光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

絵が好きな人におすすめのアート小説『常設展示室』の感想【短編】

こんにちは。

 

昨日は美術館の紹介でした。

その最後に原田マハさんの本の紹介になりましたが、今日も最近読んだマハさんの本を紹介したいと思います。

 

今回、紹介するのは『常設展示室』と言う短編集です。

 

美術館の雰囲気が漂うタイトルでしょ。

では、紹介していきたいと思います。

 

 

『常設展示室』を読んだ感想

f:id:mitsu5858:20190813173718j:image

『常設展示室』原田マハ

2018年11月新潮社より発行 190ページ 定価1、400円

 

アート小説の第一人者が描き出す、短編集。

その絵は、いつでもあなたを待っている。人生の岐路に立つ人たちが辿り着いた世界各地の美術館。巡り会う、運命を変える一枚とは――。故郷から遠く離れたNYで憧れの職に就いた美青は、ピカソの画集に夢中になる弱視の少女と出会うが……(「群青 The Color of Life」)ほか。アート小説の第一人者が描く、極上の6篇。

引用:新潮社HPより

人生のきらめきを描き出す、極上の6篇。 

 

全部で6話の短編集です。

1話ずつ、その話の登場人物が思い出に残る絵画や大事な作品を描いています。

 

それぞれのタイトルと簡単なあらすじを紹介してみます。

注!読みたくない方は、飛ばして下さい。

 

各タイトルと内容

群青 The  Color  of  Delft

美術館で働く美青が、子ども向けのワークショップを企画する。偶然、出会った絵が好きそうな少女にそのワークショップに誘うことに。そんな美青には、心配なことがあった。

少女と美青が見つめる絵、この絵でピカソが本当に描きたかったのは・・・

/ピカソ

 

デルフトの眺望 A  View  of D eift

父の介護のため、久しぶりに会った姉弟のなづきとナナオ。子どもの時、仕事で忙しかった父を待つ寂しさを紛らわせてくれたのが美術全集だったなづきは、その中のひとりの女性の肖像画に心ひかれた。その後、大手ギャラリーに務めるのだが、その肖像画を見るために美術館に行き、偶然に見つけてしまった[窓」とは

/フェルメール

 

マドンナ Madonna

2話の話のなづき(七月生)と同じ職場のあおいには、一人暮らしをしている母がいる。その母が入院したとイタリアで聞いたあおいは、美術館を訪れる。

見たかったのはボッティチェリの絵だったのに、ある一枚の絵を見て母との約束を思い出した。

/ラファエロ

 

薔薇色の人生 La  Vie  en  Rose

受付業務の多恵子は45才の独身。突然に現れた素敵な男性、そして恋の予感。

イメージチェンジをして周りを驚かすほどに心はときめき、男性との再会。

恋の結果は・・・。

/ゴッホ

 

豪奢 Luxe

IT起業家と密会を続ける紗季はアートの仕事をやめたことを後悔しはじめていた。両親と出かけた美術館の思い出がよみがえる。

思いがけず、パリのホテルに一人っきりになってしまった紗季は 夜の美術館を訪れる。

そこで出会った絵から気づいたこととは。

/アンリ・マティス

 

道 La  Strade

フィレンツェの大学の客員教授の翠は優雅な生活を送る美貌を持つ42才の女性。ある芸術大賞の審査員も務めている。そして、いつもの様に数ある作品から選んでいた中、一つの絵に心を持って行かれてしまった。

その絵は誰が描いたものなのか。思い出した過去とは。

/東山魁夷

 

感想

どのお話の主人公も女性です。美術関係の仕事をする女性が多いです。

子どもの時から絵に関心を持っていた女性もいれば、何かがきっかけで絵を見る機会が得られた女性も。

 

訪れた美術館で出会った絵画、何かを感じずにはいられなかった作品、

一人ひとりがその時に出会うべきして出会った絵が、それからの人生を変えてくれるかもしれない。

 

私が好きなお話は「群青」です。

この絵でピカソの伝えたかったことに、考えさせられました。

 

この短編集は絵が好きな人に読んでもらいたい1冊です。

 

原田マハさんの小説は、私は長編を好んで読みますが、この短編集は数人の画家と絵画に触れ合うことができるので、いい意味で贅沢な1冊です。

 

ただ、原田マハさんの長編を既に何冊も読んできた人には、この短編集はサラッと読めて物足りないと思う人もいるかも知れません。

 

また、初めてマハさんの本を読む人には、アート小説というのがどういうものか分かって頂けると思うのですが、この本を読んで気になったら、是非とも長編も読んで欲しいです。

 

最後に

私は『常設展示室』を読んで、また美術館に足を運びたくなりました。

 

私が美術館巡りをはじめた時は、正直なところ、全体を流し見して終わりでした。

 

でも、何度もいろいろな美術展に行くうちに、少しずつ関心の度合いが増えてきて、自分の中に知っている絵がたくさん増えるのが嬉しくなってきました。

 

だから、『常設展示室』はこれから美術展に行ってみようかなーと思っている人にも、おすすめの1冊です。

 

絵と向き合った時にどんな風に感じるかは人それぞれ違います。

そして、本を読んだ時に感じることもそれぞれでしょう。

 

私の感想は他の人の参考になるかわかりませんが、いつか本を読むきっかけになってくれれば嬉しいです。(^^)

 

今までにも原田マハさんの本をいくつか紹介していますので、興味を持たれたら読んでみてくださいね。

 

www.mitsu-note.com

 

www.mitsu-note.com

 

今日は大阪も風が強いです。

接近してきている台風は超大型だそうです。

皆さん、気をつけてくださいね。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング