光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

【注目作品】2月公開映画『七つの会議』原作は池井戸潤*企業犯罪エンターテインメント

こんにちは。

今日は、日曜日。

 

f:id:mitsu5858:20190127160945j:plain

映画好きですか?

私は好きです。

洋画も邦画も好きです。 

新作映画、気になりますよね。

 

2月に公開となる『七つの会議』も気になります。

こちらは原作本を読んだのですが、さすが池井戸潤さん!すっごく面白かったです。

 

映画『七つの会議』

エンターテインメントとミステリーが絶妙に融合した小説を生み続ける作家・池井戸潤。

その作品群の中でも“傑作”との呼び声が高いクライムノベル『七つの会議』がついにスクリーンへ登場。

「働く事」の正義とは?

そして守るべき信念とは何か?

現代に生きる全ての日本人に捧ぐ、企業犯罪エンターテインメント。

 

nanakai-movie.jp

主演の野村萬斎さん、好きです。会社員役の演技が楽しみですね。

 

何も知らずに映画を楽しみたい方は、ここから先は飛ばして下さいね。

原作本『七つの会議』

あらすじ

きっかけはパワハラ!トップセールスマンのエリート課長を社内委員会に訴えたのは、年下の部下。そして委員会が下した不可解な人事。いったい、二人の間に何があったのか。今、会社で何が起きているのか。事態の収拾を命じられた原島は、親会社と取引先を巻き込んだ大掛かりな会社の秘密に迫る。

ありふれた中堅メーカーを舞台に繰り広げられる迫真の物語。傑作クライムノベル

感想

一話一話が完結しているように読んでいくと、次第につながっていることに気づく。

少しずつ、違う人物の話から明かされていく実態。

仕事をする上で大事なものは何か、何のために働いているのか。

誠実に、自分の気持ちに嘘をつかずに働くことの大事さが分かります。

本当に企業小説としてとても面白く、また考えさせられる作品です。

決して、どんな仕事も、人は一人で働いているわけではないのです。

たくさんの人に支えられているから、仕事仲間も顧客も大切にできるのです。

その事を誰もが分かって生きていけたら、どんなにいいかと思います。