光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

マリリン・モンローの名言を真似して英語でラブレターを書いてみる?【バレンタイン】

若い人たちは、マリリン・モンローをご存知でしょうか?

亡くなって、もう約60年。
最近ではテレビでも見ることが少なくなってきていますが、名前くらいは聞いたことがあるのでは?

マリリン・モンローは1950年代を代表するハリウッド女優、モデルです。
『七年目の浮気』と言う映画の地下鉄のシーンが有名ですよね。

こんな風に、大人なラブレターを書いてみますか?
マリリン・モンローが書いたラブレターといくつかの名言を紹介します。

マリリン・モンローが送ったラブレター

f:id:mitsu5858:20190114162431j:plain

マリリン・モンローは亡くなる前、ジョン・F・ケネディにのめりこんでいました。
ケネディ大統領の誕生日(1962年5月29日)に、マリリンは「HappyBirthday,Mr.President」を歌って、ロレックスをプレゼントしました。
その箱の中にラブレターが添えられていたのです。  

Let lovers breathe their sighs
And roses bloom and music sound
Let passion bum on lips and eyes
And pleasures merry world go round
Let golden sunshine flood the sky
And let me love Or let me die!

恋人たちにため息を。バラは咲き乱れ、音楽は流れる。
唇と瞳に情熱を。喜びに世界は踊りまわる。
まぶしい太陽が空にさんさんと降り注ぎますように。
あなたを愛させて、さもなければ死を。

そして、本当にマリリンは2ヵ月後に亡くなってしまうのですが・・・。
亡くなった原因は、今も謎のままです。

あまり重たい手紙は敬遠されがちですが、英語で書かれていたら、ちょっと心に響くかも?しれませんね。
ただし、命は大事にしてくださいね。

マリリン・モンローは他にも名言・格言を残されていますが、一部を紹介してみます。

マリリン・モンローの名言の一部 

We are all of us stars, and we deserve to twinkle.
誰もがスターなのよ。みんなが輝く権利を持っている。

I trust love. When loving a person, it’s to believe it perfectly.
私は愛を信じる。人を愛するときは完全に信じることよ。

The real lover is the man who can thrill you by just staring into space.
真の恋人とは、空を見ているだけでゾクゾクさせてくれるような人のこと。

It’s from only one reason that I get married. That’s love.
結婚するのはたったひとつの理由からよ。それは、愛。

I don’t want to make money, I just want to be wonderful.
お金が欲しいんじゃないの。ただ、素晴らしい女になりたいの。

マリリン 7日間の恋 (字幕版)

マリリン 7日間の恋 (字幕版)

  • 発売日: 2013/12/10
  • メディア: Prime Video
 

短くても想いを伝えられる

今やスマホの時代、何でもすぐに連絡しあえますよね。
伝えたいことも、すぐにメールですみますが、手紙に書くことで、本当の気持ちが素直に伝わりやすいように思います。

一字一文、考えながら書いた手紙をもらったら、嬉しいのではないでしょうか?
恋人同士なら長文の手紙もいいかもしれませんが、片思いの人に気持ちを伝えるなら、さらっと軽く書いてみませんか?

3行でも5行でも。

おわりに

マリリン・モンローの名言・ラブレターの紹介でした。

そして、今の時代だからこそ、手紙をさらっと書いてみませんか?という提案です。

もちろん、バレンタインの時期だけでなく、手紙はいつもらっても嬉しいものです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング