光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

読書と音楽を語る金井政人・砥上裕將【トークライブ】観覧した感想

こんにちは。

 

先日、トークライブに行ってきました。

 

長女が、FM主催のトークイベントに好きなアーティストが出るから、と応募したら当選して、2名OKだったので私も一緒に付いて行ったのです。

 

私はちょっと興味を持って参加したような形ですが、結果、とてもいい話が聞けて、おすすめの本まで買って帰ることになったのです。

 

今日は忘備録がてら、そのトークライブに行って見聞きしてきたことと、私が感じたこと、そして購入した本のことを書いておこうと思います。

 

BIGMAMAの金井政人さんと水墨画家で作家の砥上裕將さんのトークライブです。

砥上裕將さんは水墨画で水墨画の実演もしてくれました。

写真も撮らせていただいたので、公開しますね。

 

  

読書と音楽を語る金井政人・砥上裕將【トークライブ】

 

f:id:mitsu5858:20190810125901j:image

FM802 BooKs on Radio 作家 砥上裕將×BIGMAMA 金井政人

「線と、音を、僕らは語る」

長女が大好きなアーティスト、BIGMAMAです。

 

BIGMAMA 金井政人

BIGMAMAというグループはバイオリンを擁する5人編成のロックバンドです。

バイオリンを生かし、ロックとクラシックを融合させた音楽で、もう10年以上も活動しているバンドなのです。

バイオリンの音色がいいアクセントになっている珍しくて新鮮さを感じる音楽です。

 

そのBIGMAMAのボーカルとギターを担当する金井政人さん目当てで娘は応募したのですが。

 

金井さんも自ら小説を書かれるほど本が好きだそうで、そんな好きな本の中の1冊『線は、僕を描く』の作家である砥上裕將さんとのトークライブが実現したのです。

 

 

砥上裕將(とがみひろまさ)

砥上裕將さん、私は初めてお名前を聞いた作家さんでした。

 

プロフィールを拝見すると

1984年、福岡県生まれ。水墨画家。

温厚でおだやか。お年寄りの趣味と思われがちな水墨画の魅力を、小説を通して広い世代に伝えたいという志をもって、本作品を書き上げた。ウイスキーにジャズ、そして猫を心から愛する。

引用:講談社HPより

と書かれています。

最後の言葉、いいですね。(=^・^=)

 

そして、今回のこの小説

『線は、僕を描く』で第59回メフィスト賞受賞作に輝く

のです。

 

こちらも本が大好きというFM802の浅井博章さんの進行でトークライブが始まりました。

 

「読書」と「音楽」をテーマに語られると聞き、これは一言一句聞き逃したくないと、私はノートとペンを手にしたのです。

 

後から娘に言われました。

「ノートとペンが鞄から出てきたから、絵を描きはじめるのかと思ったわ。(・・;)」

(スケッチが趣味なので^^)

 

それはさておき、このトークライブで印象に残っとことを書き留めておきたいのですが、本や音楽を通して人と繋がれるって良いな―と思いました

 

トークライブの内容

まず、小説『線は、僕を描く』を金井さんが読んで、とても気に入り早くからまわりにもすすめられていたそうです。

 

この『線は、僕を描く』はふとしたことがきっかけで水墨画を描くことになった青年の話なのですが、金井さんはこうも言われていました。

「水墨画を見たことがなくても、(読んでいると)どういうものかわかってくる。追体験ができる。」

と。

そして「水墨画を音楽に例えるならジャズだ。」

 

まるでジャズのアドリブに近いものがあると言われていました。

 

では、そのアドリブというのはどうやったらできるのか?

 

それについて、今度は砥上さんが語ります。

「アドリブは自分の中に引き出しがいっぱいないとできない。そして、その引き出しを持つには、自然をたくさん見ないとできないものだと思う。」

 

やっぱり、感性って自然の中で育まれるものなんでしょうか。

慌ただしい日常生活の中だけでも、いろいろな経験はできるかもしれませんが、たまには自然の中で五感を磨きたいですね。

 

砥上裕將さん水墨画の実演

水墨画をご存じの方もいると思います。

私がすぐに出てくるのが、伊藤若冲ですが、

今回のトークライブで砥上さんが実演をしてくれました。

 

▼春蘭(左)              ▼菊(右)

 

f:id:mitsu5858:20190810130037j:plain
f:id:mitsu5858:20190810130102j:plain


既に描かれた水墨画を見たことはありますが、描いている所を見るのは初めてで、その独特の筆使い、墨が重なっていく様子などはとても感心しました。

ものの数分で描かれるのですが、何とも繊細で美しいのです

 

今回のトークライブでは、他にも砥上さんと金井さんのこれまでの経緯や、お二人が心がけていることなども話されていました。

気になる方は、8月18日の夜21時から22時までFM802で放送されますので、聞いてみてください。

関西以外の方は、ラジコプレミアムでしか聴けないかもしれません。m(__)m

 

約45分のイベントでしたが、参加できて良かったです。

普段、聞けない話を聞けて、水墨画の実演も見れて、とても貴重な経験でした。

ありがとうございました。

そして、こうしてブログに残しておくことで、この時の映像や自分の感想も覚えておけます。

 

砥上裕將『線は僕を描く』

この会場の下の階の本屋さんでサイン本を発売されているとのこと。

小説の中身も気になるし、買って帰りました。

f:id:mitsu5858:20190810130122j:image

 『線は、僕を描く』

芸術を愛するすべての人へ。

現役水墨画家が書いた「読む水墨画」!小説の向こうに絵が見える!

 

少し、読み始めています。

また、読んだら詳しく紹介したいと思います。

 

おわりに

娘とトークライブを観覧してきた感想でした。

ステキなお話がいろいろと聴けて、水墨画の実演も見れて、行ってきてよかったです。

 

私が思うに、先程の金井さんの言葉でもありましたが、

本を読むことでいろいろな追体験や非日常の体験ができます。

たくさんの本を読むことでも、感性は磨かれます。

何の感情も起きず、又は想像もせずに、ただ本を読むだけなんてことないですよね。

1冊の本を読み終えたら、何かはきっと心に残って少しでも成長できていると思います。

 

 

▼後日、『線は、僕を描く』を読んだのでその感想を書きました。

www.mitsu-note.com

 

今日、ブックオフからも何冊か本が届いていたよね。

 

片付けは少しずつ進んでいるんだけどね、やっぱり読みたい本は買ってしまうんだよ。
おまけに、また積ん読状態だよ。

 

涼しい場所で読書もしましょう。

では、また~♪

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村