

f:id:mitsu5858:20190817095810j:image

2017年2月に日本新聞出版社より発行されました。
前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか?
著者はコピーライターでプランナーでもある前田めぐるさんです。

独立・起業ブームのなか「情報がありすぎて何をどう考えて、 何から始めればいいのか?」迷いを持つ人も多い。
本書は、フリーランス歴28年の著者が伝える、スゴくなくても、 資格がなくても何歳からでも始められる働き方。
どんな仕事がフリーでできるのかといった入門から、自分の強みの 見つけ方、強みを売れる商品に変える方法、オファーを呼び込む 情報発信の仕方、商品が売れないときの対処法まで、 今日から取り組める方法が満載。
また、育児・介護など人生の「ハードル」を「価値」に換え、 「今ある能力」「できる範囲」で長く働き続けるための考え方・ ノウハウも伝授する。
引用:Amazonの内容紹介より

序 章 そもそもフリーランスって?
第1章 何から始める? 最初の一歩【準備】
第2章 オリジナルを尖らせるには?【商品】
第3章 価値を伝えて頼まれるには?【情報発信】
第4章 次の場所へ行きたい【セカンドステージ】
第5章 育児・介護と仕事は両立できる?【ライフイベント】

私が『前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか?』を購入したのは、もう半年以上も前なのですが、最近もう一度読み返してみたのです。

『主婦の私もフリーランスになれますか?』を購入した理由

この本を購入した時の私はまだ仕事をしていましたが、そろそろ辞めようと考えていて、仕事をやめた私でもフリーランスという仕事ができるものなのか、何かヒントが欲しかったからです。

そして、フリーランスの仕事にはどういったものがあるのか、
どうやって始めるのか、なども知りたかった
のです。

実際に、今の世の中、SNSやインターネットの普及により個々の働き方が自由になってきたことは確かです。
ブログを書いている方でも、ライターの仕事をされている方も多いですよね。

前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか?』はライター以外のフリーランスの仕事をしていて、ブログを書かれている人にもおすすめの1冊です。

『主婦の私もフリーランスになれますか?』に書かれていたこと

まず、序章で前田さんはこう言われています。
「誰でもフリーランスになれますよ。努力を惜しまなければ」 

フリーランスとは、組織に属さず、案件ごとに起業と契約して働くかたちのこと、あるいはそういう働き方をする人のこと。

自分の時間を好きなように使えるのは、フリーランスの最大の魅力。
「主婦でもできる?」
    ↓
「主婦だからできる」
と前田さんは答えています。

第1章から、一つひとつのポイントをわかりやすく説明されています。

この本の中のこと、たくさん紹介したいですが、私が印象に残った重要な点を3つだけ簡単に紹介したいと思います

  • 原則を決める
  • 自分のオリジナルを探す
  • 書く技術より大切なこと

原則を決める

フリーランスとして働くために、まず決めることが大事だと言います。
原則を決めるのです。

前田さんが決めた原則は3つです。

  1. ゆずれないことを決める
  2. 引き受けると決める
  3. どんなふうにでも働き続けると決める

この原則はもちろん自分で決めても大丈夫ですが、前田さんが決めた原則はとても参考になります。
主婦がフリーランスの仕事をしようと思ったら、まずこの原則を決めてから始めるといいと思います。

自分だけのオリジナル

ビジネスの基本は、相手が必要とする商品を渡して、その対価を得ること。
今までやってきた仕事で最も得意で喜ばれたことを生かすのが、一番の近道。

その自分ならではの個性=オリジナルを見つける方法も紹介されています。
フリーランスの仕事にはいろいろありますが、やはり自分の個性や特技を活かした仕事をする人が多いですね。 

フリーランスになってブログをはじめたら

「書く技術より大切なこと」という項目で、とても興味深い内容がありました。

「どう書くか」より「何を書くか」。
日々をどう過ごしているのか、何を考え、何を感じているのか。
それは、その人の仕事内容によって違って当たり前、その感じたことをどう伝えるか。

日々を専門家として生きて、書いていない時間こそ大切にする。そこから知識や技術を超えた、知恵や体験を伝える説得力が生まれる。

その他にも様々な重要なポイントをいくつも紹介されています。

帯には「一生働ける時代の、新しい働き方のレシピ」と書かれています。

そして、最後に前田さんの思いが。 

生きていること、暮らしていること。全部を使って、働くことに生かしていく。
そんなワーク・ライフバリューな働き方ができるといい。

『主婦の私もフリーランスになれますか?』を読んだ感想

個人のオリジナルを探すというところで、その人なりのタグ#を考えてみようと書かれています。

そう言えば、と私がブログを読ませていただいている人の ことが浮かんできました。
ある方は観光に動画、ある方はミステリー小説、またある方は家族のご飯、などとその方のブログの特徴が出てきました。(主婦以外の人もいます)

それこそが、その人の武器なのだ、と思いました。

フリーランスのランスとは「槍」のこと、つまり「武器」だそうです。
「自由な槍(武器)」=フリーランスと呼ぶのです。

あとはその武器を錆びないように磨いていくのです。

もし、今、子育て中でもフリーランスで働くことは不可能ではありません。
介護中でも可能なのです。
自分の中で原則を決めて1歩を踏み出すだけです。

ただ、何も知らずにはじめるのは難しいかもしれません。

だから、何かをはじめたいと思っている方は、この『前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか?』を是非、読んでみて下さい。

きっと、参考になることがあると思います。

最後に

前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか?』を紹介しました。

では、私は何をはじめたいのか?
それは、まだ模索中です。
私にはどういったタグが付けれるのか、私のオリジナルは何なのか?

そして、もうすぐ50歳。
それくらいの年齢から 有名になったり、活躍されている女性の方もいます。

そんな人達のようになりたいと思っているわけではありませんが、諦めずに何かをやり続けたら、いつか誰かの役に立てるのかも、と思ったりもします。

また、こうやってブログを書き続けていると、何かが見えてくるのではないかと思うときがあります。
前田さんが言われていた言葉、日々をどう過ごして、どう感じて生きるのか、をいつも心に留めておきたいと思うのです。

だから、モーニングページを書いたり、メモをとることも私にとっては大切なことなのです。

www.mitsu-note.com

そして『前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか?』の中のオリジナルを見つける15の質問にじっくり向き合ってみようと思います。

働くことだけでなく、家事をしたり、生活をしたり、人と付き合う上でも大切なことを忘れずに自分の人生を歩んでいきたいです。

今日も最後まで読んで頂いてありがとうございました。

是非、皆さんも自分だけのオリジナルを探してみて下さい。
そして、素敵な人生を歩んで下さい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング