光の人生ノート ~ My Scrap Book~

毎日を心豊かに暮らしたい。大好きなもので人生をスクラップするように。

宮本輝の自伝的大河小説『野の春』流転の海(最終巻)の感想

こんにちは。

昨日は仕事が休みでしたので、家でのんびりしていましたが、午後は読書に没頭しました。

f:id:mitsu5858:20190123202227j:plain

今年に入ってから読み出した本で、お休みの日に少しずつ読んでいたのですが、後半残りを読み出したら、面白くてやめれず、結局読んでしまいました。

 

宮本輝 『野の春』 流転の海 第九部

f:id:mitsu5858:20190123222054j:plain 

 

    自らの「父」を描く大河小説
   執筆37年、感動の最終幕。

 

 

自らの父をモデルにした松坂熊吾の波乱の人生を、戦後日本を背景に描く自伝的大河小説「流転の海」。昭和42年。熊吾が授かった息子・伸仁は20歳の誕生日を迎える。「俺はこの子が20歳になるまでは絶対に死なん」そう誓った熊吾の、大願成就の日を家族3人で祝うが・・・・・。

熊吾の人生の最後には、何が待ち受けていたのか。妻の房江は、伸仁はどう生きていくのか。そして、幸せとは。宿命とは何だろうか。

引用 本の帯より

 

 第一巻「流転の海」

 発刊から37年をかけて 

   書かれた大河小説

   日本文学の金字塔。

 

 

あとがきで、著者の宮本輝さんが「未完で終わってしまうのではないかという恐怖があった。」と書かれていますが、私を含めずっと読んできた読者も、最終章を無事に読み終えたいという想いだったと思います。


私がこの小説を知ったのは7.8年前でしょうか。
図書館で借りて読み続け、第八部の『長流の畔』を読み終えてからは、この最終章が待ち遠しくて。
昨の秋に発売され、すぐに購入はしたものの、今年になってから読み始め、本日、後半の半分を一気読みしました。

本当に長い長い物語でしたね。
そして、とても素晴らしい作品でした。

 

宮本輝さんの本は大好きなので、たくさん読んできましたが、このシリーズは、本当に一冊一冊が読み応えがあり、それぞれが心に響くものがありました。
昭和の時代の家族の物語ですが、そこに感じられる人間臭さがあるものの、人間の面白さに人と人との縁、苦労をしながらも味わえる幸せ、そして、宿命とは何かを考えさせられます。

 

豊かな生活とは言えないけれど、熊吾や房江のように年をとりたい、二人のような生き方がしたいと思うのは、周りの人を大切にして、思ったことはすぐ行動に移す、その結果がどうであろうと、その時その時を悔いなく、自分に正直に生きているように思えるからです。

 

ラストは涙があふれてきました。
きれいごとのない、普通の生活感のある小説にこれほどのめり込むのは、やはり著者の絶妙な物語の描き方でしょうか。凄いですね。


また、大阪が舞台で馴染みのある所が多く出てくるので、そういったところは、とても面白く読めました。

 

 

是非、超大作を読みたい方にオススメです!

まだ、読んだことのない方は、今から通して読めるので、それはそれで羨ましい。

まずは、第一巻の「流転の海」を読んでみて下さい。