光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

東野圭吾さんの本が好きな理由【初期】おすすめ『時生』『魔球』

こんにちは。

 

皆さん、好きな作家さんはどなたですか?

私もたくさんいます。

初めて読む作家さんの本が面白かったら、その方の別の本を探して読みたくなるので、そうすると好きな作家さんがまた増えるから、当然読みたい本も増える一方ですよね。

(これまでも、本をいろいろ紹介させて頂いています。)

私の好きな作家さん、これまでこのブログで紹介させて頂いた本の作家さんはもちろんのこと、他にも池井戸潤さん、有川浩さん、宮本輝さん、乃南アサさん、葉室麟さん、三浦綾子さん、中山七里さん、小路幸也さん、北森鴻さん、などなど。

そして、東野圭吾さん

映画で最近まで公開されていた『人魚の眠る家』やもうすぐ公開の『マスカレード・ホテル』の原作者でもあり、ファンも多いですね。

ガリレオシリーズや、加賀恭一郎シリーズも人気です。

私もほとんどの作品を読んできました。

もちろん、最近、出版された本もとてもいいのですが、初期の作品で、印象に残っている2冊を今回は紹介させて頂きたいと思います。

 

f:id:mitsu5858:20190109214923j:plain

 

「時生」悩む妻に夫が語る、ある伝言

不治の病を患う息子。その父親、宮本拓実は妻に、20年以上前に出会った少年との想い出を語りはじめる。どうしようもない若者だった拓実は、「トキオ」と名乗る少年と共に、謎を残して消えた恋人・千鶴の行方を追った――。過去、現在、未来が交錯するベストセラー作家の集大成作品。

 

少しSFっぽいストーリーだなと思って読み始めたら、面白くて止まらなくなってしまいました。女性には、少しつらい描写もあったけど、読んだら何かを感じられるのでは。

「生きててよかった、産んでくれてよかった。」

そう思える人生でありたいし、そんな世の中であって欲しいと思える作品です。

 

「魔球」9回裏2死満塁、春の選抜高校野球大会、開陽高校のエース須田武志は、最後に揺れて落ちる“魔球”を投げた!すべてはこの1球に込められていた……捕手北岡明は大会後まもなく、愛犬と共に刺殺体で発見された。野球部の部員たちは疑心暗鬼に駆られた。高校生活最後の暗転と永遠の純情を描いた青春推理。

 

野球少年の殺人と爆破未遂事件がどうつながるのか気になる始まり方で、ストーリーに引き込まれます。

そして、まさかと思う新たな殺人事件が起こります。

武士の野球への信念、家族への思いは本当に深く、その真実を知った時、涙が出ます。

1ページ1ページ重みのある、内容の濃い小説でした。

 

私はミステリー小説、推理小説も大好きですが、ただ残酷なだけな話や後味が悪いものは苦手です。

知らずに読んでしまっても人にはおすすめしていません。(あくまで、私個人の意見です。)

でも、東野圭吾さんの作品は、ただ内容が面白い、トリックが見事、というだけでなく、つらい事件や酷い犯罪の話の中でも、苦しみを抱えた人への思いやりや、弱い人に寄り添う優しさが感じられ、ラストにはほっと救われることが多いから好きなのです。

  

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村