光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

我が家のガス給湯器交換物語~キンライサーとの出会い

こんにちは。

 

朝晩は、大分と涼しくなりました。

今まで朝に起きたら水で顔を洗っていましたが、もうお湯でないと冷たいです。(><)

 

冬にお湯が出なくなると大変!ということで給湯器を交換しました。

 

▼少し前に書いた記事

www.mitsu-note.com

 

 この見積もりをしたものは給湯器だったのですが、無事に交換しましたので、本日は我が家が給湯器を交換するまでの流れを記事にしたいと思います。

 

今日は物語風でお届けしたいと思います。(見出しだけ ^^ )

 

 

我が家のガス給湯器交換物語

f:id:mitsu5858:20190926113300j:image

序章

数年前から、ガスの点検に来られる度に「そろそろ給湯器の交換も検討されたほうがいいですよ。」と言われ続けていました。

もう、20年も使っているので、いつ壊れるかもと。

 

でも、壊れていないし、まだお湯も出るし、そう簡単に出せる金額じゃないし!と延び延びにしていました。

 

その時は30万円くらいかかると聞いていて、「皆さん分割払いされますよ、」なんて言われていたのですが。

 

同じ時期に住みはじめたご近所さんに聞いても、「まだ大丈夫ちゃう~?」とどこも壊れた様子がなかったので、そのままにしていました。

 

第1章 きっかけは

ある日、そのご近所さんから給湯器が急に壊れて買い替えた、と聞いたのです。

「すぐに見積もりしてもらって、交換まで4日かかって、毎日お風呂はお風呂屋さん(銭湯)に行っていた。」と。

最初はやはり〇〇ガスで見積もりしたけど、ダチョウ倶楽部がやっているCMの業者さんにも見積もりしてもらったら、何と10万円近く安かった!そうなのです。

 

その業者さんとはキンライサーです。

 

第2章 お問い合わせ

給湯器買い替え

そこで、我が家も検討します。

 

どうする?
これから寒い時期、急に壊れても困るしな。消費税が上がる前に買っとこか。

 

となり、まずはキンライサーのHPから見積り依頼のお問い合わせを送りました

日曜の午後でした。

キンライサーのお問い合わせ欄には、返事の時間連絡の細かい希望日や時間帯なども入力できるようになっていたのですが、

その日という項目もあり「そんなにすぐかかってくる?」と思っていたのですが、特に急いでもなかったので、希望日は指定せずに送信しました。

 

第3章 見積もり依頼

キンライサーに見積もり

そうしたら、30分もしないうちにTELがありました。

そこで、詳しく説明をしてキンライサーさんから大体の金額を出してもらいましたが

 

できれば、写真を数枚撮ってメールで送って下さい。
そこで正確な金額が出ます。

とのこと。

 

家の後ろについている給湯器までの通り道は狭いですし、周りには他のお宅も並んでいますしね、面倒くさがりな私は「写真を送らず、来てもらった時に、と言うのはダメなんですか?」と聞くと、

 

後から、部品や作業の追加料金がかかることもあり、当初の見積もり金額と違うことも多いので、最初の段階で詳しく知っておきたいから、お手数ですがお願いします。

 

それはそれで、きちんとされている業者さんだな、と思いました。

 

その写真ですが、給湯器までの通り道、給湯器周りの数カ所、お風呂と台所のリモコン、です。

 

言われた通りに写真を撮り、教えていただいたアドレスに写真を送りました。

 

またすぐに電話がかかってきました!本当に早い!

 

取り付けるタイプの給湯器が決まりました。

我が家は給湯器の前に、他のお宅の窓があり、その場合は給湯器から出る排気筒を横に付けないといけないので、発注が必要なタイプになるそうです。

 

「うちの家のほうが先に建っていて、そのお宅の方が後から建てられたけど、排気筒の向きを変えないといけないんですか?」と聞きました。

 

後から建てたとか関係なく、交換する時に、窓があるのに分かってて排気筒をその向きにして設置することは出来ないという決まりがあるのです。

 

決まっているのであれば、仕方ありません。

また、電話対応の方もその点をきちんと説明してくださったので、「ちゃんとされている業者さんだな」と言う良い印象を受けました。

 

決まったガス給湯器はリンナイの24号タイプ

出た金額は189,000円!

10年保証付き

 

主人と「どうする?」「他も見積もりとる?」

「電話対応はめっちゃ良かったし、もうここでいいんちゃう?面倒くさいし。

 

でも、ネットで簡単に見積りができる範囲で調べたら、キンライサーが1番安そうだったんですよね。

 

他の業者さんに言って違うタイプを勧められて、あとあと「やっぱりキンライサーにしておけばよかった。」となるのも嫌だったし、何より誠実さも感じられたし、まぁ金額も20万円は切ったし、

 

と翌日、電話で申し込みました。

 

第4章 給湯器の交換

f:id:mitsu5858:20190926121848j:image

土、日、祝日は発注先の業者さんが休みのため、入荷が分かり次第に連絡をいただけることになり、それから交換日を決めました。

翌日には入荷日の連絡が来て「2日後に入荷するのでその翌日でも大丈夫です。」と言われましたが、その日は私が都合が悪かったので、週明けの平日にお願いしました。

 

ちなみに曜日によって値段は変わらないそうです。

ただ、やっぱり土、日曜日の依頼は多いみたいです。

私は、近所の方も平日はお留守のことが多いので、平日のほうが良いと思って決めました。

 

時間も決めていましたが、到着される前にもお電話がありました。

来られたのは男性と女性の方の2名でした。

給湯器とリモコン2つの交換です。

かかる時間は2時間半くらいと言われていましたが、実際にかかった時間は2時間くらいでした。

 

最終章 紹介キャンペーン

f:id:mitsu5858:20190926121331j:image

 

交換日にアンケートや案内チラシなどをいただいた中に 紹介キャンペーン の案内があり、キンライサーの給湯器を交換された方からの紹介だと3,000円安くなり、紹介された方にも3,000円の商品券がプレゼントされると書いています。

 

「うちも、近所の方からの紹介なんです。」と伝えると、

「営業に確認します。訪問先でそう言われることが多いので、電話の係に紹介かどうか聞いてもらいたいんですけどね。」と言われていました。

 

「じゃあ、アンケートに書いておきますね。」と言い、私はしっかりその旨をアンケートに書きました。

そして、無事に3,000円安くなりました!

結果、186,000円でした!

もちろん、紹介してくれた方にも、後日に商品券を送ってくださるそうです。

 

あとがき

こうして、我が家の給湯器は無事に新しくなりました。

ガスふろ給湯器の交換をお願いしたのはキンライサー。

 

感想として、紹介のキャンペーンだけ、電話で言ってもらえてれば良かったな、と思います。

もしかしたら、他の業者さんとの見積もりをされている方なら、その3,000円で考えが変わるかもしれませんよね。

キンライサーにとっても、もったいないと思うのです。

 

その他の点では言うことありません。

結果的には大満足です。

もし、他の業者さんの方が値段が少し安かったと後で分かっても、後悔しません。

それだけ、迅速で丁寧な電話応対や効率の良い作業だったからです。

 

キンライサーさん、本当にありがとうございました。

 

やっぱり、キンライサーにしてよかったね。

 

そうなんだよ。
増税前に交換できて良かったよ。

 

リモコンが変わって、音声が流れるようになったのにはまだ慣れませんが。(^_^;)

 

今日は、我が家のガス給湯器の交換の実体験をお話しました。

 

安くてごめんねキンライサーおすすめです!

見積もりをとられる時は、候補の1つに是非!!

ガス給湯器交換No.1ショップ|安くてごめんねキンライサー

 

うちは、ここしか見積もりしていないけどね。(^_^;)

 

いくつもの業者さんの見積もりとって、検討するのって時間かかって仕方ないですが、(私には面倒くさくてムリ)今回はご近所さんから教えてもらっていたから、本当に良かったー。

後から、型番調べて他をもう一度調べたけど、やっぱり安かった!(と思う)

 

近所付き合いも大事だね。

 

そうだね。
ボクは、2時間も別の部屋で隠れていたけどね。

 

ベルもソラもお疲れさまでした。

f:id:mitsu5858:20190926113616j:image

もうしばらくは、知らない人は来ないと思うよ。

 

そして、面倒くさがりはミニマリストの1歩です!

 

・・・・・

 

あれ? 違う (・・?

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

いつもありがとうございます。