光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

切れる物はコンパクトにして普通ごみに!おすすめの廃棄物のこぎり

こんにちは。

 

何度か片付けの事を書いていますが、断捨離を少しづつ進めています。

 

自分たちで捨てれない大型ごみを処分するには、粗大ごみに出さないといけません。

 

 

粗大ごみの申し込み 

ç²å¤§ãã¿ã®ã¤ã©ã¹ã

少し前ですが、いつものように電話で粗大ごみの収集を申し込んだら、「今年の春からインターネットでも申し込みができるようになったんですよ。」と言われました。

 

他の地域はどうかわかりませんが、私の住んでいる地域ではネットでの申し込みができるようになっていました。

 

その後、処分したい大物が出てきたので、ネットから申し込んでみました

まず住所などを登録します。

それから粗大ごみに出したい品目を選ぶと料金もわかり、収集日も何日かの中から選べるようになっています。

後は、受付番号を控えて、手数料券に記入するだけです。

簡単に申し込みができました!

ãã½ã³ã³ã使ã女æ§ã®ã¤ã©ã¹ã

 

そしてまた、先週に片付けた時に処分したい大型ごみが4つも出てきたのです。

 

だからまた、ネットから申し込もうかと思ったのですが、これが1つが該当する物がなくてわからず、

そう言った不明な物も、写真を付けたり説明を入力する欄もありましたが、聞いたほうが早いと思って電話で申し込むことにしたのです。

 

その該当する物がわからなかった物とは、夫のパソコン用のデスクを解体した物でした。

 

こういった物って自分ではどの料金の物になるかわかりにくいですよね。

 

一度私がネットで調べてみたら、1、000円かと思ったのですが、実際には違いました。

 

袖のある机(引き出しなどが付いた机)を解体した物だと料金も1、000円かかるけど、そうでない机だけの物は400円と言われました。

(地域で違うかもしれませんので、実際に出される場合はご確認下さい。)

 ãã¬ãã©ã³ã»ãªãã¬ã¼ã¿ã¼ã®ã¤ã©ã¹ã

「パイプや机などバラバラにした物がいくつもあるのですが、括ってまとめて分かるようにしておいて下さい。」とのことでした。

 

電話で聞いて良かった!

 

そんな粗大ごみですが、私の住んでいる地域では料金は200円、400円、700円、1,000円の4種類です。(手数料券)

 

どのサイズから粗大ごみになるかと言うと家庭の日常生活から出されるごみで、最大の辺または径が30cmを超えるもの、あるいは棒状で1mを超えるものとされています

 

▲料金もサイズも各地域でご確認くださいね。

 

切れる物はコンパクトにして普通ごみに!

どこか1辺でも30cmを超えると普通ごみに出せずに粗大ごみになってしまいます。

でも、30cm以内にしてしまえば、ごみ袋に入れて普通ごみに出すことができるのです。

 

切れるものは切ってしまおう。
コンパクトにして普通ごみに出そう。

 

おすすめの廃棄物のこぎり

これがあると便利です。

廃棄物ノコギリ 

廃棄物ノコギリです。

 

プラスチックの収納ケースもこれで切ることができます。

全部切ろうと思えば、時間はかかりますし、力もいります。

我が家では主に夫に切ってもらいますが、正直、男の人でも切るのが大変な物もあります。

 

▼ちょっと私が切ってみました。(本当にちょっと。^^;)

f:id:mitsu5858:20190815153822j:image

こんな感じで切れることは切れます。 

ちゃんと女性の力でも切れますよーと書かれています。

 

1mを超えた棒も切れる素材なら切ってしまえば良いのですから、1つあれば便利かと思います。

洗濯竿も切れると、説明では記載しています。

 

おすすめポイント

  • カーペット、レンガ、ステンレス、プラスチック、鉄などが切れる。
  • 小さく切ってコンパクトに廃棄。
  • 握りやすいラバーグリップで疲れにくい。
  • 3段階の角度調節機能付。

 

ただし、木は切れますが、木材用の刃ではありませんので、木材には使用できません

となっています。

 

それ以外の素材でご使用下さい。

角度調節ができるので、うまく調節すればスイスイ切れるのかもしれません。

 

 

「そんなん、いちいち面倒やわ!」って方は手数料券を購入して粗大ゴミに出してくださいね。

 

「おっ、いいな―これっ!」て思った方は、是非使ってみて下さい。

 

廃棄物ノコギリを使用される場合は軍手などを着用して、ケガをしない様に十分に気をつけて使って下さいね。

 

そして、私はまた片付けに戻るとしましょう。

皆さん、今日も読んでいただいてありがとうございます。(^^)

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング