光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

お薬手帳は大事なツール【家族の健康管理】症状や診断内容も書いておこう

病院で診察を受けて処方箋を出されたら、薬局で「お薬手帳はお持ちですか?」と聞かれるのが当たり前になっていますね。

お薬を出されたことがある方なら、お薬手帳は必ずもらっていると思います。
お薬をもらうと、お薬手帳に貼るシール=お薬の説明書が付いてきます。
ちゃんと貼っておきましょう。

そして、できれば症状や病院の先生に言われたことなども書いておくといいですよ。

お薬手帳はいざという時に役に立つ大事なものです。
ちゃんと管理して、病院へ行く時には持参しましょう。

家族のいる方なら、奥さんが管理してあげるのがいいでしょう。
かわいいケースに入れてもいいですね。
病院の診察券や、保険証なども一緒に保管しておくと便利です。

私のお薬手帳の使い方を紹介します。
こんなことを書いておくと便利ですよーというお話もしますね。

お薬手帳は大事なツール!ちゃんと活用しよう

お薬手帳はつけよう

薬局に行くと必ずもらうお薬手帳。
種類は違っても、1冊あればどこの薬局でも使えます。 

お薬手帳とは

お薬手帳とはどんな意味を持つのでしょう?

お薬手帳は、あなたに処方されたお薬の名前や飲む量、回数などの記録(薬歴)を残すための手帳です。この記録がありますと、医師・歯科医師や薬剤師が、どのようなお薬をどのくらいの期間使っているのかが判断できます。
また、他の病院や医院などでお薬をもらうときにも、医師・薬剤師にお薬手帳を見せることで、同じお薬が重なっていないか、また飲み合わせなどについての確認も行ってもらえます。

引用:お薬手帳のHPより

と書かれています。

自分が保管するカルテみたいですね。

お薬手帳の使い方や書くこと

お薬を処方してもらったら、その成分や用法、薬の作用、注意事項、副作用など記入された紙もいただきます。
薬を飲み終わっても、病気が治っても、その用紙をきちんと保管しておくことをおすすめします。
その紙(以下、お薬の説明書とします)をお薬手帳に貼っておくのです。

症状に診断結果を詳しく書こう

お薬の説明書をお薬手帳に貼ったら、病気や怪我の症状もできるだけ詳しく、日時と合わせて記入しておきましょう。

病院に行かずに、自分で市販の薬を購入した場合も、どのお薬を服用したか書いておきましょう。

「このお薬はあまり効果がなかったな。」
「このお薬は1日2回の服用だったから、便利だったな。」
とか細かく書いておくといいでしょう。

また、同じ症状になった時にとても参考になります
「あの時と同じ症状だな、どうやって治して、どのくらいかかったかな?」というのがよく分かります。

そう頻繁に風邪や病気などしないからこそ、以前のことはうろ覚えです。

書いてくと見直した時に思い出せますよ。

だから私は、熱が出たり咳が出たりと何かの症状が出た時は、その症状が治るまで記録しています。

副作用が出たら薬を書いておこう

もし、服用したお薬で副作用が出た場合は、どのお薬で出たのかきちんと書いておきましょう

私は、過去に薬で蕁麻疹のアレルギーが出て大変な目にあったことがあります。
でも、その時はお薬手帳を使っていませんでした。
副作用が出た薬が解熱剤、としかわからず、もっと名前まで書いておけばよかったと思いました。

お薬手帳で割引?

また、お薬手帳を薬局で出すと割引になるケースもあります。
病院へ行く時には忘れずに持参したいですね。

でも、ついお薬手帳を忘れがちになる、そんな人は診察券と一緒にケースに入れておくことをおすすめします。

お薬手帳と診察券はセットに!ケースが便利

今は、いろいろな手帳ケース(手帳カバー)がありますので、そういったものにお薬手帳を入れておくと便利です。
ポケット付きなら、保険証や診察券も一緒に入れておけます。

私は、娘たちが生まれた時に、手作りで母子手帳カバーを作りました。

手作りの母子手帳カバー

母子手帳やお薬手帳がはさめるようになっていて、反対側には診察券やお守りなどが入っています。

手作りの母子手帳カバー 

ママや奥さんは、子どもさんやご主人の症状を記録してあげて欲しいと思います。

ペットの健康管理もつけてあげたい

猫用の管理ノート

私は、飼っている猫の体調管理もノートで記録しています。

記入する内容は

  • 1年に1回の3種混合ワクチンの時の体重や気になったこと。
  • 体調を崩した時、怪我をした時の様子。
  • 薬の情報、金額。

人間と同じ内容ですね。

猫用のノート

このノートの紹介はこちらで書いています。

www.mitsu-note.com

最後に

お薬手帳について紹介しました。

病院に行く時には、お薬手帳は忘れずに持参しましょう。
お薬の説明書を貼るだけでなく、症状や診断結果を書いておくと便利です。
市販のお薬を飲んだ時も書いておくと役に立ちますよ。

できれば、ずっと健康で長生きして欲しいと願いながら、猫たちのノートをつけています。
そう、できれば人も猫も手帳やノートに書かなくてもいいくらい、元気なのが1番です!

でも、ちょっとしたケガや喉の痛みでも書いておくととても参考になります。

主婦の方は、子どもさんの健康管理はもちろん、ご主人が体調が悪いときのことも書いておいてあげてください。

自分の体も大事に、体調管理も忘れずにね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング