光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

その才能が羨ましいと本気で思った千原ジュニアの消しゴムはんこ!実物を見てきた

昨日のアフタヌーンティーの北浜レトロ、気に入ってくださった方が多くて良かったです。

 

www.mitsu-note.com

 

ホテルの堅苦しいイメージではなく、若い方でも入りやすいお店なので、気になった方は、機会があれば行ってみてくださいね。

そして、スコーンを持って帰る方は、チョコラッシュさんのアドバイス、「スコーンを半分に割って中にクリームやジャムを挟んで持って帰る。」を実行してみてください。(^^)

 

私も次は、そうします  ♪

 

中之島公園の方からは、この北浜レトロはこういう風に見えています。

中之島から見た北浜レトロ

裏側も、やっぱりティーポットが素敵でしょ。

 

そして、北浜レトロで楽しい時間を過ごした私たちが、次に向かった先は梅田方面です。(大阪駅、キタ方面。)

茶屋町のちゃやまちプラザに行きたかったんです。 

 

 

才能が羨ましい千原ジュニアの消しゴムはんこ

f:id:mitsu5858:20191113145146j:image

中央公会堂も、素敵な建物。

もうすぐ、この辺りも大阪マラソンでランナーたちが走りますね。 

 

北浜から梅田まで、電車に乗ったら一駅なんですが「お天気もいいし歩こうかー。」と言いながらブラブラ進み、

途中でこんな道も通りました。

次女が叫びます。

「あ、道路が貫通している所や!」 

f:id:mitsu5858:20191113164245j:image

 これ、高速道路がビルの中を走っているのです。

▼詳しくは、こちらを。

headlines.yahoo.co.jp

 

そんな感じで歩くけど、なかなか目的地に着かず、

30分位で着くかと思ったら、1時間近くも歩いていました。

「やっぱり遠かったな―。」

 

梅田とは言え、茶屋町は先の方だったのです。

ちゃやまちプラザ

f:id:mitsu5858:20191113145220j:image

 やっと着いた!

MBSテレビ、毎日放送4チャンネルのらいよんくんとテレビ番組「ちちんぷいぷい」のキャラクターが目印です。

 

中に入ってロビーへ。

f:id:mitsu5858:20191113145231j:image

 このちゃやまちプラザで見たかったのは、「プレバト!!」の消しゴムはんこの作品です。

 

「プレバト!!」はご存じの方が多いと思いますが、毎週木曜日の夜7時からの毎日放送の番組です。

我が家も、ちょうど夕食の時間と重なるのでたまに見ています。

この「プレバト!!」の10月31日に放送された2時間スペシャルで、特大サイズの障子で作る「消しゴムはんこ」のタイトル戦が行われたのですが、

その上位3位の作品が、ここちゃやまちプラザで展示されているのです。

 

「プレバト!!」消しゴムはんこの作品展示

2位の馬場典子さんと3位のくっきーの作品。

f:id:mitsu5858:20191113145644j:image

 

千原ジュニアの消しゴムはんこ「秋の紅葉」

そして、私が実際に 生で見たかったのは、1位の千原ジュニアさんの作品

f:id:mitsu5858:20191113145333j:image

放送されていた「プレバト!!」を見た方はご存知でしょうが、この作品、たった一つのはんこで押されているのです。

 

何のはんこだと思いますか?

 

この作品にピッタリの文字、「秋」なんです。  

f:id:mitsu5858:20191113145343j:image

 

この小さい「秋」のはんこを、1ヶ月をかけて6万回も押したそうです。 

f:id:mitsu5858:20191113145351j:image

 

この「秋」のはんこ自体もすごく綺麗に彫られていて、これだけでも芸術ですが、

見事にグラデーションを描いた作品は、美しすぎます。 

f:id:mitsu5858:20191113145406j:image

 

もう一度、作品を見てみましょうね。

f:id:mitsu5858:20191113145633j:image

上の方、反射してしまっていますが・・・。

やっぱり、すごい。

f:id:mitsu5858:20191115124311j:image

 

これには、消しゴムはんこの先生も声が出ないほどびっくりされていましたね。

 

この発想がすごいですよね。

「秋」ひとつで作品を作るという発想

 

これまでも、消しゴムはんこでは、いつも見事な作品を作られてきた千原ジュニアさんですが、今回のこの「秋の紅葉」の作品でまたもや発揮されたその才能。

その感性、芸術的センスはずば抜けていますね。

 

お笑い好きな方なら、これもよくご存知でしょうが、

千原ジュニアさん運動の方は全然だめです。(^_^;)

踊れない芸人で、それも才能?ちぐはぐすぎるダンスで、見る人たちを思いっきり笑わせてくれます。

 

でも、芸術センスはすごいですね。

改めて思いました。

 

その才能、もともと持っていた部分もあるでしょうが、お笑いやこれまでの経験で感性を磨いて培ってきたこともあるかもしれません。

自分の頭で考え、アイデアを練り、自分自身も芸術を見て、本物を見て感性を磨いてきたのではないでしょうか。

それが、芸術センスとなって発揮できているのが、素晴らしいです。

 

この「秋の紅葉」の作品を見て、どうやって作られたのかを知ると「うわー」ってなりますよね。

そういった人の心を動かせるものが作れることが、何度も言いますが、すごいです。

 

本気で 羨ましいです。

その才能、感性、センス。

 

考える力

やっぱり、何かの物を見るのにも、ただ見るだけでなく、考えながら見ることが大事なのだと思います。

「これは、どうやってできているのか?」

何でも疑問に持って、考える力を早くからつけさせるのは大事なことかもしれません。

 

「らしさ」の大切さ

そんなことを思っていたら、カナダのYotoroさんのブログで子どもの学校の問題についても同じ様な記事を書かれていました。

 

yotoro.hatenablog.com

 

子どもたちが回答を出す時に、「らしさ」を見つけて欲しいとYotoroさんは言われています。

世の中、答えの出ないことの方が多い。

いろいろな考え方があるからこそ、この世の中は楽しい。

 ーYotoroさんの言葉です。

 

本当にそのとおりだなと思いました。

だから、子どもたちと接する時に答えを決めつけず、「どうしてそう思うのかな?」と問いかけ、自分で考える力をつけさせてあげることは大切です。

全てではなくてもいいから、そういう会話をして、謎解きごっこのように遊びながらできるといいですね。

 

「らしさ」「自分らしさ」はすぐには育まれません。

成長するのにも、人によってかかる時間は様々でしょう。

だから、少しずつあせらずに、子どもたちと一緒になって大人も考えていけたら、と思います。

 

まとめ

私が、実物を見に行った消しゴムはんこの作品を見て、思うことをお話させて頂きました。

 

私が今年の夏に観覧したトーク番組では、作家の砥上裕將さんが、「感性を磨くのには自然を見ることが大切と言われていました。

だから、おそらく人によっても感性の磨き方って、方法はいろいろなのかもしれません。

でも、自分の目で見て、考えて、思ったことは実行したり、形にしてみたりすることで、少しずつ変われることは確かなように思えます。

 

消しゴムはんこは、毎日放送1階ちゃやまちプラザにて12月1日まで展示されています。

 

また、梅田に新しい施設がオープンするんだってね。

 

明日の11月16日に、ヨドバシカメラの複合ビル、リンクス梅田という大型商業施設がオープンするそうです。

また、多分すごい人だかりになるでしょうが・・・。

茶屋町の方は、比べたらまだ静かめかもしれません。

興味がある方は、展示されている時期にのぞいてみてください。(^^)

 

 

        自分の「強み」を探したい     

   \約30分でできる本格診断をしてみたい方はこちら/

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング