光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

持ち帰ったおみくじを保管する方法【おみくじ帖】は良い運の貯金通帳

ちょっと気が早いのですが、あと1ヶ月もすればお正月。

おみくじを引かれる方も多いでしょう。

 

引いたおみくじはどうされますか?

私は、内容によって持って帰る場合と、結んで帰る場合があります。

私がこれまでにも何度か紹介させていただいている桜井識子さんの著書から学んだことです。

 

引いたおみくじをその場限りで終わらせない方法

 

おみくじの種類によって、持ち帰るか結んで帰るか、

また、持ち帰ったらおみくじの保管をどうすればいいかをお伝えしたいと思います。

 

 

引いたおみくじをどうする?

f:id:mitsu5858:20191201180311j:image

おみくじとは神様からのアドバイス、注意、お褒めの言葉など、そのうちのどれかが書かれたものです。

引用:桜井識子さんのおみくじ帖より

 

その時に引いたおみくじで一喜一憂してしまう。

でも、そこに書かれた内容、 その時には読んでもすぐに忘れてしまっていませんか?

 

神社やお寺によっておみくじの種類や内容は違ったりしますが、主に「大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶・大凶」の7種類だと思います。

 

良い運勢のおみくじなら

 おみくじのイラスト「大吉」

良いおみくじ、私は凶以外なら持って帰ります。

読んでうれしい内容のおみくじを保管することは、良い運の貯金通帳みたいなものだそうです。

また、その時にはピンとこないアドバイスも、日がたてば「こういうことだったのか。」とわかる時が来ることもあります。

 

良くない運勢のおみくじは

 おみくじのイラスト「凶」

そして、凶や大凶なら内容を写真にとって、木の枝や結び棒など(その場所で用意されているもの)に結んで帰ります。

「凶」は悪いものではないけれど、その時の運勢を知らせてくれているもの。

神様に引き取ってもらえばいい、そうです。

 

おみくじの保管はおみくじ帖

f:id:mitsu5858:20191201175121j:image

そして、その持って帰ったおみくじの保管には、私はおみくじ帖を使っています。

桜井識子さんが考案されたもので、1冊のノートになっています。

 

私は、お正月だけでなく、年に数回は神社やお寺を訪れるのですが、大きな神社ではおみくじを引くことも多いです。

 

このおみくじ帖は発売された時に購入してから保管、又は記録をしてきましたが、約3年間で10回のおみくじを引いてきたのがわかります。

 

凶を引いた時もありましたが、ほとんどが他の凶以外の運勢です。

このおみくじ帖は私の「良い運の貯金通帳」なんです。

 

おみくじ帖の内容

f:id:mitsu5858:20191201175134j:image

▲ 最初におみくじの貼り方や記入例が紹介されています。

左のページにおみくじを貼り、その横にメモ欄があります。

メモ欄には、そこに訪れた理由や気付けた神仏からのサイン、出来事などをメモします。

 

f:id:mitsu5858:20191201175142j:image

右側のページには、訪れた日付やお天気、場所や神社仏閣の名称などを記入します。

その下には、おみくじを引いたときの自分や環境に関する“現在”こと、

そして、時間が経ってから読み返した時にわかったこと、気づいたことなどを記入する"将来”の欄があります。

 

おみくじを引くのを楽しみにされている方は、このおみくじ帖はおすすめです。

【限定】“識子流"ごりやく参拝マナー手帖セット(福を呼ぶおみくじ帖付)

 

このおみくじ帖は、桜井識子さんの「参拝マナー手帖」 がセットになっているのですが、限定なので、完売された場合はご了承下さい。

参拝マナー手帖はこれから神社仏閣巡りをはじめようという方にもおすすめです。

 

 

ここから、ちょっとおみくじに関して私の知っている情報をお伝えします。

おみくじについて

伊勢神宮にはおみくじはない

f:id:mitsu5858:20191201170738j:plain

伊勢神宮に参拝に行かれたことがある方なら、ご存知でしょう。

 

伊勢神宮にはおみくじはありません。

伊勢神宮には昔から「おみくじ」はありませんでした。おみくじは日ごろからお参りできる身近な神社で引くものでした。また、「一生に一度」とあこがれたお伊勢参りは、大吉でないわけがありません。その為、おみくじも引く必要がなかったと考えられます。

引用:伊勢神宮のHPより

天照大御神様に参拝できるだけでありがたく、それだけで大吉なんだって。

 

その近くでおみくじを引きたい方は、猿田彦神社はおみくじがあるからね。

 

浅草寺は凶が多い

浅草寺は凶が多い

浅草寺でおみくじを引くと「凶」が多いそうです。

私も、去年に娘と行った時に引いたのですが、2人とも凶でした。

何でも、浅草寺のおみくじの3割が凶だそうです。

その理由は、ここのおみくじが歴史ある「観音百籤(元三大師百籤)」という方法を用いているからです。

 

浅草寺は本来のおみくじの配分どおりに行っているだけで、他の神社やお寺が、凶を少なめにしてくれているらしいです。

そして、浅草寺でも凶は結び棒に結んで、それ以外はお守りとして持って帰りましょうとされています。

 

だから、凶が出ても、それほど気にしなくて大丈夫だよ。
結び棒に結んで帰ろうね。

 

浅草寺では、凶以外のおみくじが出るだけで、ラッキーな感じがしますね。

訪れる度にチャレンジしたくなります。

 

まとめ

おみくじについての私の知っている情報と、桜井識子さんのおみくじ帖を紹介しました。

 

それほど深刻に考える必要もないでしょうが、せっかく引いたおみくじから

  • 自分に関係しそうな事柄はどれかな?
  • この言葉は気にかかるから覚えておこう

とか思いながら読んでみて

できれば、保管して「良い運の貯金通帳」をしていただければ、と思います。

 

そして、桜井識子さんの著書については、他にも紹介しています。

 

www.mitsu-note.com

 

www.mitsu-note.com

 

▼拝観チケットの保管はスパイラルリングノートがおすすめですよ。

 

www.mitsu-note.com

 

ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング