光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

将棋好きならもっと楽しめる本と映画『盤上の向日葵』『聖の青春』感想

将棋は好きですか?

私は将棋には全く詳しくなくて、子どもの時に将棋崩しはさみ将棋しかしたことがありません。

ですが、そんな将棋がテーマの本を読みました。

ミステリーです。

そして、将棋がテーマの映画も見る機会があったので、将棋が好きな方ならもっと楽しめるのではないかと思ったので、紹介します!

 

 

将棋がテーマの本と映画

将棋がテーマの本と映画

まず、本から紹介します。

柚月裕子さんのミステリーです。

『盤上の向日葵』は2018年の本屋大賞にもノミネートされたミステリーなので、気になっていて読んでみました。

そのあらすじと感想です。

『盤上の向日葵』柚月裕子

f:id:mitsu5858:20191108121132j:image

 

2017年8月 中央公論新社発行 563ページ 1,800円(定価)

 

実業界の寵児で天才棋士――。 男は果たして殺人犯なのか! ? 

さいたま市天木山山中で発見された白骨死体。唯一残された手がかりは初代菊水月作の名駒のみ。それから4ヶ月、叩き上げ刑事・石破と、かつて将棋を志した若手刑事・佐野は真冬の天童市に降り立つ。向かう先は、世紀の一戦が行われようとしている竜昇戦会場。果たしてその先で二人が目撃したものとは! ? 日本推理作家協会賞作家が描く、渾身の将棋ミステリー!

引用:Amazonの内容紹介より

 

目次は序章からはじまり、第1章から23章、そして終章と書かれているだけ。

それが、まるで将棋の駒を淡々と指す勝負のようにも感じられます。

 

将棋棋士の上条圭介と壬生芳樹の竜昇戦会場に、石破と佐野の二人の刑事が向かうところからストーリーははじまります。

 

 どうしてなのか?

 

 山中で発見された白骨死体の捜査から石破と佐野が得た情報とは?

 

上条圭介の子ども時代に、話はさかのぼります。

圭介がどんな家庭でどんな子ども時代を過ごし、将棋といつ出会ったのか?

死体と一緒に埋められていた将棋の駒は、売れば何百万となる貴重な駒。

 どうして、一緒に埋められていたのか?

 

様々な謎を解くべく、二人の刑事は少しずつ事件の真相に近づいていく、その緊張感が読んでいる方にも伝わってきます。

 

 そして、竜昇戦の結果は?

 

将棋に人生をかけた男たちの姿は様々です。

そこまでのめり込んでしまうものなのか?と思いました。

 

悲しくも、熱くもある『盤上の向日葵』、将棋がわからない私はストーリーだけでも楽しめました。

将棋がわかる方なら、もっと面白いのではないでしょうか?

 

 

そんな将棋がテーマの本、他に調べてみたら、大崎善生さんの小説がいくつか出てきました。

 

大崎善生さんの将棋の小説 

『将棋の子』

奨励会……。そこは将棋の天才少年たちがプロ棋士を目指して、しのぎを削る”トラの穴”だ。しかし大多数はわずか一手の差で、青春のすべてをかけた夢が叶わず退会していく。途方もない挫折の先に待ちかまえている厳しく非情な生活を、優しく温かく見守る感動の1冊。

第23回講談社ノンフィクション賞受賞作

引用:Amazonの内容紹介より

 

 

『聖の青春』

純粋さの塊のような生き方と、ありあまる将棋への情熱―重い腎臓病を抱えながら将棋界に入門、名人を目指し最高峰のリーグ「A級」での奮闘のさなか、29年の生涯を終えた天才棋士村山聖。名人への夢に手をかけ、果たせず倒れた“怪童”の歩んだ道を、師匠森信雄七段との師弟愛、羽生善治名人らライバルたちとの友情、そして一番近くから彼を支えた家族を通して描く、哀哭のノンフィクション。第13回新潮学芸賞受賞。

引用:Amazonの内容紹介より

 

 

私はこの『聖の青春』を映画(J:COM)で見ました。

映画『聖の青春』

 

将棋のプロ棋士、村山聖役を松山ケンイチが演じてヒットした2016年の作品です。

羽生善治役を東出昌大が演じていて、2人の棋士をあまりにもそっくりに演じていると、公開前からとても高い評価がされていました。

 

私は、この映画で村山聖さんという方を初めて知ったのですが、私と同じ年生まれの方でした。

将棋に対する熱い思い、ひたむきさ、憧れの羽生名人への思い。

そして病と闘いながらも将棋に打ち込み、本当に命をかけて勝負に挑み続けました。

 

そんな壮絶な人生を描いた『聖の青春』は、心が揺さぶられる感動の作品です。

 

聖の青春

聖の青春

 

 

将棋好きの方なら、もう読まれているか、映画を見られているかもしれませんね。

 

  4K

最後に

今日は、私が最近、将棋に関する本と映画に触れる機会があったので、紹介しました。

 

将棋、先の先の先のそのまたずっと先?の手を考えて駒を指します。

時には、何時間も。

あの小さな盤の上で、対局する2人の頭の中がぐるぐると目まぐるしく動いているんでしょうね。

私の近所の公園でも、屋根のある休憩所で、よく将棋を指している男性の方たちを見かけます。

頭、めっちゃ使いますよね。

脳のいい刺激になりそう、と思いながら、私には難しすぎてこれから将棋に手を出すことはないでしょうが、

将棋がテーマの本や映画があれば、また手にとってみたいと思います。(^^)

 

合わせて読みたい

おすすめの本の紹介 * 読みたい本が見つかるかな?

 

 

いつもありがとうございます。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング